消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「賢治と星とバロックと」 コンサートのお誘い

<<   作成日時 : 2016/07/12 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8




急な御案内で恐縮ですが、Berry farm原村の清水さんちで朗読コンサートを開催することになりました。
題して「賢治と星とバロックと」☆彡


昨年12月、クリスマスコンサート以来、何かとご縁をいただいている清水さんの農園では、ブルーベリーや
ラズベリー、カシスなど、ベリー類の摘み取り最盛期を迎えています。
お客様が集まるこの時期だからこそコンサート!
日中の暑さもひと段落して、高原の涼風が優しく吹き始めたら、金剛石をばら撒いたような星空の下、
農園の敷地内にあるVery Berry Cafeのカフェテラスで物語を始めましょう。


タイトルの「賢治」は言わずと知れた宮澤賢治、そして朗読するのは「銀河鉄道の夜。
物語の主人公ジョバンニとカムパネルラは、星祭りの夜、天の川をゆく銀河鉄道に乗り合わせます。
異なる時空をつないで走る銀河鉄道とは、孤独な少年たちが見た幻なのでしょうか。
薄紫の釣鐘草や、青いリンドウの花が咲き乱れ、美しく結晶したような銀河宇宙の時間。
汽車の中で出会う不思議なひとびとの、美しく幻想的な物語の始まりです。


休憩時間を挟んで、後半のリコーダー・コンサートはカフェの中で。
ダウランドやクープラン、ヘンデルなどのバロック音楽を、リコーダー演奏でお楽しみください。
きららかで優雅な古(いにしえ)の響きは、星空の物語をいっそう美しく結晶させるでしょう。


画像




休憩時間の前には、清水さんが物語の中に登場した星座の説明をしてくださいます。
白鳥座のデネヴ、さそり座のアンタレス。夏の大三角の見つけ方・・・・
「原村星まつり」で全国的にも有名な八ヶ岳の星空を満喫してください。




コンサートのお問い合わせ、ご予約は
スタジオ・パパリン(0266-79-5532)または、清水さんち(090-8082-1221)まで。

皆様のお越しをお待ちしております。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この日が 晴天で お星さまが いっぱい見えると
いいですね〜

オーストラリアの エアーズロックに泊まったときに
夜のあまりの星のかずに 恐くなったくらいです、、
あれほどにあれば 地球の兄弟星は きっと いっぱいあるなあ〜と、、
katananke05
2016/07/12 21:46
◇katanankeさん

エアーズロックって、砂漠の中にある巨大な赤い岩のことですね?
そこにお泊りになったなんて素敵!
いろいろなところに行っていらっしゃるんですね(=゚ω゚)ノ
怖い暗いの星空・・・
残念ながら私はエアーズロックの夜空をみたことはありませんが、想像はできます。
昔々、山に登っていたころ、八ヶ岳や北アルプスで見た夜空は、星たちが、空一面に怖いくらい大きく輝いていました。本当に星が瞬く音まで聞こえてきそうでした。
あんなふうに圧倒的な経験をするとき、人は怖い、って感じるんですね。

>この日が 晴天で お星さまが いっぱい見えるといいですね〜

そうなのです。こればっかりはどうしようもないので、ひたすら祈るばかり(笑)
aostsa
2016/07/13 05:25
何と申しましょうか、ぴったりのコンサートですね!満喫してみたいです! 
子供が小さかった頃、穂高のある山荘で、師であったピアニストのサロンコンサートがあり、家族でそこに泊まりがてら鑑賞。コンサートが終わり、すぐ裏のログハウスに移動する際、ふと見上げた星空が信じられない光景。夜空を星たちがうめ尽くしているようでした。こんなに星ってあるんですね!圧倒されてしまいました。
八ヶ岳の星空もきっとこんな風なのでしょうね。
keikoさん
2016/07/13 09:18
◇keikoさん

こちらにもコメントをありがとうございます♪

>何と申しましょうか、ぴったりのコンサートですね!

