消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS CD販売ショップ”Studio Papalin" オープンいたしました! 

<<   作成日時 : 2013/05/17 11:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20




こちらでは初めての御案内となりますが、P氏の音楽転向と前後して立ち上げた"Studio Papalin"スタジオ・パパリン。

事業主、従業員、合わせてふたりという(笑)、まさに家内工業。
P氏こと武藤哲也の音楽活動の企画・サポートを主たる目的とした小さなスタジオです。
いままでPが演奏、録音してきた音楽の数々をCD化してネット販売をしたいという野望は以前からあったのですが、
初めてのネット・ショップということもあり、要領が判らないまま、なかなか手をつけられずにおりました。

が、しかし!!

おかげさまで、このたび何とか開店の運びとなりました。

お店はこちらです → http://studio-papalin.com/



画像

画像




企画から演奏、録音、CD製作から販売までを、すべてひとりでやってしまう、というP氏ならでは試みです。
演奏者にして録音技師、CDの製造販売者であるPの面目躍如。
悪戦苦闘の数日を経て、ネット・ショップがなんとか形になりました。

販売第一弾として、エンシェント・ミュージック(古代音楽)からルネサンス、バロック他のクラシックだけでなく、話題のミュージカルやジャジーなものまで、バラエティに富んだ10タイトルを用意しております。

こんなCDが欲しい、こんな組合せがあったら・・・等々、ご要望などお聞かせいただけますなら、何よりの幸いです。





画像



ネット・ショップ・・・
Pも私も、全く初めての経験とあってURL公開はしたものの、やはり不安。
そんな私たちを励まして下さったのは、開店直後に頂いた、まさかの受注メール。
これは本当に嬉しい。ありがとうございます。



まだ船出したばかりのpapalin号、前途多難の航海は始まったばかりですが、大海に乗り出すことが出来ますよう
皆様のお力添えを頂きたく、御案内申し上げます。





★武藤哲也リコーダー&オカリナ教室はこちら → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
すべてお一人で作っておられるのですね!
では 自分の好きな曲だけを一枚におさめていただくことも可能でしょうか。。。
感動した曲がいくつもありました。。 あの曲達を 手元に置いておけたら幸せです。。。
たまき
2013/05/17 16:27
◇たまきさん

早速のご来店、ありがとうございます。

>すべてお一人で作っておられるのですね!

はい。演奏から録音、ミキシングからCD作り、ジャケットや曲目一覧までP氏が一手に引き受けております。私は注文が来た時のこん包と発想の手配のみ(笑)

>自分の好きな曲だけを一枚におさめていただくことも可能でしょうか。。。

もちろんできますよ(^^♪
自分の好きな曲だけを集めた特別な一枚、あったらいいな、筆頭かもしれません。
後ほどメールを差し上げますので、詳しくはそちらで(^^ゞ
aosta
2013/05/17 20:14
ネット・ショップのオープンおめでとうございます。
にさん聞かせていただきましたが、バラエティに富んでいて演奏も素晴しかったです。ただいま懐が淋しいので、余裕が出来ましたら購入させていただきます。
ご健闘を陰ながらお祈りします。
harukaeto
2013/05/18 22:15
◇harukaetoさん

コメントをありがとうございました。

ネット・ショップ開店の記事を、このブログで公開すると言う事に私も若干抵抗があったことを白状致します。本来なら、違うところでお知らせ宣伝をするべきなのかもしれませんが、以前にも書きましたように「営業担当」の私として、なるべくたくさんの方に知っていただくために、あえてこのブログで記事にさせていただくことに致しました。
そんな事情ですので、興味を持っていただけただけで、嬉しく思います。本当にありがとうございました。
aosta
2013/05/19 08:15
ショップ開店、お祝い申し上げます。
情けない話ですが、当方は倹約生活状態ですので、購入に協力をすぐにできる状況ではないのですけれど、とにかくサイトで試聴できる曲を全て踏破させていただこうと思っています。マラソン試聴です。
シューマンの「詩人の恋」やフォーレの「レクイエム」など、リコーダーからは遠いはずの曲から試聴しはじめています。
因みに、バッハのインベンションやシンフォニアなどの小品をオルガンやチェンバロで演奏している某CDを聴いたりもしています。で、オルガンとリコーダーの響きは基本的に同じであり、ベートーヴェンやブルックナーの交響曲でも、これはオルガンの響きだよなあと頻繁に思ったりすることもあったり……。
リコーダーの奏でる親密な世界に漂わせていただきます。
つまらぬコメントをお許し下さい。
Zu-Simolin
2013/05/19 17:23
◇Zu-Simolinさん

おはようございます。コメントありがとうございました。

>試聴できる曲を全て踏破させていただこうと

嬉しいお言葉をありがとうございます。でも、もしお時間がありましたら、添付URLからPの音楽サイトまで足をお運びください。こちらでしたら無料で全曲をお聴きになれます。とりあえず「詩人の恋」をURLをご紹介しますね。この季節に聴くにはピッタリだと思いますので。シューマンにしてもフォーレにしても、リコーダーの演奏と知って驚かれる方が多いのは確かですが、個人的には(と言うか、身びいきと言った方が正しいのかもしれませんが・汗)リコーダーと言う、人の呼吸<身体)に最も近い楽器は、自然で豊かな感情表現にすぐれた楽器だと思います。そして、一種類の楽器ですべてのオクターブが可能ですから、リコーダー・アンサンブルでオーケストラ曲の演奏も可能になります。リk−ダーよいう楽器を愛し、その可能性をもっと多くの人に知って戴きたい、と言うのが常日頃からPの思うところでもあります。おっしゃられるようにリコーダーとオルガンとは構造的な発音の仕組みが同じであることは、8フィートのコントラバスリコーダーの響きをお聞き下さればいっそう納得なさるかと思います。

シューベルト初め、音楽の造詣の深いZu-Simolinさんにお聴きいただくことは、緊張いたしますが、忌憚のない御意見を、お伝えくださいますなら、何よりありがたく嬉しいことであります。
aosta
URL
2013/05/20 06:11
ご丁寧にも、URLをお教えくださりありがとうございます。
あまりにたくさんあって、深い森の中に迷い込みそうですが、頑張って辿らせていただきます。時間がかかりそうですが、それが面白い。
先ずは「詩人の恋」からゆっくりと……。
ちなみに、シューベルト曲もあるなら、URLをお教えくださいますか?

※オルガン、リコーダーの鳴り響く音は、個人的に言わせていただくなら、人間の呼吸のようだと、思っております。オルガンのすごさのひとつは、そのレジストレーションもありますが、人間の声もその変化(へんげ)を真似ているのではないかとも思っています。リコーダー伴奏に、人間の声が入る面白さはそこにも関わっているような気がします。リコーダー重奏だけでは、単調さを免れるのことはできないと思います。打楽器でもいい、何か異質な音の協和があると面白いだろうなあ、と言えば、馬鹿なド素人の、どこかの某知事の垂れ流しの言葉でしょうかしら。
……最近、妙に、音楽って何なのだろうと、考えても仕方がないとは思いつつ、考えてしまい、サイードと音楽評論などを読んでいます。
…………
ここで少し間を空けたのは、リコーダー演奏を味わっているからです。
Zu/Simolin
2013/05/20 18:16
◇Zu/Simolinさん

こんばんは。
URL勝手に貼りつけましたのに、ありがとうございました。
森は・・・確かに深いですね(笑)。まるで迷路のようです。
夫カットの方法としては、サイトのトップページにあります「カスタム検索」欄にキーワードを入力する方法があります。シューベルト、とか「冬の旅」など入力しますと、Pの演奏リストの中から該当するページが開きます。
幸か不幸か、「冬の旅」は最初の7曲のみでまだ完結していません<m(__)m>
一応URLを添付いたしますが、シューベルト煮関しましては玄人はだしのZu/Simolinさんに聴いていただくのは、何やら怖いような気がします(汗)。
「サイード音楽評論」みすす書房から出ていた本だったかと記憶していますが、未読ですが、音楽とは一体何なのか、音楽を創造するという体験はいったいどんな体験なのか、私も良く考えます。特に音楽が生まれる瞬間、それは既に完成した全体像として出現するものなのか、瞬間的なフレーズが、一瞬にして音楽家を前へと押し出すものなのか、考えれば考えるほど、人間にとっての「音楽」とその体験の不思議さを感じてしまいます。

>ここで少し間を空けたのは、リコーダー演奏を味わっているからです。

Zu/Simolinsanngaさんが、Pのリコーダー演奏をどのようにお聴きになられるか、不安がないと言えば嘘になります。願わくは、束の間であったとしても、楽しんで耳を傾けていただける演奏がありますように!
aosta
URL
2013/05/21 20:37
ネット・ショップ開店。おめでとうございます。多くの方々の癒しともなればと願っております。
当方、実は、ここ2年ほど険約を要する事情が発生。何とも、書きかねるなという心境でおりましたが、せめてお祝いの言葉だけでもとコメントを書かせていただいております。
軌道に乗りますようにと心から願っております。
ぶんな
2013/05/22 15:57
シューベルトの『冬の旅』第1部のURLをお教えいただき、ありがとうございます。
わけのわからぬコメントをお送りしただけに、まさか怨まれこそすれ、これもお聴きくださいとのお返事があり、恐縮しています。

『冬の旅』聴かせていただきました。嫌われること覚悟で書きます。先ず申し上げておきます。私は、シューベルトに詳しいわけでも造詣深いわけでも何でもありません。

@まずは表面的なところから。でも、面白いと思いました。『冬の旅』の7曲の再生回数、第1曲から微妙に減って、第5曲「菩提樹」で少し盛り返して……。やはり皆さん、菩提樹が好きなんですね。
Aリズムの揺らぎや歌唱のフラットはずれなどなどの傷など、細かいことは言いません。専門家でもない私が言うことではありませんので。
Bしかし、少しだけ気になったのは(『冬の旅』のことです)、何声部でしょう、4声部か多くても5声部でしょうか、よく聞き取れないのですが、いっそのことソプラニーノや低いバスーンなどを駆使したらどうかしら?と思いました。これが正直な感想です。
 第7曲の「流れの上で」は、結構、気に入りました。

 『冬の旅』第2部、最終曲、<辻音楽師>。これをなにとぞ、演奏していただけますか?しかもグレゴリア聖歌のように、と言えば、無理難題でしょうか。

『冬の旅』の伴奏をリコーダー重奏をされたことに、まず拍手いたします。ベルリオーズやリスト、あるいは現代作曲家による、シューベルトの歌曲の様々な編曲は耳にしますが、リコーダー重奏は他では聴いたことがありませんし。

Zu・Simolin
URL
2013/05/22 18:33
専門的なこと クラシックのこと なにもわからずのわたくしですが
演奏から 販売迄おふたりでなさるのはすごいことですね〜
aosta sanの 力強い支えがあって できたことと
思います〜
おめでとうございます〜


カタナンケ
2013/05/23 16:24
aostaさん、こんにちは。
ネットショップオープン、おめでとうございます!

Papalinさんの「バロック選集」の一枚は、私にとって大切な一枚と
なっています。この中に収められた音楽は「明るいだけではないバロック音楽」とPapalinさんが添えてくださった言葉通り、「翳り」や「陰影」の感じられる深い味わいのバロック音楽作品でした。
 じっくりと深く味わってこそ分かるような作品を、Papalinさんは心の襞に染み入るようなリコーダーで「語りかけて」くださるんです。
ひとり静かに過ごす時間や、落ち着いて考え事をしたいときなど、聴いているとほんとうに心が落ち着きます。

今度は、どんな作品のCDを迎い入れようかしら?とただいま迷っています(笑)
ルネサンス音楽?バッハのカンタータに関係する作品もいいな。イギリスの古い音楽も好きだし…そのときは、またお願いいたします。
 これからも、すばらしい音楽を届けてくださることでしょう。楽しみにしています!
ANNA
2013/05/24 12:43
◇ぶんなさん

こんばんは。コメントをありがとうございました。
今回ブログにネット・ショプ開店のご案内をさせていただきましたのは、文字通り開店のご案内であって、購入して下さいと言う広告ではありませんので、どうかお気使い無きようお願い致します。我が家でも、勤め人から一転、自営業となり、出るを制す毎日です!(^^)!

お祝いの言葉、嬉しいです。
初めてのネット・ショップということで、先行きどうなるのかは全く見えませんが、細々と出会っても長く続けて行かれればいいな、と願っています。
aosta
2013/05/24 21:52
◇Zu-Simolinさん

こんばんは。
丁寧なコメントをありがとうございました。
基本的に演奏は一気呵成に、というのがPのスタイルであるにも関わらず、シューベルトのこの歌曲集が、未完成のままということは、それだけ難しいと言う事の証明なのかもしれません。歌は難しい、とはPが常々言っていることでもありますが、リコーダーを演奏する時は、歌うような気持ちで、というのがPの持論です。音楽は、すべて「うた」である、という事を前提に考えるなら、器楽曲と言えども、心の中で「歌いながら」演奏するのが彼のスタイルでもあります。「うた」への思い余っての「冬の旅」と言う事になりましょうか。不十分なところは数和在ると思いますのに、丁寧に耳を傾けてくださいまして、本当にありがとうございました。
aosta
2013/05/24 22:56
◇カタナンケさん

お返事遅くなってしまいごめんなさい<(_ _)>

Pはクラシックが好き、と言うより、音楽が好きなんですね。唯一の弱点は演歌(笑)!
演歌以外の曲でしたら、懐かしい歌からジャジーな、曲、動揺からコマーシャルソングまで演奏してしまいます。ちなみにこんな曲も・・・と、ちゃっかりURL添付させていただきますね。

>演奏から 販売迄おふたりでなさる

なんとか軌道に乗ることを思いながら、せっせと励んでおります(^^ゞ
aosta
URL
2013/05/26 06:24
◇ANNAさん

おはようございます。

その節はありがとうございました。
あの頃はネット・ショップなどまだまだ先の話、と思っておりましたのに、流れというか、勢いというか、思いがけない展開になりました。ANNAさんはじめとする大勢の方たちの嬉しいお言葉の後押しがあったればこそ、開店までこぎつけられたと思っています。
本当にありがとうございました。

>今度は、どんな作品のCDを迎い入れようかしら?

ルネサンス音楽は、器楽曲、声楽曲、舞曲と取り揃えて(笑)ございます。個人的には舞曲集が気に入っています。バッハのカンタータ集は、私もCD化したいと思っているところでした♪
これからもどうぞよろしくお願い致します<m(__)m>
aosta
2013/05/26 06:35
ANNA sanが 気に入られた バロック選集、、
静かな曲ですよね、、
車でドライブしながら しずかに 流すのにてきしていますかしら、、
車のCDで 聞けますか
CD-ROM が どうたらこうたらとありますが 機械には弱いので
きけないなら だめなのですが 、、
カタナンケ
2013/05/26 11:23
◇カタナンケさん

再コメントをありがとうございました。

ドライヴのお伴にバロック選集はいいと思います。
バロックというと、一般的にはバッハやヴィバルディをイメージされる方が多いかと思いますが、日本ではあまり知られていない作曲家の作品にも素晴らしいものが数多くあります。カタナンケさんにも気持ち良く聴いて頂ける曲集だと思います。

カー・オーディオでの使用についてですが、問題はありません。
ただ20年以上前のカー・オーディオの場合は無理のようです(^^ゞ
aosta
2013/05/26 11:33
凄いですね〜!何もかもご自分で作られた上での完成作品はさぞ嬉しいでしょうね!まるで子供のよう? 大変なこともあるかと思いますが、楽しみが増えるということにもなるでしょうか? 大盛況となることをお祈りしていますね!
mint
2013/05/27 07:58
◇mintさん

いつもコメントを頂きありがとうございます。

>まるで子供のよう?

確かに演奏から始まってすべてがPの手仕事ですから、出来あがったものに対しては愛着があるようです。品物を送った後も、そのCDを楽しんで戴けたか、気になる様子で、つい先日お送りした方から、とても気に入って下さった旨のメールを頂いた時など、まさに子どもを褒められた親状態でした(笑)。

品物が品物なので、大盛況というのはちょっと難しそうです(^^ゞ
数は少なくとも、コンスタントに注文を頂ける、一度お買い上げくださった方がリピートして下さる・・・・いつもPとふたりで、そんなお店になったらいいなと話しています♪
aosta
2013/05/28 05:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CD販売ショップ”Studio Papalin" オープンいたしました!  消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる