「音楽の持つ不思議な力」 終わりました




3月27日、諏訪市のコンサート・ギャラリー「風我」での「心とからだの健康フォーラム」
おかげさまで無事終了いたしました。


今回の会場は、築100年の古民家に手を入れたという「風我」。
外観は昔ながらの民家そのままですが、内装はクラシック・モダン。
響きも素晴らしい、素敵なコンサート・ホールです。

お客様がお揃いになったところで、まずはウェルカム・ミュージックでお出迎え。




画像

Duo Aquarius (ヴァイオリン:高橋妙子 リコーダー:武藤哲也)




続いて高橋和子さんによる講演。
実際に身体を動かして、胸郭や横隔膜を意識することで、「呼吸」が変わる。
呼吸が変わることで身体や心が変化する。
小柄でほっそりとした和子さんのお声は、マイクなしでよく通ります。
身のこなしも軽やかで、何より若々しくお美しい和子さんの秘密は呼吸法にあり?
これはぜひとも彼女に見習わなければ!



画像




レクチャーを挟んだティータイムの後は、コンサートの第二部。
伸びやかなヴァイオリンの音色が、ホールの空間に心地よく広がります。
ソプラノリコーダーをはじめとする高音リコーダーの響きも、耳に優しく、丸く響きます。
そして低音リコーダーは、深く豊かに歌います。
リコーダーとヴァイオリンのデュオは初めてというお客様がほとんどだったと思いますが、
コントラバス・リコーダーの通奏低音での「G線上のアリア」という演奏も初めての試みでした。
会場によっては音が沈んでしまうこともあるコントラバス・リコーダーですが、
うれしいことに、このホールでは本当に気持ちよく響きました。


画像






                        ◇ プログラム ◇

  Duo Aquariusによるウェルカム・ミュージック

        モーツァルト         「アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525」より第2、第3楽章
        アメリカ民謡         「赤い河の谷間」・「オクラホマ・ミキサー」
        フォスター           「おお スザンナ」
        ヘンデル           「水上の音楽」より ホーン・パイプ  




  心と体の健康フォーラム「音楽の持つ不思議な力」   


        心感性教育研究所主催 高橋和子


  
  Duo Aquarius コンサート

        テレマン            「リコーダーとヴァイオリンのためのソナタ」TWV 40:111
        バッハ             「メヌエット」・「管弦楽組曲第3番」より アリア
        モーツァルト          「ピアノ協奏曲第20番K.466」より 第2楽章
        ヨハン・シュトラウスⅡ
         &ヨーゼフ・シュトラウス 「ピツィカート・ポルカ」

        ディズニー映画より     「星に願いを」・「チムチムチェリー」

        「アメイジンググレイス」・「浜辺のうた」・「今咲き誇る花たちよ」







お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました。
これからもDuo Aquariusを、どうぞよろしくお願いいたします。  
                       

画像




画像






画像




画像

ザイラー・ルーブル186  ドイツ





風我の雰囲気を知っていただきたくて画像を大きくしてみましたが、ちょっと大きすぎたかしら?




武藤哲也リコーダー&オカリナ教室はこちら → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html 






この記事へのコメント

2014年03月28日 17:10
いい雰囲気ですね
飾り床が いくつもあって
迎賓館のようですね
音が聞きたい、、、
2014年03月28日 17:44
◇バクさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
飾り床に言及して下さり、嬉しいです。素敵ですよね。
軸は桜、お隣の漆喰壁のニッチ(日本語ではなんというのでしょうか?)には内裏雛と、季節のしつらえもゆかしいホールです。今月上旬、初めて伺った時は隣接する駐車場が雪で真っ白でしたのに、昨日はその雪も解け春の陽気となりました。
どんなに響くホールでもお客様が入ると、音が吸収されて残響が少なくなるのが常なのですが、このホールは不思議なことに、お客さんが入られた後も、ほとんど響きが変わりませんでした。その意味では貴重なホールです。
もう少しお近くでしたらおいで頂けますのに、本当に残念です。
ぶんな
2014年03月28日 19:45
画像、私にはこのぐらいでちょうどです。
毎朝歩きながら、昨日から呼吸を大いに意識しています。肺が、血液が、体全体がきよめられます。意欲にもつながっていますね。
それにしても、コントラバスリコーダー、もし解説がなかったら、果たして何人が、これがリコーダーだとわかるでしょうか。かなりの肺活量を要するかと。すごい楽器があるものです。
HT
2014年03月29日 00:17
こんばんは。
素敵な会場ですね。こんなところでコンサートをゆっくり聴いて講演もあって。素敵なコンサートになって、よかったですね。
画像の大きさは、私はつまらない写真でも全部大きくしています。大きい方が見やすいです。
2014年03月29日 06:42
◇ぶんなさん

おはようございます。

>画像、私にはこのぐらいでちょうどです。

ああ、よかった。ちょっと主張しすぎかしら、とも思ったのですが、やっぱり大きいほうが見やすいですよね(^^♪
呼吸にしても、血流にしても、普段意識しないところに気持ちを向けることで初めて気が付くことがあります。先日のコンサートでは「音」に対して同じ経験をいたしました。コントラバスリコーダーは写真で見るとまるで床柱みたいでしょ?いつもの愛称は「煙突」ですが、これからは「床柱」に改名してもよさそうです(笑)
これだけ大きな楽器になりますと、かなりの息が入りますので、長時間コントラを吹いていると酸欠で頭がくらくらすることがあるようです。見て、聴いて、びっくりという意味では、コンサートなどで一番インパクトのある楽器です。
2014年03月29日 07:50
◇HTさん

コメントありがとうございます。
そういえばHTさんがアップなさっているお写真のサイズもこのくらいでしたね。やはり大きいほうが見ごたえがあります。

>素敵なコンサートになって、よかったですね。

こじんまりとしていますが、音も雰囲気もとても良い会場でした。おいでいただいた皆様にも、ゆっくり寛ぎながらコンサートをお楽しみいただけたことと思います。
ドイツ製の美しいピアノが和の空間に違和感なく溶け込んでいますでしょ?
2014年03月29日 22:26
名前もステキ!「風我」おしゃれですね~! そしてバックも季節感たっぷりで和みますね。 画像、大きくないですよ。優雅で楽しそうな雰囲気がよく伝わってきました。 
2014年03月30日 07:43
◇mintさん

おはようございます。
「風我」と書いて「ふうが」。風雅にもフーガにも通じる、いい名前ですね。
後ろの飾り棚も素敵でしょう?お内裏様のほかに、縮緬で作ったウサギもいました。着物を粋に着こなしたお洒落なウサギなんですよ。
mintさんでしたら同じようなものを作りたくなるんじゃないかしら(^^ゞ
ティータイムのクッキーは妙子さんのお手製。たっぷり大きくて噛みしめれば噛みしめるほど味わい深いオートミールクッキーでした。
coco
2014年03月31日 00:21
Duo Aquarius の演奏、とても優雅で繊細で楽しいひと時でした。
息もピッタリ!!
素敵なホールでしたし、心とからだの健康フォーラムのレクチャーもホッと和むお話を聞けて心地良かったですよ♪ ありがとうございました。
2014年03月31日 06:40
◇cocoさん

その節はありがとうございました。
お忙しいところお出かけいただき、感謝です。今回のデュオが皆様に好評で本当に良かったです。音量もデュナーミクもずっと優位にあるヴァイオリンですが、この演奏会ではリコーダーも良く響きましたね。和子さんのお話も、柔らかな語り口と、時に笑いを誘う話術に引き込まれました。さて次回はいよいよココットヴィレッジに場所を変えてのレクチャー、お手伝いに伺います。

この記事へのトラックバック