賢治と星とバロック、私も内心そう思っています(;'∀')
Berry農園の清水さんはもと理科の先生をしたらした方。賢治が大好きとのことで思いついたアイディアでした。「銀河鉄道の夜」は星祭りの夜のお話ですが、原村にも星まつりがあります。そんな星つながりのコンサートですが、心配なのはやはりお天気。
いまから、てるてる坊主用意しとこうかしら?

>夜空を星たちがうめ尽くしているようでした。

山の上で見る星空は特別ですね。
まるで一つ一つに意志があるかのように、ユニゾンで瞬く星々。耳を澄ませば、音のない空間から、何か尋常ならざる音楽が聴こえてきそうな・・・
遠い昔、そんな経験をしたことがありました。
aosta
2016/07/14 06:29
いいですね!!
なるべくなるべく参加したいと存じます!!
書記@猫の事務所
URL
2016/07/17 22:33
◇書記さん

まあ、なんてお久しぶり!!
コメントをいただけるなんて思ってもおりませんでしたので、とても嬉しいです。
いつぞやはお世話になりました。その後どうしていらっしゃるかしらと案じつつも、連絡を差し上げないままで失礼いたしました。

>なるべくなるべく参加したいと存じます!!

ありがとうございます。
賢治を書記さんにお聴きいただくのは、少々怖いような気もいたしますが・・・
ええ〜いっ!ままよ!!! もしくはケ・セラ・セラ!
いやいや、練習に励みまする(=゚ω゚)ノ

去年は不作だったガガイモですが、今年は順調ですよ。花も実も、良いタイミングでお知らせできたらとおもいます。
aosta
2016/07/19 10:05
先日は有難うございました&お疲れ様!!
私は久しぶりにたくさんの人に会って緊張しました。
いかに人と会ってないかがわかるよね?


さて、朗読についての個人的な感想です。


バックグラウンドミュージックが朗読とマッチしていてとってもよかったです。さずがの選曲です!! 特にエンディングは恍惚とするくらいの仕上がりでした。朗読でここまで持っていけるのか!!という驚きを隠せません。
気になった点
気になった点はと言えば、あらすじはあらすじとして最初に語ってしまっても良かったかもしれません。文章とはハッキリクッキリ分かれていた方がいいかな?と思いました。


全体的にはとてもいい雰囲気の会でしたね。
パパリン氏のリコーダーパートも長すぎず短すぎずで良かった。選曲もね。朗読とリコーダー演奏のバランスが取れていると思いました。
採算的には合わないかもしれませんが、それでもこのような小さな会を積み重ねていくことがとても大切という風に感じました。


以上、個人的な感想でした。
何かの参考になれば・・・というくらいの気持ちで書いています。
書記@猫の事務所
2016/08/12 10:25
◇書記さん

お忙しいところ、コンサートにお運びいただきまして本当にありがとうございました。
そして最高にうれしいコメントをありがとうございます。

選曲については、手前みそではありますが、我ながらもぴったりだと思っていました(笑) 主人の友人で作曲家でもあるアメリカ人、イケホウトさんの作品に「聖務日課」という曲集、および古い旋律をもとにアレンジした作品集があるのですが、どの曲もとても雰囲気のある素敵な曲です。聖務日課は神秘的かつ宇宙的な音楽で、まさにこの物語のために書かれたかと思うような曲です。星が瞬く感じ、月光色のススキが風になびく感じそのものでしょ?
イケホウトさんからもとても喜んでいただきました(^^♪

私たちも、このくらいの、こじんまりとしたコンサートが好きです。
確かに採算を考えればもっと大きな会場でやった方がよいのかもしれませんが、お互いの息づかいが聞こえる距離感がいいんです。お客様だけでなく私たちも楽しむためには、ちょうど良い規模だと思います。また賢治のコンサートを予定しておりますので、次回はぜひお母様とご一緒におでかけください!
aosta
2016/08/12 14:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「賢治と星とバロックと」 コンサートのお誘い 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる