夜明けの鳥





                      森も庭も 目覚める前

                      空気は青く 風もまだ眠る時間


                      静寂の 向こう側から

                      夜明けの鳥たちが

                      鈴を振るように 呼び交わすので

                      朝は ゆっくり 

                      深呼吸しながら 目を覚ます






画像



 

                       鳥たちに 優しく急かされ                   

                       凪いだ海のような空に 風が立つ

                       そして 朝は こっそりと欠伸をする

                      

                      

                      












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年07月19日 16:52
静寂の朝……。
緑が豊かな夏の朝のイメージは久しいです。
ワタシの朝は
ヤシの木と中央分離帯のある通り、そして、海と空。
ここまで、違うのだなっと実感。

こっそりと欠伸、いいなっ(シンプルな笑い顔の絵文字を入れたい)。
ぶんな
2013年07月19日 19:06
朝をとても大切にしていらっしゃるaostaさん。
自然の息吹に耳をすまし、朝のそちこちのさざめきをしずかに受け留めていらっしゃる。爽やかな朝の目覚めですね。コメントのお返事も、よくこの貴重な時間を割いていただいておりますね。有難うございます。、
カタナンケ
2013年07月19日 20:05
早朝の 空気は格別ですね、、
どんな都会の真ん中でも 夜のうちに浄化され
清らかで 澄んだ空気が漂ってますね~
わたしは 早起きに弱いから
ずいぶん損をしているのでしょうね~(三文の 損、、)
しっぽ
2013年07月19日 22:05
いつもながらの慌てもの。

夜明けの烏 と取り違えてしまいました・・・
ご容赦!

でも明けの烏って言葉がどこかにあったような・・・
勘違いでしょうね。
烏という字が好きなんです。

お写真はもやっとした感じが素敵ですね。

早起きが苦手の私の知っている夜明けは
眠れなかった夜がとりあえず出してくれる証明書のようなもの。
詩には残念ながらなりません。
寝不足の目で外を見ながら「ああ やっぱ地球回ってんだ・・」
↑に同じです。
2013年07月20日 04:09
軽井沢はまもなくカッコウが鳴き始めます。
明るくなるころでしょうか。
この2・3日、ホトトギスが元気がいいです。
私は、鳥たちの声で目覚めることがしあわせと思っています。
2013年07月20日 12:55
こんにちは^^
写真は朝のひんやりとした
すがすがしい空気を想像させますね!
鳥たちの声が聞こえてきそう・・・

ちなみに我が家の
インコ(チャーリー10才)と
愛犬(ハリー7才)は
私より起床時間が遅いです^^
2013年07月20日 23:30
◇La pieさん

>ヤシの木と中央分離帯のある通り、そして、海と空。

デュフィの作品に同じような風景がありましたね。多くの場合、写真より絵画の方がより印象的に記憶に残るのは、絵画には写真にはないデフォルメがあるからでしょうか。
デュフィの作品でも、黒っぽまでに青い海の色、リズミカルに並んだ椰子の並木が描かれていましたが、あの場所はもしかしてニースだったのかしら??
海岸線に近い場所での朝もまた素晴らしいのでしょうね。山に住んでいると、海が本当に特別な場所のように感じてしまいます。おっと、訂正!「特別な場所のように」ではなく、確かに「特別な場所」なのです。
2013年07月20日 23:37
◇ぶんなさん

夜明け前後の森や庭の佇まいが好きなのです。夜でもない、朝でもない、まだ光が影響を及ぼすことができない時間、どこにも属さない場所、といったイメージが好きなのかもしれません。私という存在さえ、危いものとしか感じられない不思議な時間でもあります。朝、目覚めてまずコーヒーを入れ、コーヒーカップを片手に庭をひとめぐりする時間は至福のひと時です。
2013年07月21日 10:48
◇カタナンケさん

>どんな都会の真ん中でも 夜のうちに浄化され

この感覚、確かにありますね。
夜空の月や星の青い光が、熱せられた都会の火照りを鎮めてくれるのかもしれません。
高層ホテルの客室から眺める大都会の夜明けは、一瞬の休息を感じる静寂の時でもありました。都会であれ田舎であれ、等しく朝はやってきて、私たちが清々しく目覚めることができる。幸せなことです。
2013年07月21日 10:59
◇しっぽさん

「鳥」と「烏」最近は、よくよく眺めないと違いが判別できないのですが(笑)、一本の線があるかないかで、トリがカラスになるのは愉快ですね。
烏という字を意識したのはE.A.ポオの「大烏」を読んだ時でした。ドレの挿絵とともにNevermore(二度とない)という言葉のリフレインに眩暈を覚えたものです。

以前住んでいたところではカラスの騒ぐ声で目が覚めることもままあったのですが、現在の住まいでは、朝からカラスの鳴き声を聞くことはあまりありません。同じ鳥の声でも烏の鳴き声で目が覚めるのは、遠慮したいところですね(笑)
2013年07月21日 13:53
◇九想さん

>私は、鳥たちの声で目覚めることがしあわせと思っています。

ああ、私も本当にそうですね。
贅沢をいうならば、雨の音を聞きながら眠りにつき、鳥の声で目覚めたい(^^♪
果てしなく遠い場所から響いてくるかのような郭公の声は、まるで森の中を沁み通る木霊のようだと思います。
鳥の声、雨音、木の葉のさやぎ・・・
都会の喧騒の中では見失われることの多いこれらの響きを普通に楽しめることはなんて幸いなことでしょう。
2013年07月21日 14:00
◇earybirdさん

ガゼボにつるしたバード・フィーダーびいつの間にかボタンヅルが絡まって素敵な雰囲気になりました。実は写真を撮ったのは、午前中とは言え、早朝ではなかったのですが、雨上がりだったことが幸いして空気感のある画像になったかと思います。
日中はさすがに30度近くまで暑くなりますが、今朝7時の気温は10度でした。
夜明けとなれば当然10度を切ります。清々しい、を超えて寒いかも^^;
インコやワンちゃんがお寝坊なのは、安心しきっているからなのでしょうね。幸せなチャーリー君とハリー君です。
2013年07月21日 17:19

ニースです。
ワタシとしては、シャガールのニースの方がぴったりきます。

九想さんのコメントで、YouTube を検索。
ホトトギスって可愛い鳴き声なんですねえ。
こちらの朝の鳥は、メールって名前。
木とか建物のテッペンで、元気よく鳴く子です。
2013年07月22日 01:36
la pieさん、こちらでもこんばんは。

私の名前がありましたので割り込みます。
ホトトギスって、ほんとうに、
「トウキョウトッキョキョカキョク」
ってなくことを軽井沢で初めて知りました。
2013年07月23日 05:31
◇la pieさん

なんと、ニースにはシャガールの美術館があるのですね!コメントを頂き、「シャガール・ニース」で検索して初めて知りました。晩年のシャガールが南仏に住んだことはぼんやり記憶していましたが、ニースだったとは。思い起こせば、ニースではないにしても、多くの印象派以降の画家たちが南仏を愛し、移り住んだのは、南仏の光や風景に魅了されてのことでした。la pieさんは、なんて素敵な場所にお住まいなのでしょう(^^♪

メールとはどんな鳥なのかいろいろ想像しています。
木のてっぺんで鳴くということならホオジロも同じですが、添付URLで確認していただけますか?
2013年07月23日 05:37
◇九想さん

おはようございます。コメントありがとうございました。
la pieさんとは九想さんから頂いたご縁です(^^♪ 割り込み大歓迎ですよ。

「トッキョキョカキョク」
本当にそんな風に聞こえるから笑ってしまいますね。「テッパンハゲタカ」とも聞えます(笑) ホトトギスの鳴き声とは知らないまでも「トッキョキョカキョク」と鳴く鳥、と言えばご存知の方も多いのではないかしら。
かげっち
2013年07月23日 11:17
ごぶさたしています。春には近くまで行きながら、いま会わなければいけない方が多すぎて、そちらまで足を延ばす時間がありませんでした。限られた時間を意識するこの頃です。しかし、どのような命にも神様は等しく日を昇らせ、雨を降らせ、鳥の声を注ぎます。
2013年07月24日 05:25
◇かげっちさん

おはようございます。
こちらこそご無沙汰しておりました。
その後、いかがお過ごしですか? 退院なさったとはいえ、すぐに元通りの生活が再開されるわけではないことは承知しておりましたが、御旅行ができるという事は気力の面では充実していらっしゃるのだと勝手に想像しておりました。5月には「もしかしたら連絡を下さるかもしれない。」と内心心待ちにしておりました。またのご縁に期待いたします(^^♪

雨のように、陽の光のように、一斉に降り注ぐ鳥の声。
一体何種類の鳥が鳴いているのか判別できないほど、賑やかに、そして嬉しげに、新しい朝を寿ぐ鳥たちのさえずりを聞いていると、悪いのは人間だけではあるまいか、という気さえしてきます^^;
2013年07月24日 14:58
aosta さん、写真が撮れたら紹介しますね(ホオジロじゃないのです)。
メール、大きさはヒヨドリ(尾羽長め)、色は真っ黒(メスは若干茶色っぽい)。また、オスの嘴は鮮やかな黄色(メスは地味め)。
野生だけれど、人懐っこくって目が合うと「いるよっ」って顔。
ウチの窓の下(お隣の芝生)がテリトリーらしく、午前中はお食事タイム。大きなミミズを引っ張り出してて、こちらが驚かされてます。
暑さのせいか、ここ数日、姿を現さなくて残念。

2013年07月25日 07:18
◇La pieさん

ホオジロではない・・・
ますます気になります(笑)
ヒヨドリと同じくらいの大きさという事は、結構オオモノですね。
また名前がわかりましたら教えてください。

追伸「錆びる心」読み終わりましたよ(^^♪
またお邪魔させていただきますね。
2013年07月25日 08:03
こちらでの呼び名「メール」は、日本にはいないかも?
で、ヒヨドリをネットで見たら体型・嘴の形はとても似ているのです。
でも、一回り小さいですね。27cmはない。
真っ黒に黄色の嘴でお洒落な鳥なんですよね。
なので、見ていただきたいの。
ノウゼンカズラ、フラ語では Bignone de Chine ビグノン デュ シン でした。
2013年07月25日 08:22
◇la pieさん

>真っ黒に黄色の嘴

一瞬、九官鳥を思い描いてしまいましたが、もちろん違いますよね(笑)
もしお庭に来ることがあったら、お写真に撮って見せて下さいな。

Bignone de Chine
ビグノン デュ シン と声に出して言ってみました。
なんだか違う花のような気がします(笑)。名前の最後にあるChineって、もしかしたらChinaの意味かしら。
そう思うと、中国の陶器の絵柄にもありそうな東洋的な雰囲気がしてきました。
しっぽ
2013年07月25日 09:58
蒸し暑いだけの風情のない東京の朝・・・
おはようございます。

鳥や花のお話は素敵ですね。
むかしは鳥こわかったんですが モザイクを知ってから好きになりました。
メール というのは 確かあの 「さくらんぼの実のなる頃」というシャンソンに
出てくる 黒つぐみ merle かもしれません。向こうでは一般的(向こうってどこ?)と聞いた記憶もあります。
のうぜんかずらは確かに支那って感じがします。 
2013年07月25日 10:03
爽やかな高原の朝を想像させる内容でしたね~。このところ異常なくらいの蒸し暑さでしたから、高原の透き通った爽やかな空気が恋しいほどです。 軽井沢も日中は暑いよ~・・溶けちゃうよ~って言ってました。
2013年07月25日 23:03
◇しっぽさん

黒つぐみ 、早速調べてみました。
身体は黒くてくちばしは黄色い、大きさは22センチくらい・・・
Otiumさんがおっしゃっている”メール”とはこの”merle”にそっくりですね。
「さくらんぼの実のなる頃」の歌詞にも、確かに merle が出てきます。
Otiumさんはフランスにお住まいなので、merle=黒つぐみ説はかなり信憑性がありそうな気がしてきました(笑)。

調べ物ついでに、のうぜんかずらも調べてみましたら、中国原産、とありました。
中国というより、確かに「支那」といった方がぴったりですね。


2013年07月25日 23:10
◇mintさん

今年は長野県も異常な暑さです。松本でも35度ですって!!
八ヶ岳山麓、自宅付近の気温はだいたい軽井沢と同じくらい。天気予報で表示される茅野市の予想は市街地が対象で、同じ茅野市内でも標高差が400mもある当地とでは気温が全く違うのです。日中は30度前後にまで気温が上がっても、朝晩はぐっと気温がさがるのは軽井沢と同じです。特に夜など窓から入ってくる風が冷たく感じることも珍しくありません。東京の長男も早く帰省したいよ~~と首を長くして夏休みを待っているようです(^^♪
2013年07月26日 04:36

aosta さん、しっぽさん、
あの歌にあるメールです。フランス・ベルギーあたりでは一般的な鳥。
で、はっきりしました。
YouTube で発見、英名 Black bird です。
Black bird singing としてアップされてます。
黒つぐみはお腹が白くって違うと思うのですが(?)。
えっと、Chineは、お察しの通り中国。ほんと「支那」の方が似合いますね。
今朝、メールが窓からウチの中を覗いていました。
カメラって思ったら、飛んじゃった、残念。
でも、YouTubeがあるのでいいですよね。
ほんと、元気で可愛くって大好きな鳥です。
2013年07月26日 06:02
◇la pieさん しっぽさん!

おはようございます!
Black bird だったんですね!
確かに黒ツグミのお腹が白いことを、今回私もYouTubeで確認しています。la pieさんの説明では「真っ黒」とありましたね。別名クロウタドリとも呼ばれるBlack bird は美しい声で鳴く、という事ですが、ご指摘の通り、西日本の一部を除いて日本では生息していないようです。
頂いたコメントからla pieさん、しっぽさん、aostaと楽しくてさまざまなやり取りができたこと、とても嬉しいです(^^♪
ちなみに我が家のブラックバードのURLを添付いたしました。
ここで一度、ブラックバードについて調べていたのに、”merle”と結び付かなかったことが残念。

のうぜんかずらについては完全合意に至って、めでたしめでたし、でしたね。
「支那」という呼び方の方が「中国」より典雅な雰囲気がいたします(^^♪
ANNA
2013年07月27日 06:28
aostaさん

おはようございます。
鳥のさえずりで目覚める朝、気持ちよい朝の始まりですね。
さえずりに耳を澄ましていると、時間帯によって鳥の種類が違うみたいなんです。このさえずりは、なんという鳥なんだろう?と毎日同じことを思いながら
布団の中で伸びをしたりしてようやく目覚める私の朝です。

>鳥たちに 優しく急かされ
私の枕元には目覚まし時計が2つ並んでいますが、鳥たちに「朝がきたよー」って
起こしてもらうのがいいですよね。アラーム音ではなくて(笑)
aostaさんのこの表現が、うーん、素敵!


2013年07月27日 07:36
◇ANNAさん

おはようございます。
今朝はホトトギスが元気に鳴いています。鳥たちは本当に早起きですよね。午前4時、まだ真っ暗な森の中で早起きの鳥たちが盛んに囀っています。時間帯によって鳴く鳥の種類が違うというのは実感です。残念なことに、鳴き声で鳥の種類を特定できるほどの知識がないので、あれこれ勝手に想像して楽しんでいます(^^♪

>鳥たちに 優しく急かされ

夢うつつの中で遠く近く聞えてくる鳥の声・・・
本当幸せな目覚めです。

今日はブログでもお知らせしましたコンサート「サマー・コミングル」の本番、一日目です。お天気は・・・あまりよくないみたい。
曇り空でも、なんとか一日もってほしいところです。慌ただしいお返事でごめんなさい

この記事へのトラックバック