フランス式庭園の魅力 パレス・ハウステンボスの庭 




長崎のもう一つの顔と言えば佐世保市にある「長崎ハウステンボス」かもしれません。

その名の通りオランダの風景が忠実に再現されています。
日本に居ながらにしてして、ヨーロッパを感じることができるという趣向なのでしょうが、
正直言えば実際に行ってみるまで「?」といった感じがあったことは事実です。

さて実際のハウステンボスは・・・

街並みには、まがい物ではない本物の風格がありました。
そのうえ数々の陶磁器やガラス工芸の美術館。
時間がいくらあっても足りません。
そして庭園の素晴らしさときたら!
中でも印象的だったのが「パレス・ハウステンボス」のフランス式庭園です。
18世紀にフランスの造園家ダニエル・マローによって設計されたこの庭は造園の機会を失い、
長い間、設計図のまま放置されていた「幻の庭」でした。
200年後、マローの夢が初めて実現されたのが、このパレス・ハウステンボスの庭だということです。




画像

庭園の周囲にはぐるりと緑のトンネルが巡らされ、
ところどころに開けられた「窓」から庭を覗くことができます。
そう、ちょうどピクチャー・ウィンドのように。
繁った緑の葉がまるで透かし模様のフレームのようですね。







画像

柔らかな曲線と、ストイックな直線。
計算されつくしたトピアリーや彫刻の配置。
中央の直線的な池を中心線にして、左右が完全な線対称にデザインされたフランス式庭園。
敷き詰められた白い玉砂利と緑の対照も鮮やかです。







画像

上から見下ろすと、こんな具合。
リズミカルで優美な曲線を描く植え込みは、まるで一枚のタピストリーのようです。






映画「去年マリエンバードで」を思わせるような、清潔で整然と居住まいを正されるようなフォーマル・ガーデン。
柘植などの木を刈り込んで形作るトピアリーも、日本で植木屋さんが刈り込む松などと違い、あくまでも左右対称に形作られています。
シンメトリーを完全な美とする西洋的な美意識と、意図的に対称を避けアンバランスなものに美を見出す日本的美意識。
言うなればマントルピースと床の間の飾り方の違い、とでもいうべきでしょうか。






画像

パレス・ハウステンボスのフロント・ガーデンにはたくさんの薔薇が植えられていました。
今回は早すぎて、薔薇の花を楽しむことはできませんでしたが、広大なハウステンボスの複数の庭で、薔薇は確実に大きく育っていました。
一度は経営的に破綻したハウステンボスが、もう一度観客を呼び戻すための庭つくりです。
大勢のボランティアの方たちの努力が報われるのも、そう遠いことではないかもしれません。



<追記>

6月1日付のかげっちさんのコメントを拝見して、はたと気がつきました。
テレマンのブロックフルーテ・ソナタ(リコーダー・ソナタ)をお聴きいただきながら、
今回の記事をお楽しみ頂けたらと思います。

http://papalin.yas.mu/W105/





"フランス式庭園の魅力 パレス・ハウステンボスの庭 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント