Cafe プレイエル




先日の「大麦小麦」のコンサートにおいでいただいたお客様のお一人が、翌日お電話を下さいました。
「松本に素敵なお店を知っていますから、ぜひそこでコンサートをやりましょう!」

やりましょう!って言われてもお店の方のご意向も伺わないと・・・・と思っていたところ、
「オーナーがコンサートは2月にお願いしたいと言っています。」」という連絡が入りました。
まだ一度もお目にかかったことのない方からのオファーは初めてです。
まずはご挨拶に伺わなくては、ということで、先日松本まで出かけてまいりました。

お店の名前は「カフェ・プレイエル」
上高地の玄関口にあたる波田町、新島々駅駅舎のお隣にありました。
一見普通のカフェなのに、店内に入ってびっくり。



店内にひっそりと置かれていたのは、ショパンが愛したことで知られる往年の名器、プレイエル。
過ぎていった年月が、このピアノ本来の気品をさらにも磨き上げ、凛と美しい佇まいを与えたのでしょうか。
それは、小ぶりながら、確かな存在感に満ちたピアノでした。

画像






ニュアンスのある色の躯体に、マットなゴールドのラインが映えるデザイン。
ピアノ製作が今のように機械化される前、職人がひとつひとつの部品を手作りしていた時代、1923年の楽器です。
1923年と言えば、奇しくも関東大震災の年。私たちの祖父母の時代でもあります。
100年近い年月を生き延びたピアノがフランスから日本へ、海を渡ってきた不思議。
さらには山深い信州の地までやってきた不思議を思えば、
時を経てなお、現役の楽器として典雅な音を響かせているという事に感動を覚えます。

画像







プレイエルだけで驚いてはいられません。
お隣には、何とエラール!こちらはさらに古い1909年の作。
リストが愛したというエラールは、繊細な象嵌細工で飾られた美しいピアノでした。

画像




画像





通常、ピアノの弦は交差する形で張られているのですが、このエラールは平行に張ってあるのですって。
見ればなるほど、その通り。
つまりはチェンバロと同じ弦の張り方ということになるのかしら。
そしてダンパーも、下から抑えるようになっていて、通常の「上から抑える」形状とは違うようです。

平行弦であること、ダンパーの違い、これはやはり音色に影響するのでしょうか?
またまたPの受け売りではありますが、昔のピアノの弦はスタインウェイやベーゼンドルファーなどの現代楽器にくらべると、弦は短くゆるく張られている、つまりテンションが低いということで、音は柔らかく、丸く響くのだとか。

画像







そしてさらに、三回目のサプライズ!
カフェに隣接するギャラリーにあったのは、穂高クラヴィーア工房の吉岡弘司さん作のスピネット。
これがまた何とも透明に澄み切った音色で、低音弦が魅力的に響く楽器でした。
画像






屋根には金箔と銀箔の象嵌。
酸化した銀箔はほとんど黒と見まごうばかりに変色していますが、それこそが作者の意図したところ。
魔よけとしての「黒と金」なのだそうです。
そして槍ヶ岳の形になるようにデザインされた屋根。
今の日本で、弦から自分で作れるのは吉岡さんおひとり、というこだわりの職人さんの作品です。

画像






定休日にも関わらず、私たちのために店を開けて待っていて下さったオーナーは、上品なご婦人でした。
60過ぎたら、私もあんな風になりたい、と思うような素敵な方です。
最初から初対面とは思えないほど打ち解けて、時間が経つことも忘れたまま、すっかり話しこんでしまいました。
オーナーとの間を取り持って下さったのは、長年の知己であるNさん。
「Nさんが勧めて下さる方の演奏でしたら、間違いはないと思ったのですよ。」
コンサート即決の理由を伺った私たちに笑顔で答えてくださったオーナー。
おふたりのご期待に背かないコンサートにしなくては!


コンサートは来年2月23日(日) 午後2時からと決まりました。
今回は「大麦小麦」と同じく、リコーダーと朗読のコンサートを、とのリクエストをいただきましたが、
プログラム自体はかなり違うものになりそうです。詳細はまた改めてアップいたしますね。
同時に、お許し頂けますならば、ぜひあの素晴らしいスピネットとの共演を果たしたいという想いも熱くなっています♪






カフェ・プレイエル、今月はこんなコンサートが行われるそうです。
お近くの方で興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお出かけください。

画像





★武藤哲也リコーダー&オカリナ教室はこちら → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html 




"Cafe プレイエル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント