「ようこそ宮廷音楽会へ」 無事終わりました!


2年前のこの記事!

文章もチェックして画像も全部取り込んで、アップするばかりの記事だったのに、なぜか公開しないまま、今日まで埋もれていたことに、今さらながら気が付きました。
なんてお馬鹿さんな私(>_<)
せっかくなので、一応アップすることにします。
まあ、記録という意味もありますしね。

それにしてもなぜ???
忙しかったことは確かだけれど、我がことながら呆れてしまいます。
2年前のコンサート、今頃お披露目でござ~い。


ということで、以下本文です。




12月4日(日)に行われた「~ようこそ宮廷音楽会へ~ 17・18世紀バロック期のイタリア・イギリス音楽 」
無事終了いたしました。

画像




ソプラノ    川口聖加   → http://www.seikakawaguchi.net/
リコーダー  武藤哲也  → http://grappa60.at.webry.info/  
チェンバロ  野神佐和子 → http://plumeria-music.jimdo.com/


この顔ぶれをご覧になって、あれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
そうなのです。6月に行われた山梨県の長坂聖マリア教会コンサートと同じ顔触れ、同じプログラムです。
今回は諏訪音楽協会の民さまのご尽力により、八ヶ岳の長野県側になる諏訪市で開催する運びとなりました。
題して「宮廷音楽会にようこそ」

かつて音楽が、宮廷の一室で、また貴族のサロンのようなところで、プライヴェートな楽しみとして演奏されていた時代に因んでつけたタイトルです。
近現代のビブラートやトリルを多用するドラマティックな歌い方と違い、ビブラートはかけず、ドラマティックというより端正な表現を良しとするバロック唱法は、小さな会場だからこそ可能だった発声でもあります。
ドメニコ・スカルラッティの「菫」の快活な愛らしさが印象的です。
チェスティの「さようならコリンド」では、移り変わる恋心を歌いながらも、清潔感が失われません。
そして夢見るような歌詞と穏やかで古雅な旋律で聴く人を魅了する「パーセルの「最も美しき島」。
ふと歌詞が途切れたとき、その瞬間を縫うように、柔らかく、暖かな音色でリコーダーが旋律を歌います。
曲調に合わせてリュートストップを自在に操るチェンバロの響きは、きらきらと舞い上がってゆくようです。

表情たっぷりに、連綿と感情を訴え続けるのではなく、寧ろ知的に、時としてストイックな感情表現をするバロッく音楽の魅力を堪能していただけたコンサートになったとしたら、どんなにか嬉しいでしょう。



画像




画像



画像



ん~、ん~、ん~~ん

もしかしたら、文章に納得できず、もうすこし手を入れようと思いながらそのままになっていたのかもしれません。なんとなく独りよがりな文章かな、という感もあり・・・

でも今更書き直す気力も記憶もないし、これはこれでいいや。と開き直ってみました。
それにしても、2年なんてあっという間ですね。
今年はこんなことがないように、真面目に更新をしていかねば。



追記

そうか!もしかしたら・・・
コンサートの告知をしないまま本番を迎え、そのまま終わってしまったので、結果報告だけでは格好がつかないと、あえてお蔵入りにしたような気がしてきました。
自分のしていることがだんだんわからなくなる今日この頃です。春(#^.^#)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

かえる
2018年05月24日 18:43
なんて久しぶりでしょう!ご無沙汰しております。‘かえる’です。かえるが鳴くころになるとどうしたわけか消えがてが気になり始めます。
AOSTAさんのブログはいつ尋ねても充実していて驚きです。植物のことも音楽のことも新鮮。しばらくお邪魔しますね。
2018年05月25日 10:23
◇かえるさん!!!

本当に久しぶりですね!こちらこそご無沙汰したままでごめんなさい。
かえるの鳴き声、私も最近聞きました。夕暮れ時の田んぼで鳴くかえるの声を聞くとなぜか懐かしいような人恋しいような思いにとらわれてしまいます。
私も最近ブログの更新を怠けておりましたが、かえるさんが登場なさったということで勇気凛々!奮起いたしました。
そういえば先日、ふた〇つぎ先生にお目にかかり、懐かしい高校時代の話で盛り上がりったんですよ。先生も御年80を超えられたとのことですが、ほんとうにお元気です。いつか一緒に先生を尋ねませんか?
かえる
2018年06月08日 10:51
お返事がもらえるというのは本当に嬉しいものです。昔恋人に手紙を出して返事を待ち焦がれ郵便配達のバイクの音に耳を澄ましているような、今はそれほど文章のやり取りが少なくなったからでしょうか。それなのにすみません、すぐお返事をお伝えできなくて…。☆ふた○つぎ先生のところ行きましょう。男性の知人はお昼用に二人分お寿司を買って行っておしゃべりしてきたそうです。いまや一人暮らしですから、いい考えだと思いました。☆☆ところで6月24日私たちの合唱団の定期演奏会です。本当は来ていただきたいのですがご自身のコンサートもおありでしょうから強くお願いできずにおります。「戴冠ミサ」や「山に祈る」等とても練習頑張っています。応援しててください。

この記事へのトラックバック