早くも水無月




早朝から森の中で郭公が鳴いています。

水のない月と書いて、水無月。
そろそろ梅雨入りした地方もあるというのに水無月とは、これいかに?
「みなづき」の「な」は「無」ではなく、現代日本語の「の」と同じ属格(所有格)を表す後置詞なのだそうです。
「な」に「無」の字を使うのは単なる当て字なのだとか。
つまり「水無月」とは、「水の月」という意味だったんですね。
神無月に日本中の神様が出雲大社に集結してしまうので神様ががいなくなり、逆に神様が全国から集まる出雲では「神有月かみありづき」と呼ばれるというのは、「な」が使われなくなった時代に作られた俗信だとのこと。
なるほど。納得です。


さて、「水の月」、6月に入るのを待ちかねたように、いろいろな花が咲き始めました。
花を咲かせないまでも、ここ数カ月で見る見るうちに伸長した植物たちが、たくさんの蕾をつけています。




画像

ゲラニウム・ファエウムの交雑種と聞いたこの花は、透明感のあるスモーキーグレー。
一見地味な花色ですが、どんな花とも喧嘩しない穏やかな脇役です。





画像

ラムズイヤーの銀色に銅葉のキンギョソウ、ブロンズ・ドラゴン。
咲き始めに淡いグリーンが入るレモンイエローのサフィニア。
ピンクのグラデーションがかわいいナデシコ「スイートハート」。






画像

目が覚めるような青い花はオンファロデス。
一度は鹿に食べられて、絶えてしまったかと思いましたが、今年は元気に復活しました。
いただいた時は白い小さな花に星形のブルーのラインが入って可愛いのよ、というお話でしたが・・・・
咲いてみれば、なぜか青一色。不思議です。もしかして先祖帰り?
お星さまが出ても出なくても、ラピスラジュリのような青が大好きです。





画像

ブルネラの前後して小さなピンク色の花をつけているのは、八ヶ岳山麓の自生種で
毎年こぼれ種でよく増える姫フウロ(ゲラニウム・ロバーティアナヌム)。
羊歯に似た繊細な葉は、秋になると真っ赤に紅葉します。




画像

薔薇のアーチの下は小さなシェード・ガーデン。
直射日光が苦手なブルネラや姫フウロが優しく彩りを添えています。





画像

アーチの薔薇も勢いよく繁った葉で、すっかり緑色になりました。
きっちりと製枝してしまうより、枝先が風にそよぐ風情が好き。

蕾もたくさん上がっています♪






画像


つい数日前まで蕾だったフリューリンクス・モルゲン、咲きました!
個体差を考慮しても、薔薇図鑑の写真に比べるとかなり濃い色合いです。紫外線効果かしら?







画像

最後はミニトマト(笑)
完熟しても緑のまま、しかも甘いという新しい品種。
これは花壇の中に植えたらきっと素敵!
緑色の翡翠のようなトマトが枝に鈴なりになった光景を想像して、今からわくわくしています。

「もうピンチしてあるからこのまま植えて大丈夫。」
という言葉と一緒に、お友達のナーセリーさんからいただきました(^^♪
一本で一抱えにもなるほど大きく育つんですって!
毎朝、採りたてのトマトでお腹がいっぱいになるかもしれません。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

ぶんな
2014年06月02日 13:12
いまは交配で夥しい数の花があり、むしろ原種をこそ見たいという気分にもなっています。それはそれとして、オンファロイデスの青、ステキですね。トマトの写真に安心したのは、やはり食いしんぼうなんですね。きれいな美味しいトマトがたくさんなりそう。
yuri
2014年06月02日 14:56
咲きましたね!
我が家のオンファロデスよりも背が高そうです。
2014年06月02日 17:57
どんどんお庭のページがめくられて行きますね。
青くて甘いトマトはどんな感覚でしょう?
でもサラダの色目的には赤が良いのではと思うのは凡人かしら?

私の塔はノートルダム寺院です。
通っていた学校と同じ名前、そしてその学校は山の中腹にあって
屋上に上がると京都市内が見渡せました。
ノートルダム寺院の塔の上からパリの街を眺めたのは
何年まえだったのかしら?
HT
2014年06月02日 21:54
こんばんは。
遅くなってしまって申し訳ございません。
ここのところ暑くなって、お花も一斉に咲き始めましたですね。少し平地より寒いですから、こうしていっぺんに咲き出すのですよね。ブルー系のお花が沢山りますね。私は白か青のお花が好きです。広いお庭で沢山のお花達があって素敵ですね。私の処なんか、今は1種類しか咲いていません。あとは雑草ばかり。ぼつぼつ草を何とかしないと…。
しっぽ
2014年06月02日 22:48
うらやましい。。。

うちはドクダミとブライダルベールがほとんどです。
そのうち露草が青い小さな花を咲かせますが、、、

そのうちまた塔談義がしたいものです。
2014年06月02日 23:11
◇ぶんなさん

こんばんは。
園芸品種の華やかさも素敵ですが、ここ数年、私も原種にしかない潔い美しさのようなものに惹かれるようになりました。いうなれば雑草はすべて「原種」のようなものですね。 雑草と見れば、目の敵のように思いがちですが、良く見れば可愛らしい花もたくさんあります。今年は例年に比べウスバシロチョウが多いような気がしていたのですが、蝶の食草がムラサキケマンと知って納得です。一隅にムラサキケマンが群生している我が家の庭は、ウスバシロチョウにとっては格好の場所ということなのでしょう。名前の通り、紫色の花をつけるムラサキケマン、群生するとなかなかきれいです(*^^)v

