朝の収穫





毎朝の散歩はボンボンと一緒。
ここ数日、雨が降ったり止んだりと、不順な秋のお天気でしたが、今日は気持よく晴れました。

お気に入りのお散歩コースはいくつかありますが、最近はご近所で熊の目撃情報があり、
「森の中には入るな。」というP氏のお達しもあって、もっぱら自宅近くの林をうろうろしています。

今朝も、基本的には舗装した道路だけを歩いて、おなじみの別荘の近くまで行ってきました。
オーナーがご高齢になり、夏でもめったに人の気配がない別荘なのですが、
管理を任された方がいつも綺麗に手入れをされているので荒れた感じはありません。
今日も別荘の庭で何やら仕事をされている様子。

「おはようございます。」と声をかけると「やあ、久しぶりだね。」と、挨拶が返ってきました。
「畑に植えたはいいんだが、誰も収穫しないから、どう?少し持っていかないかい?」



画像



籠の中にはシシトウがどっさり!
そしてルバーブも。


「シシトウは小麦粉を付けて揚げたら鉄火味噌風味で食べるとうまいよ。
ルバーブはこれが最後。ジャムにしても一回分だが、すぐ火が通るから、手間いらずだ。」


思いがけない頂きものに浮き浮きしながら、右手でボンボンのリードを握り、
左手にはシシトウとルバーブが入った袋をぶら下げて家に帰る途中で、
見つけてしまいました!



画像




キノコ!です。
正しくはヌメリイグチと言うようですが、信州ではジコボウと呼ばれています。
地元では一番人気のあるキノコかもしれません。
ジコボウにもいろいろあって、つやつやと栗色をした傘の裏側が鮮やかな黄色の場合は、ハナイグチ、
それほど黄色が強くなく白っぽい場合はシロイグチです。
私は見つけたのは、後者のシロイグチでした。
この季節、落葉松林の中で怪しい人影を発見したら、それはジコボウを採りに来た人に間違いありません。


最初におおきな株を発見したので、鼻をくんくんさせながら、辺りをうろうろすると、あそこにも!ここにも!!
こんなにたくさんのキノコが採れたのは初めてです。
それも自宅から300メートル程の林のはずれ。
ここなら熊も大丈夫(笑)。
採ったばかりのジコボウは何とも言えない良い香りがします。
秋の森の匂いです。



今夜はジコボウのお味噌汁♪




画像


これは先日、やはりボンボンと散歩に出かけたP氏が見つけてきたもの。
オオモノです(笑)。
即日、お味噌汁の実になりました。
これがあまりに美味しかったので、以来、散歩のたび眼を皿のようにしてキノコを探していたaostaでした。

一緒に写っているのはなぜかアスピリンローズ(笑)
秋の庭で雨に打たれていたものを手折ってきました。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こぶろん
2010年10月11日 20:08
ルバーブって初めて聞きました!
ジャムって・・・果物ですか??
きのこもつやつやしてて美味しそうですね…
変なきのこは混じっていないんですよね?笑
2010年10月11日 20:21
◇こぶろんくん、早い!!

速攻のコメント、ありがとうございました(笑)。
ルバーブってね、茎だけ見るとちょうどフキ見たいな感じです。
すごく大きくなるので、ひと株あれば厭と言うほどジャムが作れます。
前に一度作ったことがあるのですが、あまりに巨大化して始末に困ったので、それ以降家では作っていなかったのですが、こうしていただくと、また植えてみようかな、なんて気になるのが不思議です。もともとは野菜。漢方のダイオウの仲間だそうです。ほんのり赤くて甘酸っぱいジャムになるんですよ。

>変なきのこは混じっていないんですよね?

キノコ、お夕飯に頂きました。
今のところ大丈夫のようです(笑)。
yuri
2010年10月11日 20:30
朝から、幸せ気分・・・今日はきっと良い一日だったでしょうね。

ルバーブもあったんですね。
ジコボウ、食べたいですぅ!!
茄子とジコボウのお味噌汁が大好き。
きのこ狩りにとっても行きたいです。
羨ましいです~~。

クマには気をつけてくださいね。




2010年10月11日 21:08
◇yuriさん

こんばんは。
ご近所さんから、森から、頂き物は嬉しいですね。
ジコボウとくれば、やっぱりナスと一緒のお味噌汁がお約束。
滋味のある優しい味です。
ジコボウは天然ものしかありませんから、そちらではお店で買うと言う訳にも行きませんね。今年は猛暑でキノコが少ない、という話でしたが、ここに来て雨が続いたせいでしょうか、結構採れる様ですよ。

>きのこ狩りにとっても行きたいです。

yuriさん、もしかしてキノコ採りの名人だったりしませんか?
弟子入りさせてください!!

2010年10月12日 13:05
ルバーブ、いいですね~!こちらにはありませんので、軽井沢に行った時にスーパーで買って来てジャムを煮ます。今年も6月に買って来て作ったジャムもうなくなってしまいました。25日に行く予定ですがもうないかな・・・ そしてまたまた今度は「リコボウ」(軽井沢ではリコボウと呼んでいます)たくさん収穫できましたね~!それもご自宅の近くだなんて羨ましいです。クマは怖いけどこんなに美味しいリコボウが採れるなんてね~。25日、探してみなくっちゃ!自分が唯一分かるキノコは夏の「ちちぼ」(チチダケ)とこのリコボウだけなんです。
bunbun
2010年10月12日 15:38
前に書いたものに一考を要し、あれやこれやしておりましたが、少し疲れ、骨休めにいまやってまいりました。
ルバーブ、見たことも食べたこともありません。wikiだけではよくわかりませんでしたが、フキみたいなけっこう大きくなるものなのですね。或いは見た事があっても気にも留めなかったかもしれません。わたし、もしかヤマクラゲのことかなと思いました。
キノコは食用であれ毒茸であれ、とても面白いと思います。キノコを見るとメルヘンのような、お愛嬌のような、とにかく嬉しくなります。イグチはわたしが見分けられる数少ないキノコです。美味しいですよね。味噌汁でも、大根おろしとでも。わたしがたまに見るのは、どうやらハナイグチのようです。
自宅から300メートルでキノコが採れるなんて!
ボンボンを引くaostaさんが行く林の景色が浮かびます。素敵な光景です。
P氏発見のイグチ、たしかにデカイ!!
当方、専らナラタケ、巨大ナメコを食しています。
ほうきの形のキノコ、まったく見かけることがありません。森の奧に行かなければないものなのでしょうか。

アスピリンローズ、もしかすると、見ているだけで解熱、鎮痛作用があるかもしれません。こうして書かせていただいているうちに、深呼吸をしたように、だいぶ気分が爽やかになりました。

2010年10月12日 22:22
◇mintさん

コメントありがとうございます。
軽井沢のルバーブ、有名ですよね。最近は当地でも栽培されるようになりましたが、全国的に見れば知名度はまだまだ、の西洋野菜ですね。
ルバーブジャム、パイにしても美味しいですよ。

ジコボウ、リコボウ・・・
「ジコボウ」は宮崎駿さんのアニメ「もののけ姫」の怪しげなお坊さんの名前でしたね。宮崎さん、この近くに別荘をお持ちで、諏訪の地名や伝説が映画の中でたくさん使われていました♪
「ちちぼ」ちちだけ、全く知りませんでした。
夏のキノコなんですね~。
2010年10月12日 23:05
◇bunbunさん

こんばんは。
そちらでも「ジコボウ」が採れるのですね♪

なんと今朝は、昨日以上の収穫だったんですよ!
それもシロイグチではなく本命のハナイグチが、いくつも株になっているところを発見したんです。何度歩いても何も見つからず、見切りを付けた道を引き返す途中艶々と明るい栗色のモコモコ発見!!
ちょうど食べごろに成熟していて、そっと土の中から抜いてみたところ、傘の裏は金色をした緻密なスポンジ状。肉厚でずっし重い。あんなに見事なキノコは初めてでした。となると欲が出て、採っても採っても、キリがありません。
もっともっと、まだまだ、と、気がつけばずいぶん歩いて足はくたくた(笑)
今日もキノコ料理三昧の一日でした。
今回は普通に「和風」でしたが、バターが合うのではないか、と言う事でP氏と意見が一致、次回はイタリアンかフレンチもどきのお料理で挑戦してみる予定です。

アスピリン・ローズ、不思議な名前ですが、とても綺麗な白薔薇でおまけに寒さに強い四季咲きの優等生です。秋になると白にほんのりピンク色が差して一層の風情があります
かげっち
2010年10月14日 12:08
熊はもちろんですがルバーブ食べ過ぎにも気をつけて(笑)お腹大丈夫ですか?

乾燥させてお茶にすることもできますよね。何かとブレンドしないとおいしくないけど。

東日本のキノコがなつかしいです、キノコ汁食べたい!
2010年10月15日 06:04
◇かげっちさん

おはようございます。

>食べ過ぎにも気をつけて(笑)

そうでしたね、ルバーブはダイオウの仲間でした。
繊維質も多いようですから適度に頂けばお腹の調子もいいかもしれませんが、確かに美味しいからと食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまうかも・・・
お茶にする、と言うのは初めて聞きました。茎の部分ですよね?
カモマイルとかミント、それともレモングラスか何かとブレンドするのかしら?

>東日本のキノコがなつかしいです

旭川では「ジコボウ」のことを「ラクヨウ」と言っていました。
落葉松林にはえるから「ラクヨウ」なのですね!
このキノコには独特の香り、旨み、そしてヌメリがあってキノコ汁にはかかせません。ところ変わればキノコも変わるのでしょう。西日本のキノコ、気になります。

この記事へのトラックバック