消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真澄ィターリア」 終了いたしました

<<   作成日時 : 2014/10/10 09:20   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8




先月28日に行われた、リコーダーと朗読によるコンサート「真澄ィターリア」

報告がすっかり遅くなりましたが、今回も無事終わることができました。
もっと早いうちにリポートを書きたかったのですが、コンサートが終了したとは言え、一息つく暇もなく、
10月のリサイタルに向けて動き出さなければならず、気がついたらもうずいぶん日にちが経ってしまいました。
遅ればせながら、と意気込んで書き始めたまでは良かったのですが、・・・・
あと少しで書き終わるというその時、なぜか突然PCがフリーズ!
書いた文章がみんなどこかへ飛んで行ってしまいました。

「飛んでイスタンブ〜ル」ならぬ「飛んだブログ記事」\(◎o◎)/!
文章を思い出しながら、書きなおそうと試みたのですが、気力は風船がしぼむように一気に萎えてしまいました。
なんとか気持ちを奮い立たせようと足掻いてはみたのですが、どうにも思うように書けません。


画像

ギャラリーから見た樹齢300年の松。「松の間」と言う名前は酒造りの歴史を共に歩んできたこの老松に因んでいます。





6月のコンサートに続き、今回もご協力いただいたHOSHINOさんが書いて下さったリポートが素敵なので、
私が立ち直れるまで、こちらをご覧いただければ幸いです。
落ち着きましたら、当日お客様から頂きました感想も含めて改めて書きなおそうと思っております。
申し訳ございませんが、それまでもうしばらくお待ちください。

HOSHINOさん、今回も素晴らしいリポートをありがとうございました。

HOSHINOさんのブログ <リコーダー演奏&朗読の会で、スピーカーWAONも共演>
http://mh-audio.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/at-waon-f87a.html




    ★追記★

   台風が気がかりで、毎日気象情報を看ているのですが、このまままですと
   来週13日(月)に予定しております武藤哲也リコーダー・リサイタルと台風襲来が重なってしまいそう。
   今朝のTVでは13日の雨は夜半から、と言うことだそうです。
   15時開演のコンサートですので、本降りになる前には終演の予定です。
   お近くのかたで、まだ13日のご予定がない方がおいででしたら、ぜひ足をお運びくださいませ。

         武藤哲也 リコーダー・リサイタル → http://folli-2.at.webry.info/201409/article_2.html

             




武藤哲也リコーダー&オカリナ教室はこちら → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうにお忙しいですね。
松の手入れが行き届いていること、見事ですね。
立て続くコンサートのサポート、頑張ってください。
台風とタッチの差で切り抜けられるといいですね。
御成功を祈りつつ。
ぶんな
2014/10/10 09:29
◇ぶんなさん

ここしばらくブログの更新もできないまま過ぎてしまい、何か忘れ物をしているような気持ちのまま落ち付きませんでした。やっと時間を見つけて書き始めたのに思いがけない災難にあって、すっかり気落ちしてしまいました。
13日のコンサートは台風の影響を受け、県外からいただいた予約がキャンセルになり、これまたがっくりですが、自然に逆らう手立てはありませんので、せめておいでくださったお客様には、私たちにできる最高の音楽をお贈りしたいと考えています。応援、ありがとうございます(^^♪
aosta
2014/10/10 18:12
今年は異常気象で 南の島々は いくら慣れてるとはいえ
物資もいかずに 食料難になりそうとか、、
いろんなイベントも お天気に一喜一憂 心配ですね〜
毎年このような状態に成るかも、、と思うと
台風の通路の住民は 移住をかんがえるかも、、と
心配がふくらみます〜
この台風はメガ級らしいから どうぞ 九州あたりから
低気圧になってください、、と 願ってますが、、、  (**)
カタナンケ
2014/10/10 20:03
こんばんは。
書きかけていたブログが…最近は無くなりましたが以前は理由もわからず落ちしてしまって何処かに行ってしまうと云う事何度もありました。悔しくて、一度書いたものをもう一度書くという事は出来ないものですよね。その後から暫くの間ワードで文章だけ書いて作成画面に貼り付けする方法を取っていましたが、今はまたそんなこともしていません。そのうちキット後悔するのですよ。
コンサート終わられてお疲れ様でした。また次の準備ですか、大変ですね。頑張ってくださいね。
HT
2014/10/10 20:27
◇カタナンケさん

おはようございます。
台風、衰えませんね。雨だけでなく風も強いとなると、出足には大いに影響が出そうです。本当に最近の日本は災害続きですね。御嶽山の噴火のあとはスーパー台風! 先日NHKで50年後の日本を想定した番組を見ましたが、その凄まじい天候に身の毛がよだちました。
SFの世界がそう遠くない将来、現実になってしまいそう。
東京オリンピックにしても、海外から大勢のお客様を迎えているとき、スーパー台風に直撃される、ということもあり得るかもしれませんね。とにかく今は、今回の台風が少しでもおとなしくなることを願います。
aosta
2014/10/11 05:20
◇HTさん

コメントありがとうございます。
HTさんも似たようなご経験がおありですか?本当に「あの時」のショックときたら!唯一共通する体験として考えられるのは、最初期のドラクエで、突然画面が真黒になっゲームが終了させられた時かしら。それまでの全部水の泡となってしまい、初めからやり直さなければならなくなったときの無力感に似ています。(私、その昔子供と一緒にッドラクエ二嵌っていました・笑)
私も早め早めのこまめなコピーを心掛けていたつもりなのですが「のど元過ぎれば熱さ忘れる」ものなんですね(/_;) 同じものは二度書けない・・・・本当です。
aosta
2014/10/11 05:32
ご無沙汰しています。私もブログは4ヶ月ほど更新も訪問もサボって、やっとリハビリ始めたので、入力がぎこちないです『リコーダーと朗読によるコンサート』のチラシとレポート拝見しました。なかなかのプログラムですね〜!ヘンデルとダウランドで、まさに古楽ですね。『涙のパヴァーヌ』は『編曲:ファン・アイク』とありましたが、ひょっとして画家のファン・アイクの事なんでしょうか?それとも、同姓同名の別人なんでしょうか?会場の雰囲気がリコーダーに合いそうですね(あのスダレが何とも…♪)。また、朗読(aostaさんですよね?)とのコラボというのも良いですね。近ければ、私も聴きに行ってましたよ〜末永くご活躍下さい。
ぬえ
2014/10/21 12:20
◇ぬえさん

お返事が遅くなって申し訳ございませんでした。
ブログの更新、気になりながら時間だけ過ぎて・・・・
いったんブランクができると再開のタイミングが難しいですね。
私も昨日やっとふっかすいたしました(^^;)

ファン・アイク(ファン・エイクと表記されることもあります)はオランダにはとても多い名前のようです。
画家のファン・アイクとは別人ということでご了解ください(^O^)/
リコーダーと朗読、どちらも呼吸が大事というところが似ていますね。
演奏曲目と朗読作品のバランスを考えるのはかなり大変ですが、同時に楽しい時間でもあります。音楽と朗読。それぞれが独立しながらお互いを引き立て合い、響き合う・・・・そんな組み合わせを実現したいです。
aosta
2014/10/23 04:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「真澄ィターリア」 終了いたしました 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる