リュート歌曲と朗読 「音の葉 言の葉」 コンサート




私にとって詩を書くという行為、それを自ら読むという行為は
普段の生活の中では誰にも見せない、見せたくない、心の奥まで裸になることです。


だからこそ、どの詩にも、深い思い入れがあります。
さながらわが子のような作品たち。
その子どもたちが、どこまで受け入れていただけるでしょうか。




画像




      10月30日(金)  開場 14:30  開演 15:00  

               原村 魔法屋 Jin (0266-74-2333)
                       ¥1500+ワンドリンク・オーダー
                  

         詩と朗読                岡埜 葡萄
 
         歌                    原 謡子

         ルネサンス・リュート         田村 雄二



 


昨日初めての通し稽古を行い、コンサートの輪郭が見えてきました。
切ない恋心を歌う、いにしえの調べ。
繊細で儚げなリュートの響き。
ひなびた旋律も歌詞も、胸に染みます。
いつの時代でも、報われない恋への思いは変わらぬもの。
ダウランドをはじめとするリュート歌曲と今の「言葉」が、どのように交錯し、どのように溶け合ってゆくか・・・・


中世・ルネサンス歌曲を歌われるのは原謡子さん
リュート演奏は田村雄二さん。
どうぞお楽しみに。



お問い合わせは 090-3440-2719まで




"リュート歌曲と朗読 「音の葉 言の葉」 コンサート" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント