「音の葉 言の葉」 ~ダウランドのリュート歌曲と 今を生きる詩と~ 終わりました




イギリスはエリザベス朝のリュート歌曲を中心に、「いにしえの音楽」と「今を生きる詩」とを絡ませようと企んだ今回のコンサート。

プログラムにあるように、イギリスの作曲家ジョン・ダウランドの歌曲と、同時代のイギリスで一般民衆に愛されていた世俗曲に合わせて詩を朗読するという試みです。
詩は岡埜葡萄こと、私の自作。まさに「今を生きる詩」(笑)。
今まで書きためた作品の中から、歌のイメージに合うものを選ばせていただきました。




画像


今回の会場、原村のカフェ「魔法屋JIN」さんの店内です。
向かって右手がカウンター。左手側は、テーブル席となります。
お洒落でシックな店内には、いつもバッハが流れています。
10月末の原村は、すでにひんやりと冷たい空気に包まれていましたが、赤々と燃える薪ストーブのぬくもりが
三々五々集まっていらっしゃったお客様を暖かく迎えてくれました。
JINさんこだわりの紅茶とコーヒーを楽しみながら、さあ、いよいよコンサートの始まりです。



画像




私のオリジナルの詩に加え、今回はダウランドの『悲しみよ とどまれ』 "Sorrow stay"と、 
世俗歌曲『黒髪』 "Black is the colour of my true love'hair"の歌詞も私が訳させていただきました。
『涙のパヴァーヌ』 "Flow my tears"で知られるダウランドは、「嘆きの人」と呼ばれていたほど、数多くの恋の嘆きを歌にした人でした。
作曲者不詳とは言え、今も聴く人の心をとらえて離さない「黒髪」もまた、美しい旋律と詠嘆に満ちた魅力的な曲。
「今を生きる詩」と銘打ったタイトルと矛盾するようですが、これらの曲が歌われていた時代の古風で典雅な空気感や英語の原詞で韻を踏む響きは、口語より文語のほうが伝わるのではないかと思いから、いずれの歌詞も文語調で訳してみました。
あえて直訳ではなく、意訳で、とおっしゃって下さった謡子さんに感謝。



画像


                            詩・朗読       岡埜葡萄
                            歌          原謡子
                            ルネサンス・リュート   田村雄二






コンサートは儚げなリュートのソロで始まりました。
まず私が詩あるいは詞を朗読し、続いて謡子さんが原詞で歌うという形で、プログラムが進行していきます。
詩と詞、歌と歌とをつなげてゆくのは田村さんの繊細なリュート。
後世のヴィブラートを多用する唱法とは異なるルネサンス歌曲、謡子さんの透明な歌声は、どこまでもまっすぐに伸びて、丁寧な子音の発声や旋律の微妙な揺れが、切ない恋心をしめやかに歌い上げてゆきます。
対する朗読には旋律がありません。
でもリズムが、そして間があります。朗読の表情はそこから生まれます。
旋律こそありませんが、ある意味で朗読は音楽に近いような気もするのです。
ふうっと息を吸う。息を吐く。呼吸に意識を、声を重ねてゆきます。
名残りを惜しむかの様に減衰してゆく音楽と、旋律の中に漂う言葉の余韻。
深まりゆく高原の秋に似つかわしい、雰囲気あふれる演奏をお楽しみいただけましたでしょうか?

今回おいで下さったお客様のおひとりから、
「御自作の詩の朗読。初めて聴かせていただきましたが、頭の中に次々と浮かび上がってくる色とりどりの映像を追いかけてゆく心地良さ。お気に入りの一枚の絵のような素敵なコンサートを、本当にありがとうございました!」
という感想をいただきました。こちらこそありがとうございます。本当に嬉しいです。





今回私が朗読した作品はこちらからご覧いただけます。

  「鏡よ 鏡」       http://folli-2.at.webry.info/201012/article_6.html
  「いばら姫 異説」   http://folli-2.at.webry.info/201212/article_2.html
  「真珠」         http://folli-2.at.webry.info/200811/article_5.html
  「オンディーヌ」    http://folli-2.at.webry.info/201301/article_3.html
  「棘(とげ)」      http://follia.at.webry.info/200712/article_8.html


なお「黒髪」および「悲しみよ とどまれ」につきましては、委託されて訳した作品になりますので、
掲載は差し控えさせていただきました。




"「音の葉 言の葉」 ~ダウランドのリュート歌曲と 今を生きる詩と~ 終わりました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント