第10回 「サマー@コミングル蓼科」アンサンブルコンサートのお知らせ




毎年蓼科のベストシーズンに行われる ハーモニーの家 高原芸術祭 。

その中でも、プロ・アマがともに音楽を楽しむという理念の下に始まったサマーコミングル@蓼科は、毎年多彩なプログラムによって、多くの方たちから支持されてきました。

http://folli-2.at.webry.info/201008/article_1.html



日本全国から、また海外から集まる仲間たちをまとめてくださっていたのは、安井敏雄さん理子さん御夫妻。
安井さんの掛け声の下、スケジュールやプログラムの調整をはじめ、プログラムやチケットの準備、期間中の食事の用意など、参加メンバーがそれぞれの役割を果たしてコンサート当日を迎えた夏も、今年で10年めとなりました。



画像




それなのに・・・・・

記念すべき10回を目前にした今年の3月、大黒柱ともいうべき存在であった安井敏雄さんが亡くなられました。
すでに体調を崩されていたにも関わらず、昨年も無理を押してヴィオラを演奏されていらした安井さん。
その後、療養に専念された甲斐あって、徐々に恢復されつつあるという事を誰も疑っていませんでした。
10周年の節目を迎えるコミングルへの参加を目標に、頑張っていらっしゃると伺って、みな安心していたのです。

予想もしなかった突然の訃報。
戸惑うスタッフの背中を押したのは、ご主人の遺志を尊重したいという奥様の言葉でした。

第10回目のサマーコミングル@蓼科、開催いたします!

10年の長きにわたり、コミングルに携わってこられた安井さんへの追悼のコンサートです。
第5回からリコーダーで参加させていただいてきました武藤も、安井さんを悼んで演奏させていただきます。
一人でも多くの方に足を運んでいただきたいという思いから、今回の入場料は無料です。
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。







武藤哲也とアンサンブル東風による、高原芸術祭「第2回 リコーダー・アンサンブルの愉悦」は改めてご案内させていただきます。


8月3日(月)「リコーダー・アンサンブルの愉悦」 ご案内はこちら
http://folli-2.at.webry.info/201507/article_3.html



武藤哲也リコーダー&オカリナ教室はこちら → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html 




この記事へのコメント

HT
2015年07月06日 18:15
こんにちは。
今年もいよいよ忙しくなって行きますね。会場はaostaさんの所からは近くになるのでしょうか。暑い時期になって行きますから体壊さないようにして頑張られて、心に残るいいコンサートにされてください。ご活躍をお祈りしております。
2015年07月07日 02:52
◇HTさん

コメントありがとうございます。
はい。会場は来るまで15分もしない別荘地の中にあります。
建物自体はもうかなり古いのですが、毎年数回会員の方が集まってメンテナンスやお掃除をしてくださっているおかげで、今でも現役です。響きのとてもよいホールなんですよ。若い方たちも増えていたとは言え、初回からずっと参加されてきた方たちも、大分お年を召されました。P氏も第5回から参加、途中参加できない年もありましたが、10回と聞くと感慨深いものがあります。コミングルで出会った素晴らしい友人、素晴らしい音楽はかけがえのない宝物です。もしかしたらこれが最後のコミングル・コンサートになるかもしれません。Pも、これまでお世話になった安井さん、そのほか大勢のスタッフの皆さんのためにも心を込めて演奏させていただきます。

この記事へのトラックバック