トマトは大好きですよ!最近は果物かと思うほど甘いものや、形の可愛らしいものがたくさん出回っていますね。色もオレンジ色や黄色もあってカラフルです。
緑色のトマト、実をつけるのが楽しみです。
2014年06月02日 23:23
◇yuriさん

こちらではお久しぶりですね(^^♪
コメントありがとうございます。
オンファロイデス、咲きましたよ!寒いとお星さまが消えてしまうかもしれない、とおっしゃっていたのはyuriさんでしたかしら?
ブルネラの空色とも違う、鮮やかな青は、まだ株は小さいのですがよく目立ちます。嬉しいことに、もう一株も出てきました!こちらはまだとても小さくて今のところ葉っぱだけです。オンファロイデスって種で増えてくれたら嬉しいのですが・・・

>我が家のオンファロデスよりも背が高そうです。

植物って近くの植物と競い合うようにして伸びるのかもしれません。
我が家のオンファロイデスはブルネラと張り合っているのかしら♪
こぼれ種で増えたオルラヤ、一部を移植したのですが、広々していてさぞ大きくなるだろうという予想を裏切って競争相手がいない移植組のほうが、なかなか大きくならないの(;'∀')
2014年06月02日 23:35
◇さえさん

>どんどんお庭のページがめくられて行きますね。

まさにおっしゃる通り(*^^)v
写真ばかりたまってブログが追い付かない状態です。

お弁当には赤いトマト!これは正解ですね。
赤い色があるとお弁当がおいしく見えます(^^♪
緑いろのトマトというと、ピクルスなどに使う未熟なものを連想しますが、完熟しても緑色、というのは私も初めてです。
このトマトをくださったのは、東京から就農のために原村に移住した青年です。今までのお仕事とは180度変わった農業に汗を流しています。こういう若者がもっともっと増えてくれると嬉しいですね。

さえさんの塔はノートルダム・・・・
わあ、もしかして京都ノートルダム?? 知りませんでした。
私がノートルダム寺院の塔の上からパリの街を眺めたのは、もう30年近く昔の半紙です(笑)
2014年06月02日 23:40
◇HTさん

テレビの気象情報をみていると、松本も暑そうですね。
こちらもいきなり気温が上がって、花も一気に咲き始めました。
今日気が付いたのですが、アカシアにもいっぱい蕾が付いています。たぶん地下茎で生えてきた木だと思うのですが、アカシアってすぐ大きくなるんですね!
今年はアカシアの花の天ぷらが食べられそうです(*^^)v
2014年06月02日 23:46
◇しっぽさん

こんばんは♪
ドクダミってずいぶん名前で損をしているような気がします。
花はあんなに可愛いのに! 匂いだって、いうほど気になりません。
十薬という別名があるくらい薬効もあるのに、ドクダミという名前のインパクトが強すぎるのか、いつまでたっても日陰者でかわいそう。
反対にブライダルベールという名前は素敵ですよね。絶対この名前で得してると思います(*^^)v

>そのうちまた塔談義がしたいものです。

すごく楽しみにしています。思いついたらいつでもどうぞ。熱烈歓迎!!!
カタナンケ
2014年06月03日 13:18
オンファロイデス、、?? 
知らないけど大好きな青の 素晴らしくかわいい お花でsね
わすれな草の背が 高いバージョン?的かしら
種がとれると いいなあ~( なにを 考えているかな?)

緑のトマトも興味あり、、
そんなにたくさんの収穫ができる 品種なの?
なんて名前かしら、、
カタナンケ
2014年06月03日 19:33
ちょうど うちのドクダミが満開なので
アップしましたよ~
みてちょ~
2014年06月03日 20:18
◇カタナンケさん

オンファロデス、気にいていただけましたか?
我が家のオンファロデスはまだ小さいのですが、大株になったらさぞ見応えがあるでしょうね。寒くなると地上部は枯れこみますが、根の部分はしっかり越冬するようです。条件があえば、こぼれ種で増えるということなので、今年は私も期待しています!(^^)! カタナンケの種は採取できなくてお分けすることができませんでしたが、もしオンファロデスが無事に種をつけたらお送りします。オンファロデスの種って、まだ見たことがないのですが、中央部分にある窪みがおへそに似ていることからつけられた名前だそうです。おへそに似ている形って、どんな形なんでしょうね(*^^)v
花も草丈も、勿忘草より一回りくらい大きいような気がします。花の色もスカイブルー忘れな草より、鮮明な青です。

緑のトマト。名前はなんていうのかしら。今度聞いてきますね。
2014年06月03日 20:21
◇カタナンケさん

満開のドクダミ!
これからお邪魔しますね(^^♪
ANNA
2014年06月06日 21:52
aostaさんのお庭の写真を拝見するのを、楽しみにしています。
ひっそりとした風情の可憐な花がたくさん。
そういえばaostaさんの以前の記事で、「昔ガラス」にさしてあったお花も
小さな可愛らしいお花でしたね。
素敵な写真と共に、「昔ガラス」という響きが印象的だったんです。
ふっと思い出しました。
2014年06月07日 06:02
◇ANNAさん

おはようございます。
昔ガラスの記事を覚えていてくださってありがとうございます。
みんな自分が書いたものなのに、お気に入りの記事ってあるんです。
「昔ガラス」の記事は私も好きなのでとても嬉しいです。

今我が家の窓辺には、エゴポディウム(岩みつば)、ヒメジョオン、黒ふうろの花が飾られています。2.3日小雨が続いて、庭は目に沁みるような緑です。

この時期になると花の記事ばかりになるので、退屈していらっしゃる方もおいでになるのでは?と思っておりましたので、「楽しみにしている」というANNAさんの言葉に勇気をいただきました(^^ゞ。 庭の写真、続きます!

この記事へのトラックバック