霜月の庭







         霧が晴れたと思う間もなく、午後には束の間雪が舞った。

         翌朝、クロ-バーは硬度を増した光の中で薄氷をまとっていた。





画像






         ヒースの枝には、解けた雪が雫のかたちのまま凍りついている。




画像








         そして今日も・・・

         ひとしきり冷たい風が吹いて雪。

         いつの間にか雪は霰に変わり

         さらさらと乾いた音を立てて空から落ちてくる氷の結晶で、庭が白くなった。






画像







         手折ったのは一輪の薔薇。

         霜月の庭から、ダイニングの窓辺へ。

         まだ固い蕾は、そこで花を咲かせてくれるだろうか。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年11月18日 20:30
うわ~、樹氷ならず枝氷ですか、寒そうですね!!

それにしても、なんて麗しい色の薔薇でしょうか、
固い蕾もきっと花開くと思います。^^
2010年11月18日 20:58
こんばんは。ねこギターです。
先日より、いろいろありがとうございました。
この数日、何回もaostaさんのサイトを拝見させていただきました。
とても共感したり、いいなあ、凄いなあと思ったり…
どこにコメントしょうかと迷っているうちに数日が過ぎてしまいました。
懐かしい岩波文庫・赤帯、トッパン絵本。
朔太郎「猫町」と川上澄生。
堀口訳詩についてのミステリ、謎解きのような展開。
創作「海の水は世界の果てで・・・」
私も幻想的な話や絵画が好きです。
そして本日もそうですが、美しい写真と研ぎ澄まされた深い文章、その眼差しに溜息をついてしまいました。
aostaさんが、これからどんな長野の冬を表現されるのかすごく楽しみです。
yuri
2010年11月18日 22:44
ご無沙汰してます。
そちらはすっかり冬ですね。
家のバラも今年の猛暑でだいぶ弱り気味。コガネムシの被害もあり、ダメにしてしまった株もあります。(泣)
でも、秋のイングリッシュローズはやさしく春よりも長く咲いてくれてます。
これから、春に向けて誘引計画をしないと!

来年はバラの咲く季節にお邪魔したいと思ってます。
2010年11月18日 22:57
◇harukaetoさん
 こんばんは。コメントありがとうございました♪

>樹氷ならず枝氷ですか

雨が雪になって、それが解けた後明け方の寒さでまた凍りついたというところでしょうか。朝日が当たる時間、きらきらとガラス細工のように煌めいていましたが、陽が高くなるといつの間にか解けてしまいました。

>それにしても、なんて麗しい色の薔薇でしょうか、

知人が挿し木したものを譲ってもらい、かれこれ10年近くになる薔薇です。
オールド・ブラッシュという古い品種ですが、植え変えたり、引越しをしたりで、なかなか大きくなれないままでした。
多分、この場所が私にとっても、この薔薇にとっても、最後の場所。
大きく伸び伸びと枝を広げてほしいと思っています。
2010年11月18日 23:05
◇ねこギターさん

コメント、ありがとうございます♪♪
読んで頂けるだけでありがたいと思っておりましたのに、このようななコメントを頂いて本当に嬉しく、ありがたく思っています。
過去記事にも、丁寧に目を通して下さり本当にありがとうございます。
ねこギターさんの在庫目録(”リスト”ではなくあえて目録と言いたくなります・笑)を拝見していると、並んでいる書名を見ているだけでいろいろ想像が広がっていきます。「本を読む」だけでなく、書名からもこんなに世界が広がって行く幸せをねこギターさんなら判っていただけるように思います。
徒然の想いを気ままに記しているブログですが、またお立ち寄りくださいますようお願いいたします。今日は本当にありがとうございました。
2010年11月18日 23:15
◇yuriさん

こちらこそご無沙汰しておりました。
燃えるようだった夏が過ぎ、秋風が嬉しいと感じていたのも束の間、いつの間にか冬!! 特別に何があると言う訳でもないのですが9月10月とあわただしく過ぎて、もう11月も中旬!!気持が季節に追いついていきません(泣)。
先週、やっと薔薇の誘引を済ませました。薔薇の足元には去年植えたサフランが寒さに震えながら咲いています。今年の冬は寒さが厳しいとか。薔薇たちが無事に冬を越して花を付けているところを想像します。薔薇の隣にはyuriさん♪
薔薇の季節と言わず、いつでも遊びにおいで下さいね。懸案のアイリッシュ・バーにもご一緒いたしましょう。
bunbun
2010年11月19日 15:04
またまたカチンカチンの季節の到来。
クローバー、ヒースの写真に透明な心持ちになります。
薔薇、儚げな感じも。この時節に優しさを投げてくれているようです。
2010年11月19日 18:33
◇bunbunさん

こんばんは♪
コメントありがとうございます。
この季節、薔薇の花に鋏を入れるたび、これが最後の薔薇と思いながら切るのですが、薔薇の花は思いのほかしぶとい(笑)。カチンカチンに氷が張る気温だと言うのに、気がつくとひっそりと花を付けています。
いくら「しぶとい」と言っても、そのままでは凍ってしまいますので、家の中に飾って楽しんでいます。それにしてもこのオールドブラッシュは本当に健気。マイナス10度近い日が続いていますのに、一輪、また一輪と小ぶりな花を付けています。原種に近い分強健なのかもしれませんが、健気としか言いようがありません。

この記事へのトラックバック

  • ジャックフロストの季節

    Excerpt: 遠い氷の国からやってきた霜の精霊、ジャックフロスト。 Weblog: 消えがてのうた part 2 racked: 2013-10-28 07:41