閑話休題





突然ですが・・・

昨日我が家の庭に現れたお客様です。




画像


まず最初に一頭。





画像


やがて様子を伺っていたらしい二頭目もお出まし。

静かに、静かに・・・・

じっと息を潜めて見ていたのですが、気配を感じたのかしら?






画像



ひらりと身を翻すと、森の中に消えて行きました。




写真撮影はP氏(*^_^*)










      
関連ブログ  「秘密」 → http://folli-2.at.webry.info/201004/article_7.html








この記事へのコメント

tamayam2
2010年08月05日 15:34
よく撮れましたね。
霧が峰も鹿の被害に遭ってニッコウキスゲが
少ないとか聞きました。
食べ物が不足しているから、民家に近づくの
かしら。
HT
2010年08月05日 16:30
こんにちは。
素敵な写真撮れましたですね。それに綺麗に撮れています。
こんな自然のなかで暮らされている事、大切にしてゆきたいですね。
こんな出会いが…本当に素敵です。
2010年08月05日 22:37
いや~~、すごい、
まさに、自然の山とつながってるお庭なんですね。
すばらしいです。
2010年08月06日 06:08
◇tamayam2さん

おはようございます。
この季節、鹿はもっと上の方にいるとばかり思っていたのですが、やはり頭数が拡大しているせいなのかしら?
昨日は「クマに注意」のチラシが入っていました(;一_一)
犬の散歩に行く時も「舗装道路だけ歩くように」と夫からお達しがありました。
雑木林の中は涼しくて気持いいですが、そこでクマに遭遇してしまったら「涼しい」どころじゃなくなりますものね。
2010年08月06日 06:19
◇HTさん

コメントありがとうございます。
写真撮ったのは、例によってP氏です(*^_^*)
私はどうもこうした写真は苦手。二階にいたP氏が「庭!庭!」って囁きながらカメラを取りに忍び足で降りてきました。一緒にお二階に上がってみると、庭と林の堺あたりで大きな鹿が一頭、モシャモシャと草を食べていました。
立派な角に感動してしまいました。
2010年08月06日 06:25
◇takasiさん

コメントありがとうございます。
「自然の山とつながってるお庭なんですね。」って、ほとんど庭が「自然化」しています(泣)
梅雨に入る前まで毎日せっせと草取りをして花も植え、見違えるほど綺麗になったのですが、梅雨の間毎日毎日激しい雨が降り、庭には出られず、雑草ばかりが伸びて・・・・
梅雨が明けると、去年と同じジャングルと化していました(哀)
鹿の手前に見える白い花はヒメジヨオンの大群落です(汗)。
クマ注意報もでていますし、あまり森には入れません。
bunbun
2010年08月06日 10:41
aostaさん
こういう出会いのときって、恐れを忘れますよね。わたしもカモシカに出会ったとき、もう夢中でした。じきに消えてしまうだろうカモシカを現実に留めようとシャッターをきりまくり。
しかしこのようにはっきりと自分の方を見ている顔を捕えられるものではありません。これはかなり幸運な出会いのパターンだと思います。写真集などは正面の顔が当たり前ですが、実際には動物園ででもない場合は稀であると思っています。庭に飄然と現れて飄然と消える。存在の余韻も感じます。
素敵な写真を有難うございました。
2010年08月06日 21:25
◇ubnbunさん

HTさんのコメントにお返事しましたように、写真を撮りましたのはP氏です。
私は絶好のシャッターチャンスをみすみす見逃すタイプです(笑)。
私はファインダー越しに対峙するより、直接目と目を見合わせる方が好きかもしれません。
しばらく前にアップいたしました「秘密」のシチュエーションです。
これでは写真など撮る暇などないことがお分かり頂けるでしょうか?
忽然と庭に現れる存在をP氏はカメラで切りとり、私は言葉で切りとります。
時として私の浅薄な言葉は、存在そのものをストレートに表象する写真に負けています(笑)。
「真実」を切り取った写真には説明などいりません。
写真そのものが語るのですから・・・
今回も蛇足かな、と思いつつ言葉を足してみました(笑)。
bunbun
2010年08月06日 22:03
あららら、読みおとしが。失礼しました。撮ったのはP氏だったのですね。
「秘密」前にも一度読ませていただいていますが、奥深い詩ですね。aostaさんの奧のまたその奧にまで道が延々と続いているような感じさえします。
たしかにファインダーごしはせっかくの出会いを微妙に変えてしまうかもしれません。近所のけっこう私にも慣れてくれている犬にカメラを向けて吠えられたことがあります。カメラを向けた途端に無言のコミュニケーションが途絶えたのを感じたことがあります。
お返事有難うございました。
2010年08月07日 00:59
こんばんは♪
P氏の写真、ステキです!!
我が家にも4本脚のお客様来られます。
芙蓉の蕾を召し上がって行かれました(T_T)
なぜかしら?トマトやきゅうりは無事なのよ?
バラはお好きじゃないようですので安心しております。
2010年08月07日 05:24
◇bunbunさん

おはようございます。
>あららら、読みおとしが。

ブログ本文に書くべきでしたね。
早速訂正しました
P氏とカメラはカメラと一体、というか、被写体に自然に反応する人ですから、私とは違うものを見ているのかもしれません。
なればこそ、鹿も彼のレンズに無防備なのでしょう♪
2010年08月07日 05:30
◇書記さん

>芙蓉の蕾を召し上がって行かれました(T_T)

花のつぼみがお好きとは、これまた風流なお客様ですね。
我が家にやってきた「彼」はヒメジオンの草むらでしばし何かを静かに食んでおりましたが、あれもやはりヒメジオンを食べていたのかしらん??

先日の新聞に「クマ注意報」が挟み込まれていましたね。
去年のクマは我が家の近くでも目撃情報があったようです。
同じお客様でも、こちらはちょっと遠慮申し上げたいところです。
書記さんもお気を付け下さいね。
2010年08月09日 11:57
お庭に鹿、ばったり出会ったら怖いでしょうけど、遠目で見ている分にはかわいくていいですね~! でも鹿も芽を食べてしまったり、畑を荒らしてしまったりと、動物との共存は難しいですね。
2010年08月09日 22:41
◇mintさん

こんばんは!

>ばったり出会ったら怖いでしょうけど・・・

所用で夕方遅くになって帰ってくると、玄関先で鹿の一団がお食事の真っ最中、なんてこともあよくありますよ(笑)
こ数年来の保護政策が功を奏して、鹿の絶対数は確実に多くなっているとか・・・
それに比例して農家の被害も甚大です。毎年猟友会などに依頼して決まった頭数を駆除しているようですが、問題解決には至らないようです。
動物との共存、難しいことは確かですね。

この記事へのトラックバック