ソロ図鑑




きのこ採りも今がたけなわ。
ここ数週間、林の中にきのこ採りの人の姿が見え隠れしています。


さすがに我が家の敷地内に入ってくる方はいらっしゃいませんが、時ならぬ人間の姿を警戒してか
しばらくソロが姿を見せませんでした。
昨日、久しぶりにその姿を発見したP氏、嬉しそうです。




撮りためた写真を一挙掲載 (*^^)v


画像

お食事中のソロ。口元から緑色の葉っぱが覗いています





画像

霧が流れる朝、コスモスと戯れるソロ




画像

木洩れ日の下で。さすがに美脚。




画像

名前を呼ぶと振り向きました。
私たちが勝手につけた名前を認識しているとは思えません
単純に声に反応しただけなのでしょうね





画像

もしかしてウインクしてます?






画像

やっぱり大きなお目々





朝晩の気温が零度近くなって、すでにストーブを焚いているお宅もあるようです。
ソロは寒くないかしら。
独りでは身体を寄せ合って温まる事もできません。







この記事へのコメント

2014年09月24日 18:06
全部カメラ目線やね!
きっとソロは牝ですね。P氏が好きなんやわ!
カタナンケ
2014年09月24日 19:56
♪ こ~じ~かのバンビは かわ~い~いな~ ♪
こんなお歌を 思い出しましたよ~
大きくなったね~
冬に備えてしっかり お食事していってね~
HT
2014年09月24日 22:40
こんばんは。
ソロ君が可愛いですね。綺麗な目をしていますよね。まだ子供で一人ぼっちって言うのが何だかとても胸に来ます。鹿君たち沢山いるのでしょうに、その集団に入って行くことは出来ないのでしょうかね。自然界は厳しいのでしょうね。これから来る冬が心配ですね。食べるものも無くなって来るでしょうし、いろいろ思うと可哀想ですよね。
2014年09月25日 05:44
◇さえさん

おはようございます。
カメラ目線!! 言われていれば、なるほど確かに( ;∀;) 

>きっとソロは牝ですね。

私も最近のソロ、どことなく女の子っぽい感じしますよね!

>P氏が好きなんやわ!

爆笑!
今度ソロに聞いてみます\(^o^)/
2014年09月25日 05:49
◇カタナンケさん

大人びてきたとは言え、やはりまだバンビですよね。

>大きくなったね~

庭のブラックベリーの実は、ソロが一人で食べつくしました( ;∀;)
それにしても、ほとんど草(時々ブラックベリー)だけで大きくなれる草食動物ってすごいですね。
2014年09月25日 05:58
◇HTさん

おはようございます。

>綺麗な目をしていますよね。

大人に鹿の目も美しいですが、私も、ソロの目はまだ無邪気な子供の目だと思います。
どんなにか弱くても、小さくても、鹿はほかの群れの鹿を仲間とは認めないようです。それなりの理由があるのだとは思いますが、自然というものは思う以上に過酷で厳しいですね。いろいろ心配はしても、私たちにはどうすることもできません。ただ祈るばかりです。
2014年09月25日 16:15
キノコ狩り行きたいですね~!私が唯一採れるのは「リコボウ」と「チチボ」だけ。今はそれでも少なくなって秘密の場所だった所もなくなっちゃって、家が建ってる!軽井沢も1年行かないと道を間違えそうになってしまいます。自然の物がどんどん少なくなっちゃって・・・ ソロ、いつ見てもなんだかいい雰囲気ですね。ちゃんとウインクしてaostaさんに「来たよ~」ってご挨拶しているみたい!
2014年09月26日 06:05
◇mintさん

今年は雨が多かったからかキノコが豊作だそうです。
ボンボンがいたころは、お散歩がてら良く林の中に入ってキノコを探しましたが、ボンボンがいなくなって、全く採らなくなりました。
私が採れるのは、地元で「じこぼう」と呼ばれている種類だけ。多分mintさんの「りこぼう」と同じなんじゃないかしら。ぬめりがあってお味噌汁に入れると美味しいですね!「チチボ」は初めて聴く名前ですがきっと「ちちたけ」と同じかしら。キノコって、地方によって名前があり面白いですよね。
自分では採らないのですが、今年もいただきもののキノコで秋の味覚を堪能しました。キノコ採り名人ってみな「秘密の場所」があって、人には教えないそうです。
mintさんにも秘密の場所があったんですね!
「秘密の場所」・・・・聞くだけでワクワクしてきますが、そうした大切な場所がなくなったり、変わったりしていくのをいるのは悲しいです。

ソロ、美人さんでしょ?
やっぱり女の子のような気がします(^^♪
ぶんな
2014年09月27日 09:13
 子どもの頃、とんがり帽子の小さな頭をそちこちに出すキノコがかわいくて不思議でなりませんでした。キノコ探しに行きたくとも、クマさんに挨拶の仕方も心得ず、道も不案内というわけで、出会うのは道端のキノコばかりです。

 ソロは、撮影会をしたいくらい素敵な鹿ですね。いまにきっと、自分を呼ぶとき、「ソロ」というのだと気付くのかも。
2014年09月29日 09:25
◇ぶんなさん

おはようございます。
森のキノコは本当に妖精のようですね。宮澤健治のお話の中にも「きのこの楽隊」の描写がありましたっけ(*^^*) ぞくぞくと群れを成しているもの、まるで輪を描くように生えてくるもの、色も形も違うキノコたち、眺めているだけで愉快です。
今年は全国的に熊の食料となる木の実が不作とか。目撃情報も相次いでいるようですが、熊さんだって冬眠準備でおなかいっぱい食べたいでしょうし・・・・
ここまで人間が山の中まで入りこんでくると、住み分けも難しいですね。
熊を悪者にしてしまったのは、私たち人間です。「森のくまさん」や「あめふりくまのこ」などの熊さんは、どうしているでしょう。
GOKU
2014年10月02日 06:27
こちらでははじめまして。くそうさんのサイトから来ていただき、コメントまでもらったのですが、大変返信が遅くなりました。鹿、美しいですね!
2014年10月02日 07:04
◇GOKUさん

ご訪問いただき、ありがとうございました。
動物は皆美しいと思いますが、鹿は特別に優美な生き物だと思います。
その大きな瞳でじっと見つめられると、不思議な存在感に圧倒されます。
いのちそのものともいえる、崇高な存在です。
機会がありましたらGOKUさんのイベントに伺いたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック