逢魔が時の庭

焼けつくような日差しも、陽が傾くにつれて、つれさわさわと立つ風に鎮まっていく。 思えば庭を造り始めたばかりの頃、そう、もう20年ほど昔。 まだ若木だったスモークツリーやゴールデンアカシアが、 今では見上げるばかりの大木となって、日差しを遮るものもなかった庭に、涼やかな木陰を作っている。 かつて、オカトラノの花…
コメント:16

続きを読むread more