消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS サマー・コミングル@蓼科 vol.8 (2013) の御案内

<<   作成日時 : 2013/07/03 21:24   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4




毎年7月蓼科三井の森「ハーモニーの家」で開かれるコンサート、サマー・コミングルの御案内です。



   ◆日時    7月27日(土) 16:00開演 ( 開場 15:30 )   28日(日) 14:00開演 ( 13:30 開場 )

   ◆場所     三井の森 ハーモニーの家 (長野県茅野市豊平 三井の森内)

   ◆入場料   27日・28日通して2000円





画像







今回、P氏こと武藤哲也が演奏致しますのは、ブランデンブルク2番とテレマンのリコーダーソナタ変ロ長調。
ブランデンブルクでは、本来ピッコロ・トランペットで演奏されるパートをソプラニーノ・リコーダーで演奏致します。
音域はもちろん、硬質で鋭い音色はピッコロ・トランペットに勝るとも劣らず、この曲を華やかに彩る事でしょう。

2曲目はチェリスト茂木新緑の通奏低音で、テレマンのリコーダーソナタ。
N響で長い間活躍していらした茂木さんのチェロは重厚で確実。去年のクヴァンツに続き二回目の共演です。
気心の知れた茂木さんと御一緒出来ますことを今回も楽しみにしています。



コミングルでは練習も公開しております。
音楽を作ってゆく過程を見学するというのは、普通でしたらあまり経験できない事と思います。
どうぞ本番だけでなく、リハーサルの段階から音楽をお楽しみください。



画像






           プログラムについてはまだ未確定の部分もございますので、お越しの際、電話等でご確認下さい。


          ◆お問い合わせ オフィス鎌倉 0467−60−1139 蓼科(松影) 0266−76−6006





       ★ vol.7 サマーコミングル クヴァンツ「トリオ・ソナタ ハ長調」 → http://folli-2.at.webry.info/201208/article_1.html


★武藤哲也リコーダー&オカリナ教室はこちら → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html 







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あ〜・・この2日間も予定があってお伺いできません。せっかく楽しそうな演奏会なのに・・・残念です。
mint
2013/07/04 20:12
◇mintさん

今日も朝から天気予報通り、土砂降りの雨です。
こんない雨の多い夏、八ヶ岳山麓で暮らすようになってから多分初めてじゃないかしら。さすがにこれだけ降ると憂欝です。
せめて演奏会の時には爽やかな「音楽日和」であってほしいものです。
お天気が悪いと弟子が鈍りますしね^^;

>この2日間も予定があって・・・

そのうちきっと何かの偶然のようにお目にかかれることもあるかと思っています。
それはもしかしたらコンサートの場所ではないかもしれませんし、ご縁があればどこかで繋がりますから無理はしないで参りましょう♪
aosta
2013/07/05 05:35
サマーコミングルを終えてホッと一息ついていらっしゃるころででしょうか。
 テレマンのリコーダーソナタにブランデンブルク2番!聴きたかったです。
そして練習も公開されているということで、用事と重ならなければ本当に
伺いたかった...
以前、何度か室内楽の公開リハーサルを見学する機会があったのですが
その時は、フレーズに関することや躍動感のことだったかな。英語だった
ので…多分、そういうことを話していたような気がします・笑
 本番直前まで妥協せず、音楽に磨きをかける、より良い音楽を生み出そうとする演奏家の方の情熱を目の当たりにして感動したことを思い出します。

ANNA
2013/07/30 17:23
◇ANNAさん

コメントありがとうございます。

>サマーコミングルを終えてホッと一息ついていらっしゃるころででしょうか

わぁ〜ん、ANNAさんって千里眼だったんですか?
コミングルが終わって腑抜けになってしまったaostaです(笑)

華やかで大編成のブランデンブルクと清々しささえ感じられたテレマン。一見地味なテレマンの演奏に対して、思いがけずも多くの方たちから嬉しいお言葉を頂けたことは本当に感謝です。通奏低音の茂木さんとは2回目の共演。古楽の経験はあまりない、と謙遜していらっしゃいますが、素晴らしいチェロで毎回Pの演奏を支えて下さいます。それどころか通奏低音をとても楽しんでくださる。新しい経験をすることに貪欲でしかも謙虚でいらっしゃる。コミングルという場は音楽との出会いだけでなく、人生の先達との出会いでもあります。今年は若手も大勢参加して、老若男女入り乱れ(笑)ボルテージのあがった演奏会でした。

>本番直前まで妥協せず、音楽に磨きをかける、より良い音楽を生み出そうとする演奏家の方の情熱を目の当たりにして

コミングルでもリハーサルを見学できるのが一番の楽しみというお客様がいらっしゃいます。大勢の人たちが集まって一つの音楽を作り上げていく過程にはぞくぞくするような醍醐味があります。たった一言、一つの身振りで音が変わる・・・このことに感動いたします。いつかぜひ会場でお目にかかりましょう!
aosta
2013/07/31 05:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サマー・コミングル@蓼科 vol.8 (2013) の御案内 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる