「サンロク奇譚 冬の陣」 朗読会のお知らせ



久々のブログ更新および朗読コンサートのお知らせです。

「サンロク奇譚 冬の陣」 2月22日 16時15分開演 

     会場 サンロクカフェ 茅野市玉川 11400-1410 ☎ 0266-75-5185  
  
         ¥1500+ワンドリンク オーダー
           (コーヒー・紅茶、ソフトドリンクほか、バスペールエールなど美味しいお酒もございます)

  

                  

フライヤーには大きなカニ缶。
カニ缶!? その訳は・・・


画像
                  

サンロクカフェの場所などご確認の際は、クリックしてください。画像が大きくなります。





はい。今回の朗読のメイン「蟹婆」に因んでのデザインです(^^♪
「蟹婆」と書いて「かにばあば」と読みます。
朗読はこの「蟹婆」と「夢たまご」の二編。
いずれも半村良の「能登怪異譚」に収められている短編です。
「怪異譚」という題名の通り、能登地方の怪しくも不可思議な伝承を、半村流に仕上げた作品。
半村良と聞いても、女性にはちょっとなじみが薄いかもしれませんね。
私自身、その名前や作品のタイトルは知っていても読んだことはありませんでした。
一風変わったSF物、もしくは伝奇物の作家というイメージが先行して、「能登怪異譚」のようなフォークロアに想を得た作品があったとは全く知らなかったのです。
それがたまたま、同奇譚集からの「箪笥」という短編の朗読を聴く機会があり、すっかり方言の魅力に取りつかれてしまったという次第。


この「能登怪異譚」は、会話部分だけでなく、ものがたりそのものが終始方言で語られる、と言う意味でも興味深いものがあります。方言を忠実に再現するということは、その地方に生まれ育った人でない限り、およそ不可能なこととは承知しながら、あえてこの物語を朗読したいと思ったのは、ひとえに、私自身が方言のもつ力に魅了されたからにほかなりません。
そもそも方言とは、読むものではなく語られるもの。
その心地良いリズム、独特のニュアンスは、耳で聴いてこそ実感できるものだと思います。
幸いにも、というべきでしょうか、インターネットで方言も聞くことができる便利なご時世になりました。
おかげで私なりに能登の方言について勉強はさせていただきましたが・・・
地元の方からすれば、所詮、付け焼刃。そう言われることを覚悟の上で、敢えての挑戦です。
言うなれば「フィクションとしての方言」。
たとえフィクションであるにしても、いわゆる標準語では伝わりにくい、仄暗い気配、そして湿度といったものを感じていただけたら、何より嬉しく存じます。

朗読は岡埜葡萄。リコーダー演奏武藤哲也。
今年もふたりで新しいことにチャレンジしたいと思っております。
ということで、今回は能登の方言!




会場のサンロクカフェは、オープンしてちょうど1年。お洒落で美味しいと評判のカフェレストランです。
コンサートの後は(別料金になりますが)私たちと一緒に、テーブルを囲んでお食事などいかがでしょう。
石窯で焼いたアツアツのピザ、季節の素材をトッピングに、またソースに生かしたパスタ、新鮮なサラダや小粋なオードヴルなどなど。美味しいメニューとおしゃべりを用意してお待ちしております。



最後になりましたが、昨年はブログの更新がままならず、ご迷惑ご心配をおかけいたしました。
今年はしっかり更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。








"「サンロク奇譚 冬の陣」 朗読会のお知らせ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント