ワインのある食卓




私がワインと言えばほとんどの場合が赤。
グラスの中で深いガーネット色が煌めいているだけで、いつもの食卓が変わります。


フルボディか、それに近い重めの赤、個人的には南フランスのこっくりと手応えのある赤が好き。
一方、ブルゴーニュの、上品で溌剌とした貴婦人のような赤もなかなかに捨てがたい。
白が嫌いと言うわけではないのだけれど、なぜか白より赤を選ぶことが多いのは、
華やぐ赤ワインの魔法のせいかしら。

でも先日思いがけない方から頂いたドメーヌ・ド・ラ・クルーズの「サンヴェラン」。
ブルゴーニュの白です。
白ワインは良く冷やして、と言われる事が多いけれど、冷やしすぎてしまうと、香りがふくらみません。
味そのものも小さく縮んでしまうような気がします。
だからワインの美味しさを損なわないように(季節にもよりますが)あくまでも軽く冷やして。



画像





さて、今回は何と一緒に頂きましょうか。
逡巡しながらも、お台所に立つと同時にワインを冷蔵庫に。
あまり火を使いたくない気分も手伝って、まずはバルサミコ酢でホタテとサーモンのマリネ。
それから買い置きのブルーチーズと、ちょうど食べごろになっていたマンゴーと胡桃を合わせてみました。
マンゴーとチーズは私の大好きな組み合わせの一つ。
ブルーチーズはちょっと・・・と言う方でも大丈夫。
完熟マンゴーのトロリとした甘さが少々癖のあるチーズにも良く合います。
軽くローストした胡桃のほろ苦さと歯応えがアクセントです。
そうそう、エビに目がないP氏のためにエビフライも忘れずに(笑)。
無難で簡単な料理ばかりだけれどいつものことです。
気持はすでにワインへまっしぐら(笑)。



画像




先日、不思議なご縁でお目にかかることになったTさんはワインの専門家。
好きと言うだけの私ですが、初対面にも関わらず、ワインの話がはずみました。
(冷静に考えれば話を合わせていただいた、と言うのが本当のところでしょうが。)
帰り際、「ミネラルが豊富でとても芳醇、バランスの良いワインですから一度飲んでみてください。」
とお土産に頂いたのがこのワインでした。

いざ準備が整ってグラスに注がれたサンヴェランは、淡いグリーンを帯びた美しい黄金色。
ミネラル分が多いとう事から、なんとなくかたくなで孤高なワインを想像していたのですが(笑) さにあらず。
豊かに花開いてゆくまろやかでフルーティーな香り。
自然発酵による緩やかで静かな時間は、ワインが目覚めるその時までの揺籃の時間。
その揺籃期を経て、豊かな包容力を蓄えるものへと成熟したミネラルが
このワインに、しなやかでありながらもしっかりとした輪郭を与えたのでしょうか。
繊細で爽やかな酸味が静かに残響のような余韻を残していきます。
微かなスパークリングの気配を遠くで感じながら、私はワインが囁く物語を聞いてみたいと思いました。


頂きながら思ったのはもう少しコクのあるお料理にも合うかもしれない・・・ということ。
一緒に頂くものが変われば、このワインはまた別の表情を見せてくれるような気がします。
薄く切ったバケットやポテトに乗っけて少し焼いたショームなどはどうかしら・・・
う~む。ポルチーニも合いそう。
季節の蕗味噌を絡めたペペロンチーノなども案外いいけるかもしれない・・・などなど。
いずれにしても簡単にできる料理であることが、第一条件ではあります(笑)



さてワインは好きですが、だからと言って法外な値段の物は買いません。
いや、買えません!
普段の食卓に上るワインのほとんどが2000円までのリーズナブルなもの。
でも最近、手頃なお値段で美味しいワインのお店 ”カーヴ・ド・ユニソン”が茅野市にオープンしました。
昔ながらの丁寧なワイン造りによる優しい自然派ワインがずらりと勢ぞろい!!
また、私にはちょっと手が出せませんがプレミアムワインの品ぞろえも充実しています。
いずれもこだわりのある造り手の意気込みが伝わってくるワインばかりです。
熱心な店員さんのお話を伺いながら、あれこれ品定めする楽しみができたことは嬉しい限り。

美味しいワインと美味しいパン、美味しいチーズ。
そして楽しい会話。
それだけで満足のaostaであります(笑)。




         料理の過去ブログ → http://folli-2.at.webry.info/200909/article_2.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yuri
2010年04月20日 11:11
お酒を飲めないyuriですが、ドキドキしながら読ませて頂きました。
食べることの好きな私には写真を見ているだけで美味しさが伝わってきます。ですが、ワインの味は?・・・と来たら・・・??(汗)
ポルチーニも合いそう・・・というこのワインの味、とても気になります。
考えてみると、お酒に合う食事という視線で食事を作ったことがないような・・・。我が家にはお酒をこよなく愛する殿方がいるので、ちょっと考えてみようかしら。(^^)ニコ
bunbun
2010年04月20日 14:19
サンヴェラン、<淡いグリーンを帯びた美しい黄金色
こんな美しい空をどこかで見たような気がします。
また、どんなコメントが入るかを楽しみといたします。
2010年04月20日 17:32
◇yuriさん
早々にコメントありがとうございます。

そうでした!
yuriさんお酒が駄目だったんですよね。
でもいつも雰囲気を盛り上げてくださるので、お酒が苦手だと言う事をすっかり忘れていました(笑)。お酒、特にワインはお食事を美味しくまた楽しく盛り上げてくれるような気がします。以前ほとんど飲まなかったビールも最近ではかなり頂けるようになりましたがお酒を飲みたいというより、美味しく食べながら飲みたい私にはワインが一番合うような気がします=^_^=
「お酒をこよなく愛する殿方」のために、何かの参考になりましたかしら?
alex
2010年04月20日 19:30
あら、aostaさんもワインですか!?
私もワインの記事を書こうかと思っていたんですよ^^。
でも、aostaさんとP氏のワイン好き&知識には及びませんので、また御指南のほど、よろしくお願いいたします。
私は白も好きですが、やっぱり赤の方が多いですね。どちらかというと、優しいブルゴーニュの方が好きです。
美味しいワインとチーズで、ほろ酔い加減の幸せ感も大好きです。
2010年04月20日 19:35
◇bunbunさん

>淡いグリーンを帯びた美しい黄金色

赤ワインにもいろいろな赤があるように、白ワインの色もそれぞれ違うようです。
このサンヴェランはお日様のきん色、それとも輝く麦わらの色に、そっとひとしずくの緑をたらしたような色でした。概して熟成したワインほど、赤、白を問わず深い色になり、とろみを感じるようになります。今回のワインは2008年のものですが昔の作り方と同じ自然発酵によって熟成させたものだとか。その時間にワインの色は黄昏の残照にうっすらと金色に輝く空にも似たのでしょうか。
2010年04月20日 20:20
◇alexさん

"ビストロ・aosta"へようこそ!"(笑)
alexさんも赤がお好きなんですね♪
私の知識など大したものではありません。
美味しく、楽しくワインが頂ければそれだけで幸せ。
一度alexさんと一緒にワインをいただきたいですね。ブルゴーニュの赤、にしましょうか? 中身とは何も関係ないんですけどブルゴーニュワインのボトルの、なだらかで優しい形が好きです。ブルゴーニュと並んで私が好きなコート・デュ・ローヌのワインもなで肩。どうしてなで肩が好きなのかしら(笑)。

その後、テニス肘の調子はいかがですか?
お大事になさってくださいね。
bunbun
2010年04月20日 21:06
 ワイン、よく分りませんので、コメンテーターがお書きになるのを待っておりましたところ、まあ、aostaさんからこんなに素敵な回答を頂戴しちゃいました。ワイン以上のワインですね~。この言葉にほんのりと酔った気分。
 実のところ、滅多に飲む機会はありません。周りには、いくら飲んでも酔わない、などと言っておいてますが。
 素敵なワインの楽しみ方もあるのですね。オードブルを作る機会もないわけで、飲むお客様が見えたときには大いに戸惑っています。けれども、この写真のテーブルを見て、そうか、こんなふうに、と参考になりました。美味しそうですね。
 このブログの訪問者の中では、流れ者っぽい私ですが、いつもあたたかいお返事を書いてくださって感謝いたします。
 
2010年04月21日 05:38
◇bunbunさん

再コメントありがとうございます。
Tさんのお話によれば、最近のワインのほとんどは人為的に手を加えて発酵の時間を短縮しているのだそうです。本来は自然の酵母によって、ゆっくりと発酵することで葡萄本来の旨みや香りを凝縮し、さらに時間をかけて余分な雑味を脱ぎ捨ててまろやかで豊かな葡萄酒へと育ってゆきます。
眠りながら成熟してゆくワインがどんな夢を見ているのか気になります=^_^=
イエローポスト
2010年04月21日 07:27
テーブルセッティングも整って場の設営もお見事ですね。
食べたチーズは「八ヶ岳中央農学校」のものでしたか?富士見高原のペンションに宿泊したとき、立ち寄って購入しました。長崎のオランダ村でもチーズがあり、お土産のときに買って食べます。
葡萄酒は頂いたピーロートや結婚式ででたドンペリも美味でしたが、以前住んでいた茨城県の牛久市が町だったころ、「蜂葡萄酒」の蔵が直ぐ近くで、そういうとところで、雰囲気もあり美味しいですね。
2010年04月21日 19:19
◇イエローポストさん

こんばんは。
実はもう少し体裁よくセットしたかったんですが(笑)。
テーブルセッティングが完了する前に写真を撮られてしまいました。
彼も早くワインが飲みたかったんでしょうね(笑)。
八ヶ岳農学校にお立ち寄り頂いたことがあるんですか!?
自宅はあそこから目と鼻の先なんですよ。農学校の実習生が作るチーズは美味しいですが、残念ながらブルーチーズは作っていないみたいです。
ピーロートはドイツワインでしたかしら。
ワインを飲み始めたころは「マドンナ」というちょっと甘口のドイツワインを飲んでましたっけ。ドイツワインは白が多いからなのかもしれませんが、今ではあまり飲む機会がありません。美味しい白の辛口がありましたら教えてくださいな。
ただし上限200円まででお願いします(笑)。
かげっち
2010年04月22日 12:13
舌で味わうよりaostaさんの文章で味わったほうが美味しいかもしれません。日本酒だと、杯を重ねるごとに「また一杯」「今度はどんな香りかな」という気になるのですが、ワインだとそんな気持ちにならない私です。感動するのは最初の一杯だけ。よっていまだにワインには詳しくなりません。お料理との取り合わせの妙があることはわかるのですが。赤ワインとボトル、食器、お料理の取り合わせ、見た目にも美しいですね。

勢いでビールを次々と干す、というのはまた別の飲み方です。作曲家でもビール党とワイン党がいる、と誰か書いていましたが、北ドイツのブラームス、ブルックナーあたりはビール党のようですね。自分が演奏した後は汗をかいているので、たいていビールになってしまいます。
2010年04月22日 20:06
◇かげっちさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
我が家でのリクエストでも「まずは、ビール!」というパターンです。
仕事が終わって、または演奏をしてほっと一息つきたいとき、勢いでビールを、と言うのは、かげっちさんと共通の心理でしょうか(*^^)v。
ワイン一辺倒だった私ですが、彼がいかにも美味しそうにビールを飲み干すのを見ているうち、いつの間にかビールのお相手もするようになってしまいました(笑)。
この年になって、少女趣味かもしれませんがワインを頂くときはろうそくを灯したくなります。ろうそくの火に揺れるワインの色はまた一段と魅力的ですから。

>作曲家でもビール党とワイン党がいる

シューベルトやシューマンにはビールよりワインの方が似合うような気がします。
根拠はありません(笑)。
2010年04月22日 23:20
aostaさんの博識にはいつも感心しきりですが、ワインも守備範囲だったのですね!もしaostaさんのような方がいるワイナリーかレストランがあったら、通ってしまいそうです。下戸の私でも、ワインがいただきたくなりました。美味しい記事を書いて下さってありがとうございますm(_ _)m
HT
2010年04月23日 00:46
こんばんは。
私はアルコール類が殆ど飲めません。
お酒が飲めて楽しめる方が羨ましくなります。
こんなテーブルでワイン飲みながら食事されたら楽しいでしょうね。
一人だと、そんな気分にもなれないです…。
2010年04月23日 05:48
◇書記さん

昨日も雨、今朝も雨・・・
うう、何だか動く気にもならず、ぼうっとしてます(笑)。
もう5月だと言うのに昨日は寒くてストーブ焚きました(-"-)
「守備範囲」かどうか判りませんが、ワインは結構昔から好きです。
始まりはお決まりのヌーヴォーでした。
当時勤めていた会社の近くにあった酒屋さんがワインに力を入れていて、市内のレストランで定期的に試飲会をしてたんです。
そこである時、複数のドメーヌのヌーヴォーを試飲しました。7、8種類くらいはあったかしら。そしたらみんな味が違う!面白かった!これで嵌りました。
2010年04月23日 07:18
◇HTさん
おはようございます。

>私はアルコール類が殆ど飲めません。

私はお酒は楽しむために頂くものと思っています。
飲むことが目的になると、楽しくはありませんよね。
でも一人の時でも、お酒を頂くことはあります。
本を読んだり音楽を聴いたりするとき、ゆっくり流れていく時間を味わうためのスパイスのような感じなので、量はあまり関係ありません。グラス一杯のワインで豊かな気持になれますから、安上がりです=^_^=
かげっち
2010年04月23日 16:00
私がワインにのめりこまない理由の一つは、自称「ワイン通」の方々の一部にペダンティックな匂いを感じてしまうからかもしれません。何かを楽しむ手段にすぎないと自分では思っています。それ自体を目的にすべきでないと。昔、醸造の仕事を諦めた者の言い分ですが。
2010年04月23日 20:27
◇かげっちさん

再コメント、ありがとうございました。
仰ること、良く解ります。
目的か、手段かはワインに限ったことではないでしょうが、時に主客転倒することが多いように思います。ワインを語ることは確かに楽しいですが、それだけに終始してしまっては、楽しむことが二の次になってしまう事でしょう。
私としては、美味しくて、手頃なお値段であることが大事です。
ワインだけでなくお酒は皆お料理を作るところからテーブルセッティングまで、いろんな演出ができるから楽しいですよね♪

>昔、醸造の仕事を諦めた者

なんと!?
それは初耳でした。
かげっちさんの夢は醸造家になることだったんですか?
日本酒、でしょうか?

この記事へのトラックバック