テーマ:香水・香水瓶

ディオール ”ミス・ディオール”

「ねえ、もう一度噴水を見に行きましょう。」 思いついたように、そう声をかけてきたのは年かさの友人だった。 3月のジュネーブ、まだ人影もまばらな道を、彼女はいつものように、私の返事を待たず、一人で歩き始めた。 私より二回りほど年上のその女性(ひと)は、長いコートの裾を翻しながら颯爽と前を行く。 後ろ姿はいつものゆっ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

ニナ・リッチ レール デュ タン

" L'Air du Temps" とは、フランス語「で時の流れ」 という意味なのだそうです。 一般的には二羽の鳩があしらわれたボトルが有名ですが、こちらは鳩が一羽のデザイン。 フロスト加工が施されたマットな本体に、透き通る羽先をしたクリスタルの鳩は、優しい目をしています。 ニナ・リッチ L'Air …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ミツコ 「アンブレラ」

そしてミツコのもうひとつのヴィンテージボトル、"アンブレラ" こちらは1967年。 わずかに放物線を描く縦のラインが印象的なボトルは、バカラのデザイン。 同じバカラでも、「薔薇のつぼみ」の女性的な曲線とは、かなり趣が異なる、スタイリッシュで鋭角的なイメージです。 金色のスクリューキャッ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ゲラン 「 ミツコ 」 薔薇のつぼみ

Mitsouko(ミツコ )、ヴィンテージボトル「薔薇のつぼみ」。 多分1950年代末から60年代のもの。 第一次世界大戦が終結した翌年の1919年、ゲランから発売された香水ミツコは、ゲランを代表する香りであると同時に香水の歴史の中でも、ひときわ大きな輝きを放つ名香のひとつです。 日本の女性の名前「ミツ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「イリス」 / レイ・ブラッドベリ「青い瓶」

エルメスの香水"Hiris"はHERMES(エルメス)の頭文字 "H" と、Iris(アイリス)の" I " を合わせた造語だとか。 "Hiris"と書いて「イリス」と読みます。 アイリスの花を意味する Iris (イリス)は、同時にギリシャ神話の虹の女神 の名前でもあるようです。 1999年に発売されたイ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

ゲラン 「夜間飛行」

ゲランの「夜間飛行」といえば、スモーキーな茶色のボトルを思い浮かべる方が多いかしら。 私はこちらのアンティークなデザインが好きです。 いつ頃の物なのかわかりませんが、バカラによるデザイン自体はかなり古い。 1889年に発表された香水「ジッキー」と同じボトル、同じラベルです。 古い木版画のような単色刷りのラベルは、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ロシャス / BYZANCE ビザーンス 

優雅でどこか儚げな響き ビザーンス・・・ BYZANCE ビザーンス (オード・パルファム) 1987年 ロシャス (ニコラ・ マムーナス) いにしえのコインの如く、金色で”BYZANCE”の文字が刻印されたボトル。 深い海のような瑠璃色に包まれて、香りは静かにまどろむ。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ジャンルイ・シェレル / Nuit Indiennes 「インドの夜」

香水瓶が好き!と言ったら、友人が古い香水を譲ってくださいました。 今はもう廃番となった、ニュイ・アンディアン。「インドの夜」という意味だそうです。 初めて見るボトルは、繊細なラインが刻まれた円柱形。 エメラルドカットのガラス栓は、インドの王族の庭園をしめやかに歩む孔雀の羽色・・・   …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more