消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麦小麦コンサートのお知らせ

<<   作成日時 : 2016/02/09 19:28   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6




さて、お立会い!

って、何のことだかわかりませんよね(^^ゞ
来たる3月6日、ビールとお料理が美味しいビアカフェ大麦小麦でコンサートを予定しています。
先日はその音合わせをいたしました。

お洒落なカフェ小舟のオーナー、実はジャズピアニスト越智健二さんとのセッションです。



画像

東京と長野県を往復して演奏活動をしていらっしゃる越智さんは、プロのミュージシャンのための音楽学校メーザーハウスの講師でもあります。
武藤との共演は今回が二度目。
初回の時からなぜか意気投合したふたり、音合わせの段階から乗ってます。





画像


まずはポロロ〜ン。
最近調律していない我が家のピアノですが、越智さんの指が鍵盤を走れば、あら不思議。
まるで生き返ったように響く。





画像


あれもやりたい、これもどうだろう。

おっ! こんなのもあったね!

あ。いいね、いいね!!


最初から最後まで、こんな調子。




画像





ふたりとも最高に楽しそう。そしてすごく良い雰囲気。


これまでイメージだけだった大麦小麦コンサートが、確実に具体的になってきました。
クラシックとは違う開放的な空気感、聞いている私の身体が自然に揺れて、なんだかワクワクしてきます。
バロックからボサノバ、ジャジーなバラード、そして○ッ○・・・・
音楽のジャンルに捕らわれない今回のコンサート、きっと素敵なコンサートになるという楽しい予感がいっぱい。





画像






音楽会 at 大麦小麦   3月6日(日) 19:00〜  ¥2000+ワンドリン・クオーダー

18時からはお食事もできます。
早めにご来場いただき、お食事をしながら開演をお待ちになられてはいかがでしょう?
もちろん演奏の間も、飲みながら、食べながら、にぎやかに楽しんでいただければ最高。
何種類もあるベルギービールの中からお好みのものを選ぶのも楽しみですね。
飲みたいけれど、運転が・・・という方、お料理もこの日のためのオリジナルメニューを用意いたしました!
去年から駐車場も広くなった大麦小麦、どうぞお誘い合わせてお越しください。



            第一部   リコーダー  武藤哲也

                        < 休  憩 >

            第二部   朗読  岡埜葡萄  / キーボード 越智健二


                        < 休  憩 >

            第三部   リコーダー   武藤哲也 / キーボード  越智健二





今回の朗読はね、ちょっと素敵なショート・ストーリ−。
内容は、ひ・み・つ (^^♪
越智さんがどんな音を付けてくださるか、すごく楽しみです。




お問い合わせ・ご予約は スタジオ・パパリン  0266-79-5532 まで




おっと、忘れるところでした。
この前の2月14日(日)には諏訪市のミラノサローネ・チャペルにおいて
 「二つのバレンタイン音楽会」を行います。
ご都合がつくようでしたらお出かけください。
            ↓
http://folli-2.at.webry.info/201601/article_2.html






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
意気投合して、いいコンサートになりそうですね。楽しいコンサートにしてくださいね。
HT
2016/02/10 09:10
意気投合出来るお仲間がみつかり
よかったですね〜
たのしい コンサートになりそうですね〜
katananke05
2016/02/10 17:44
◇HTさん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

私自身は楽器をやりませんので、意気投合した二人が楽しそうに演奏している様子を指をくわえて見ているだけなのですが、音楽を作り上げてゆく過程に同席できるということは本当に楽しいです。
言葉でも形でもなく、音で表現されたものって、本当に心の奥深くまで届くのですね。
aosta
2016/02/11 09:59
◇katanankeさん

コメントありがとうございます。
リコーダーと聞いて連想するのは、ルネサンスやバロックの音楽という方がほとんどだと思いますが、P氏はジャンルに関わらず、良いものは良い、好きなものは好き、という人間なので、クラシックに限らずいろいろな音楽、いろいろな演奏者と一緒に音楽ができることを心から楽しんでいます。今回ご一緒する越智さんとは、すでにあ・うんの呼吸。どんなコンサートになるか、私も今からワクワクしています(^^♪
aosta
2016/02/11 10:05
楽しそうなコンサートになりそうですね〜!いつも1度は伺ってみたい!と思いながらなかなか・・自分のフラとかぶったり、別のイベントとかぶったり。 ゆったりとした時間を過ごしたいですね!ご成功をお祈りしています。
mint
2016/02/16 20:07
◇mintさん

いつも励ましの言葉をありがとうございます。
東京と諏訪、時間的にはそう遠くない距離かもしれませんが、毎日お仕事にフラのレッスンや発表会にとお忙しくしていらっしゃるmintさん、お気持ちだけで本当に嬉しいです。私たちも東京でなにかできたらいいなとは思いつつも、なかなか実現しません(;^ω^) 私もmintさんのフラを見せていただきたいと思っているのですが、それも叶わず・・・・ それでも、そう願い続けることで、いつか願いは叶うと信じています!
aosta
2016/02/19 10:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大麦小麦コンサートのお知らせ 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる