原村 清水さんちのクリスマス・コンサート




12月とは思えない陽気が続いていましたが、ここに来てちらちらと雪が舞って、一気に気温が下がりました。


積もるともなく消えてしまった先日の雪はいかにも儚く、ホワイトクリスマスとなるかどうか、心もとない状態ですが、クリスマスはもう来週。
原村のベリー・ファーム「原村 清水さんち」のクリスマス・コンサートのご案内です。




画像

クリックしていただきますと大きな画像でご覧いただけます






   原村の清水さんちの Berry Chritmas!

         12月23日(水)   14:00開演 (13:30 開場)

         リコーダー演奏  武藤哲也   朗読  岡埜葡萄 

                        \2000 コーヒーまたは紅茶つき  ♡小中学生\500



今回のリコーダー演奏は、スペインやフランス、そしてイギリスで、昔から歌い継がれてきたクリスマス・キャロル。
巷に流れる賑やかなクリスマス・ソングとはひと味違う、鄙びて清らかな旋律は、聴くたびに心が洗われる美しさがあふれています。
朗読する「賢者の贈り物」は、アメリカの作家O・ヘンリーの短編。
クリスマス前夜、若く貧しい夫婦が、お互いに何を送ろうかと悩んだ末、選んだものは・・・・
何度読んでも、ほのぼのと心温まる物語です。
「クリスマスの贈り物」の意味を考えるとき、この物語はさらに深い意味をもって響いてきます。


会場は今年の夏から喫茶もオープンしたベリー・ファーム「原村の清水さんち」。
美味しいコーヒーやワッフルが評判のお店です。
雪こそ少ないとはいえ、空気が冷たく張りつめた12月の原村。
摘み取りの季節も終わった今、清水さんちでは薪ストーブが暖かく燃え、ハイシーズンとは違った居心地の良さ。
オーナーがこだわったオリジナル・ブレンドのコーヒー、紅茶と一緒にコンサートをお楽しみください。

コンサートが終わったあと、皆様の胸の中に小さくとも暖かな灯がともることを願っております。






この記事へのコメント

katananke05
2015年12月19日 17:04
ことしは クリスマスも子供たちにも 招集をかけておらず
私はイブのごミサに出るのと
ゴルフクラブのワインパーティーに出席のみで
終わりそう~
すぐに お正月だから日本のクリスマスは
こういう コンサートを 聞きにでも行かないと
あっというまに 済んでしまうわ~
若い時は パーティーがいっぱいあったのにね、、
身近で こういう催しがある町の方々は 幸せですね~
(まえの ルーマニアのところに コメいれてるの、、 ちょっとみてぇ~)
2015年12月19日 23:14
すっかり世の中はクリスマス ムードに包まれていますね~。先日娘Hと横浜赤レンガ倉庫のクリスマス タウンを見に行って来ましたが、娘はもっと規模が大きいと思ったらしく、しょぼかった・・ってSNSで呟いてました。 車で行ったので、ホットワインも飲めず・・でしたが、翌日行ったソラマチでも同じドイツからのクリスマス タウンに出会って、2度楽しめました。
2015年12月26日 08:15
◇katanankeさん

クリスマス、おめでとうございます。
コメントをありがとうございました。私も24日、25日とクリスマスのミサに与かりました。24日は初めての聖公会、25日は近くの修道院です。
またブログにアップしたいと思っていますので見てくださいませ。
ワイン・パーティー、いいですねぇ!若いころのクリスマスは本当に賑やかでしたね。今住んでいるところは冬の夜空に輝く星々のみが唯一のイルミネーション。巷の喧騒とは無縁の静かなクリスマスです。
ルーマニアの記事に入れてくださいましたコメントにもお返事を書かせていただいています。遅くなってごめんなさいね。
またそちらにもお邪魔させていただきます。今日も仕事なので、また夜にでも(^^♪
2015年12月26日 08:22
◇mintさん

よきクリスマスをお迎えになられたことと思います(^^♪
横浜赤レンガ倉庫のクリスマス・タウンという場所があるんですね!最近はすっかり世事に疎くなってしまった山暮らしですが、時々にぎやかなクリスマスの街並みが恋しい時があります。
今年は雪が全くない暖かなクリスマスですが、横浜とはいえ,夜は寒いのではないかしら。ホットワインにふうふうと息を吐きかけながら歩くクリスマスの街並み、いろいろ想像してしまいました(*^^)v
ドイツでは屋台でホットワインがふるまわれるのでしたね。私も。美術館でのクリスマスコンサートでちょっぴりクリスマス・マーケットの気分を味わうことができました。

この記事へのトラックバック