消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKからの電話?!

<<   作成日時 : 2013/11/01 06:20   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 18




ある朝、電話が鳴って受話器を取った。
ここまでは普通の反応です。

ところが先方は「NHK長野です。。。」と、のたまう。
NHK? 受信料はきちんとお支払いしている。
直接電話をいただく心当たりはない。
過去において、コンサートなどの記事が新聞に掲載されたあと、不審な電話がかかってきたこともあって、
この手の電話には警戒心が強い私である。
いったんは新手の詐欺かと思ったのだが、今回はチト様子が違う。


「実はご主人様にテレビ出演をお願いしたく、お電話を差し上げる次第です。」
テレビ出演の依頼、ですか??
「以前、新聞でご主人様の記事を拝見し、一度取材させていただきたいと思っておりました。」
とは、確かに妙齢のNHKアナウンサー、本間さんのお声である。
ここで急遽、Pに電話を代わった事は言うまでもない。




画像





ということで、P氏、テレビ初出演!
いや以前も一度テレビ番組の取材はあったが、それは地方のケーブル放送番組だった。
ならば、NHK初出演、と言うべきか。



NHK長野で正午前に毎日放映される20分番組「ひるとく」
この時間帯にテレビをつけることはないので、あまり見る機会はないのだが、番組名は知っている。
暮らしに役立つアイディア、イベント情報、各分野で活躍する旬の人などの紹介番組だ。
各曜日ごとにテーマが違っていて、今回Pにお声がかかった火曜日は音楽がテーマだという。

リコーダーにかける思い、プロ転向への経緯、これまでのコンサート内容と、これからの予定などについてのインタビューに加え、番組冒頭と途中で2曲、リコーダーの生演奏をさせていただくこととなった。
ありがたいお話である。
出演料・交通費は出ないとはいえ、音楽で身を立てているものにとって、名前と顔を知っていただく事の意味は大きい。
つい先だってもPと二人、スーパで買い物をしている時に「新聞で見ましたよ♪」とお声をかけていただいたばかりだ。

音楽が好きで、演奏が好きで、やむにやまれぬ事情からリコーダーのプロになったPである。
リコーダーという楽器の魅力を大勢の人に知ってもらいたいという想いは強い。
演奏会のプログラムをバロックだけに限定せず、いつかどこかで聞いたことのあるクラシックの名曲や、
懐かしい思い出につながる曲を演奏をさせていただくのも、たくさんの人にコンサート会場まで足を運んでいただきたいが故である。

多くの家庭で、(それももしかしたら押入れの片隅で)忘れられたまま転がっているかもしれない、リコーダー。
数にすれば一体どのくらいになるのだろう。何とももったいない話です。
演奏会に来て下さった方たちに、もう一度、懐かしいリコーダーの音色を思い出しいただけたら・・・・
また吹いてみようかな、と言う気持ちになっていただけたら、さらにも嬉しい。
中世・ルネサンスの音楽からスタジオジブリの曲まで演奏してしまう、リコーダーと言う楽器の本当の魅力を伝えたい。
それがPの切なる願いでもあります。



で、肝心の放送日はと言えば・・・・。


じゃ〜ん!

11月5日(火)11:40〜12:00  NHK長野 総合 
ひるとく Nミュージック 「変幻自在のリコーダー奏者 武藤哲也さん」



でも国会中継が入ると放映中止だそうです(;一_一)
ひたすら国会中継が入らないことを祈りつつ、当日に備えてスタンバイしてるPであります。
自分のオットに「さん」づけは妙ですが、一応番組タイトルがそうなっておりますので、悪しからずお許しのほど^^;





皆様、お時間がありましたら是非この時間、NHK長野の総合にチャンネルを合わせてみてください。




★武藤哲也リコーダー&オカリナ教室はこちら → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html 







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

嬉しいニュースですね!

放送は何時かいや五日!
本番の次の日「です!

しかし どうやって?長野放送・・・?

リコーダーは苦手なんでちゅ。フエは苦手なんでちゅ。
ハモニカも苦手でちゅ。
甘酸っぱい想いで・・・
しっぽ
2013/11/01 09:18
え〜!凄い!!おめでとうございます。 でもここでは見られないかな・・ 軽井沢の従姉妹に頼んで録ってもらおうかな? aostaさんはドキドキでTVの前でしょうね。
mint
2013/11/01 20:34
“敵”が国会中継とは、何ともでかいはなしです。aostaさんの思いが通じるといいですね。P氏の音楽、リコーダーはほんまもん。リコーダー演奏もそうですが、内蔵されている音楽理論を開陳する場があるといいですね。
ぶんな
2013/11/01 20:36
◇しっぽさん

本番の次の日・・・
いよいよメンデルスゾーンですか?
遠くからですが、成功をお祈りしています!
NHKはNHKでも全国放送に出るようになったらこれまた凄い話ですが、ローカル局なので、県外の方にはご覧いただけないのが残念です(;一_一)

しっぽさん、管楽器は苦手ですか?
甘酸っぱい思い出・・・・気になりまちゅ!
aosta
2013/11/01 21:55
◇mintさん

こちらにもコメントをありがとうございました。

なんだか知らないところで話が進んで、こういうことになりました(笑)
当日は、私も主人と一緒に長野まで出かけます。
収録スタジオでの見学ができそうなので、楽しみです♪

>軽井沢の従姉妹に頼んで録ってもらおうかな?

軽井沢方面でもコンサートができればいいな、と思っています。
どこかいい場所がないか、探してみますね♪
aosta
2013/11/01 22:12
◇ぶんなさん

今日の午後、NHKの担当者から、国会中継は入らない予定という連絡をいただきました。
これで一安心・・・・???
果たして「安心」と言えるのか?
5日と言えばもうじきです。見学とは言え、私はやっぱり緊張します。
出演者であるPはどうかしら、と様子を伺えば冷静に準備をしているようです。
aosta
2013/11/01 22:16
「エリア」は四日で pさんは五日 
ふむ 本番が続きますね。

管楽器はちょっと苦手意識があります。
だって フルートもサックスも音出なかったんですもん。
その点ヴァイオリンは楽勝っす!

むかしあるオケで裏方やってた時
みんなで管楽器向きか弦楽器向きかとか勝手にいってました。

「あの顔はチューバだ!」とかね。
わたしは完全に弦向きらしいです。

パパりん まさに管むきー!(失礼)
しっぽ
2013/11/01 23:04
私は、「ひるとく」をよく観ています。
先日は、長野のケーナ奏者の女性が出ていました。
あいにく5日は日勤で「ひるとく」の時間は勤務中です。
録画して観たいと思います。
録画予約を忘れないようにしなければ…。
ご主人の演奏、今から楽しみです。
九想
URL
2013/11/02 02:12
◇しっぽさん

おはようございます。
再コメント、うれしいです♪
管楽器の場合、マウスピースやアンブシュアに慣れるまで、なかなか音が出ないようで、皆さん苦労されると伺っています。その点同じ管楽器でもリコーダーなどは、息を吹き込みさえすれば音が出る、という意味では簡単な楽器です。教材として取り上げられた理由も、まさにそこにあるのでしょう。ヴァイオリンもある意味同じ。弦を弓でこすれば、音は出ます。でもリコーダーにしてもヴァイオリンにしても、音楽的な音を出すためには、良い耳と訓練が必要だと思います(^^♪

ふむ。しっぽさんは弦向きのお顔・・・
確かに「顔」で楽器をイメージすること、ありますね(^^ゞ
だからと言って楽器からその具体的なイメージを思い描くことは、難しい。
Pは管向きの顔ですか?いつも見慣れてあんなもんだと思っているので、特に向き不向きまでは意識したことがありませんでした(笑)
aosta
2013/11/02 06:14
◇九想さん

おはようございます。

ひるとく、観ていらっしゃるんですか♪
録画してご覧いただけるとのこと、とても嬉しいです。
テレビ出演と言えば聞こえはいいのですが、いいことばかりではないような気もしますが、この際ですから、良いことだけを期待して、本番に臨みたいと思います。
あれからNHKから、当日の細かいレジュメが送られてきて、Pはリコーダー譜の作成やら、とうじつ使うCDの作成やらに追われて忙しくしています。
私は、今回運転手として、送迎だけすればいいので気楽なものです(^^ゞ

番組をご覧になられたら、ぜひ感想をお聞かせ下さいませ。
aosta
2013/11/02 06:19
わあ〜 出演おめでとう〜
なんたって 天下のNHK だからね、、そのうち
全国ネットよ〜
こちらでは 映らないのかな、、
残念だわ〜
むかし NHKのラジオの取材をうけたことあったけど
それでもどきどきだったから テレビはもっと
緊張するわね、、
でも コンサートでいつも 大勢の前にたってらっしゃるから
平気かしらね?
カタナンケ
2013/11/02 09:58
◇カタナンケさん

こんばんは(^^ゞ

>わあ〜 出演おめでとう〜

ありがとうございます。なんだか訳が分からないうちに、こんな展開になりました^^;
多趣味と言うばかりでなく、それぞれに精進して趣味の域をこえていらっしゃるカタナンケさん。ラジオ取材の内容が何だったのか、気になります。

>でも コンサートでいつも 大勢の前にたってらっしゃるから平気かしらね?

Pは、見かけによらず「あがるタイプ」です。
何回やっても、本番は緊張するみたいですよ(^^ゞ
aosta
2013/11/02 22:27
これは観ようと思ったら・・・NHKと言っても長野限定なんですね。こちらの番組表にはなくて残念です。 そのうち全国ネットで放映されると良いですね!(^^)!
ぬえ
2013/11/04 20:58
◇ぬえさん

コメントありがとうございます。
そうなんです。NHKはNHKでも長野限定(^^ゞ
全国ネットなど、夢のまた夢の話です(笑)
テレビでの放映もいいことばかりではないでしょうし、喜んでばかりはいられないような気もします。好事魔多し、とはよく言われることですが、気持ちを引き締めて精進したいと思っております。
aosta
2013/11/04 21:58
毎日バタバタしておりまして、録画することを忘れてしまいました。
九想
URL
2013/11/08 01:48
◇九想さん

おはようございます。

>録画することを忘れてしまいました

残念ではありますが、よくあることです^^;
検診やらないやらでお忙しかった事は、そちらにお邪魔して知っておりました。
ご縁があれば、いつかまた別の意買いもあろうかと思います。
因みに演奏したのはオープニングにルロイ・アンダーソンの「トランペット吹きの休日」をソプラノリコーダーで。あとはコントラバスリコーダーによる「さくらさくら」。武藤編曲ジャズバージョンでした。九想さんはバロックの曲をイメージしてらしたのでは?と思います。主人としては、みんなが知っている曲、みんなが楽しんでくる曲という理由で選曲したようですが、おかげさまで反応も良かったようです(^^♪
aosta
2013/11/08 05:31
8日に「ひるとく」を観ていたら、
「『秋のコンサート 〜リコーダー&チェンバロ〜』
  2013年11月9日[土] 開演14:00〜 康耀堂美術館」
のお知らせをしていました。
リコーダーを吹きたいです。
今持っているのは40年ほど前に買った2万円ほどのものですが、
つなぐところのコルクがスカスカで空気がもれてしまいます。
ケーナで「涙のパヴァーヌ」を吹いたりしています。
九想
URL
2013/11/10 10:15
◇九想さん

>8日に「ひるとく」を観ていたら・・・

前日にもNHKがお知らせをして下さったとは知りませんでした。
明日にはコンサート終了のブログをアップしたいと思っておりますが、おかげさまで大勢のお客様がお越し下さいました。テレビを見ておいで下さった方も何人かいらしたようで、ありがたい事です。お天気が一番心配でしたが、当日は気持ち良い秋晴れとなり、支障なくチェンバロの搬入・搬出ができたこともやれやれです^^;

>リコーダーを吹きたいです。

お手元に楽器があるということですから、再開なさったらいかがでしょう。
ジョイント部分のコルクが痩せてスカスカということですが、主人に聞きましたら、ホームセンターなどで売っている薄いコルクを巻いて貼れば空気は漏れなくなるのでは、という事です。修理に出すより、時間もお金もかかりません(^^ゞ

>ケーナで「涙のパヴァーヌ」を吹いたりしています。

「涙のパヴァーヌ」については、以前、九想さんのブログで拝見したことがございます。
思い出の曲なんですね。美しくまた懐かしい曲ですから、お好きな方も多いと思います。
今回のコンサートの第二部では、アルト・リコーダーとチェンバロで「コンドルは飛んでゆく」を演奏したんですよ(^^♪ ケーナもリコーダーも「風の楽器」ですから、共通した情緒がありますよね。
aosta
2013/11/10 22:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHKからの電話?! 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる