テーマ:

旅するアサギマダラ

連休初日から雨。 些細な用事で家を空ける必要のない一日。 ゆっくり本が読めると思うと、それだけで嬉しく満ち足りた気分。 と・・・ 視界の片隅に、何かがひらひらと動くものがある。 目を挙げて窓の外を見ると、透き通るような浅葱色と鮮やかな海老茶色をした美しい蝶が、今しも、咲き始めたばかりのブッドレアの花穂に止まろうとしていた。…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

雨の花

昨日、今日と二日続いて久しぶりの晴天。 長雨のあとで、湿度が肌にまつわりつくような陽気になった。 数日前までの肌寒さが嘘みたい。 (朝晩は冷え込むので、ストーブを片付けられないままでした・笑) 玄関前の寒河江。サガエと読みます。 新潟県は寒河江市で作り出されたことで寒河江。 ギボウシの中ではたぶん最大級の大きさ。 花も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク

ひとつひとつは直径3㎝にも満たない小さな花が、房咲きになって咲くポールズ・ヒマラヤン・ムスク。 先日の大雨で、咲き始めたばかりの花もずいぶん散ったのではと心配したのですが、もともと多花性の薔薇。 気が付けば窓の外には、淡いピンク色と白のグラデーションが、まるで波のように揺れていました。 ガーデンシェッドに絡ませたポール…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヨーク家の白薔薇

歴史に知られた薔薇戦争(Wars of the Roses 1455~1485)は、元々は親戚同士のランカスター家とヨーク家が、イングランドの王位をめぐって30年もの長きに渡って繰り広げた骨肉の争い。 薔薇戦争と呼ばれる所以は、ランカスター家の記章が赤薔薇、対するヨーク家が記章を白薔薇としたことによる。 このヨーク家の白…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Blanc Double de Coubert

フランス語で、ブラン・ドゥブル・ド・クベール 英語読みならブラン・ダブル・デ・クーベルトとなります。 1892年、フランスで作出されたハイブリッド・ルゴサ。 名前の通り、ハマナス系の薔薇です。 1890年代と言えば、フランスとドイツの二国間に暗雲が立ち込めていた時代。 かのドレフュス事件が起きたのも1984年。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more