ひなげし





        ここだけの秘密

        あなただけに 教えてあげる

画像






        教えてくれたのは風

画像






        聞こえた?

画像







        誰にも内緒よ

画像








                  ★風が渡るとき → http://folli-2.at.webry.info/201107/article_5.html






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

HT
2014年06月15日 17:22
こんにちは。
「風が渡るとき」拝見させていただきました。流石ですねぇ~、私だったら草花を見てこんな風には感じられません…。そんな綺麗な心を持たないといけないですね。私って、こうな風に感じながらも自分に実行力もなくて…心が痛んでいるからでしょうかね。
ぶんな
2014年06月15日 20:48
ひなげしにとって、我が庭はかなり居心地が悪いらしいのです。それでもめげずに播いた種が、あきらめかけた今頃になって危うい緑を見せ始めました。
さいごの花びら、すこし風がふいたなら、ふっと落ちてしまいそうです。滴が、まだまだいのちを繋ぎたいと泣きじゃくっているようです。

まえのページで書いてくださったコメントのお答え、嬉しく拝見しました。これでまた薔薇を見るときに時を超えて興味深く見ることができます。感謝しております。
2014年06月16日 04:43
◇HTさん

おはようございます。
リンク先までご覧いただき恐縮です。
あの記事に書いたポピー一輪がこぼれだ根で増え、今では毎年庭のあちこちで咲くようになりました。どこからともなく風にのって飛ばされてきた一粒の種が、地に落ちて花を咲かせ、さらにたくさんの種をつけるようになりました。
HTさんのお写真を拝見していると、ほかの人なら見過ごしてしまうような、些細なもの、小さなものに、愛情を込めてカメラを向けていらっしゃることがわかります。
HTさんの心の痛みが癒されますように。
2014年06月16日 04:49
◇ぶんなさん

コメントありがとうございました。
HTさんかあいただきましたコメントへの返事にも書きましたように、最初は一輪だったのです。
翌年、こぼれ種から芽が出ていることに気付いた時はうれしくて、雑草と間違えないようにと、草取りの際もずいぶん気を使っていたのですが、今では気を使うまでもないほど増えました。
こればかりはどうしようもないですが、植物と土地の相性というのは確かにありますね。

この記事へのトラックバック