消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 長坂聖マリヤ教会コンサートのお知らせ

<<   作成日時 : 2016/05/13 07:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 12



気が付けば5月も半ばとなり、先月突然九州地方を襲った地震から早くもひと月が過ぎようとしています。

暑さも本格化する中で、いまだに避難生活を続けていらっしゃる方たちに思いを馳せるたび、「私たちにできることはなにか」を自問自答する日々でしたが、6月26日に予定しておりましたコンサートを急遽チャリティ・コンサートとして開催させていただくことになりました。
収益金はすべて、被災された皆様のサポートのために用いられます。
一人でも多くの方にお越しいただき、私たちの気持ちを届けたいと願っています。
どうか犠牲となられた方々の魂の上に主の平安を、そして避難生活を送る多くの方々の上に主の恵みと導きが与えられますようにお祈りください。



        6月26日(日) 第12回 マリヤ・コンサート


                     開演 13:30  ( 開場 13:00 )

                     入場料 1000円  (小学生以下のお子さまは無料)
                     
                     長坂聖マリヤ教会 聖堂 (駐車場あり)

                               北斗市長坂町上条2056−11 Tel 0551-32-2441
                                                                                          

画像





画像


                   ソプラノ    川口聖加   → http://www.seikakawaguchi.net/
                   リコーダー   武藤哲也  → http://grappa60.at.webry.info/  
                   スピネット   野神佐和子 → http://plumeria-music.jimdo.com/講師紹介/





長坂聖マリヤ教会に初めて伺ったのは、昨年のクリスマス・イヴのことでした。
 → http://folli-2.at.webry.info/201512/article_8.html
その後、嬉しいご縁をいただき、今回のコンサート開催の運びとなりました。

今回の収益金を含め、支援活動の報告は、下記サイトにて順次掲載されます。

                   九州教区 →   http://www1.bbiq.jp/d-kyushu/2016sien.html 
                   Facebook →   https://www.facebook.com/koritsusasenai/   





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
このような形での復興支援、すばらしいことだと思います。リコーダーにソプラノにスピネット、素敵な組み合わせですね! プログラムも素敵!

訳あって少々古楽の勉強を始めてみています。スピネットの方、実は大学同じです。きっと私などよりずっとお若い方だと思いますが。そして守安功先生のバロック講座、私も昨年から受けてます。そんな訳で、ちょっと感激いたしました。沢山お勉強されご活躍をなさって本当に素晴らしい事だと思いました。
たくさんの方にいらして頂けますようにお祈り申し上げます!
keikoさん
2016/05/14 00:21
すこしまえの 女子ゴルフの優勝で
大山さんんというかたが 賞金1100万円くらいあったかなあ、、
それをそっくり 寄付されたのをみて
感動しましたが 出来る範囲で
やれることを、、と 思っても
我などは ほんの ○えん 寄付したくらいで、、
aostaさん 素晴らしいわ〜
katananke05
2016/05/14 12:22
音楽好きな孫たちと一緒に参加します!
じゅんこ
2016/05/15 07:38
◇keikoさん

今朝書いたお返事が送信できず、消えてしまいました。
本当にがっくり(/_;)。
もう一度書き直す気力がでないままこの時間になってしまいました。

今回のスピネット奏者の野神さんと同窓でいらっしゃるんですね♪
野神さんのご主人さまはチェンバロ製作者だそうです(工房のURLを添付してみました♪)Pがお二人とご一緒させていただくのは今回が初めてですが、そもそもの始まりは去年のクリスマス礼拝で、この聖マリヤ教会に伺ったことでした。
不思議なご縁でコンサートのお話をいただき、それがこのチャリティー・コンサートにとつながったのです。
守安さんについては、以前守安さんが翻訳された「アイルランド音楽への招待」という本を読んで、ケウト音楽を聴きたくなり、コンサートに出かけました。
コンサートのあと、ちょっぴりですが守安さんご夫妻とお話ができて、どきどきしたこと覚えています(^^ゞ
クラヴィコードを始められたと伺いましたが、守安功さんのバロック講座も受講なさっていたなんて、Keikoさん、素敵です!
aosta
URL
2016/05/15 22:29
◇katanankeさん

コメントありがとうございます。
賞金1100万円くらいをそのまま寄付?!
潔いというか、熱いというべきか、なんと素晴らしいお話でしょう。
チャリティコンサートなんて、最初は、おこがましいような気もしましたが、そんなことは言っていられません。先日のNHKテレビでも特集されていましたが、まだまだ家に帰ることができないままの方がおおぜいいらっしゃる。行政もボランティアの方たちも寝食を忘れて奔走されている。私たちのコンサートにどのくらいの方が反応して下さるかわかりませんが、一生懸命演奏させていただこうと思っています。
aosta
2016/05/15 22:45
◇じゅんこさん

コメントありがとうございます。

お孫さんたちとお越しくださる!
嬉しいです。お待ちしております。
みなさんに楽しんでいただけるようなコンサートにすべく、準備したいと思います(*^^)v
aosta
2016/05/15 22:47
URLありがとうございました。早速拝見。レンタルさせて頂いていたクラヴィコードを結局購入したので馴れない調律を始めました。そんな訳で野神さまの「各種調律法」が大変嬉しいです。時間のあるときにじっくり読ませて頂きますね。
P氏と野神さまのご縁はクリスマス礼拝だったのですか。なんだか不思議なご縁を感じますね。きっと素敵な音楽会になるでしょうね。
aostaさんが守安先生とお話された事があると知りまたまたびっくり。とてもエネルギッシュなお方ですよね。奥様のアイリッシュハープも素敵ですね。
keikoさん
2016/05/16 23:30
◇keikoさん

クラヴィコード、購入されたのですか?!
いよいよ本格的です(*^^)v
いつかきっと、Keikoさんの演奏を聴かせていただけますように\(^o^)/
クラヴィコードを初めて聴いたのは3年ほどまえ。
例によってその記事もリンクしておきますね(笑) このコンサートの時も、頻繁に調律を繰り返しながらの演奏でした。
室内の照明をおとして、蝋燭だけにするという凝った演出。頭上から溶けたロウが落下するなど、思いがけないハプニングもあったのですが、さすがに演奏者は顔色一つ変えず、淡々と演奏していらっしゃいました。

守安さんを聴いたのは山梨県北杜市のフィリア美術館で行われたコンサートでした。
お話したというよりお声をかけた、と言うくらいが本当のところですが、心も身体も弾むような素敵なコンサート、楽しいトークでしたので、つい(^^ゞ

aosta
URL
2016/05/17 08:32
ディオールのところに
また コメいれたわん〜
katananke05
2016/05/17 09:35
◇katanankeさん

ありがとうございます(*^^)v
お返事、書かせていただきましたよ♪
aosta
2016/05/17 10:37
遠くて伺えませんが、
気持ちは一つ。心の聴衆として、
コンサートに参加したいと思います。
yasuhiko
2016/05/23 00:10
◇yasuhikoさん

コメントをありがとうございます。

>気持ちは一つ。心の聴衆として、コンサートに参加したいと思います。

ありがとうございます。
あれからもうひと月以上が経ちました。東日本大震災の傷も癒えぬまま、新たに発生した大地震。これは何かのメッセージなのでしょうか。
私たちにできることは数多くはありませんが、忘れない、ということ。これが一番大切なことなのではないかと考えています。
aosta
2016/05/23 14:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長坂聖マリヤ教会コンサートのお知らせ 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる