消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の足音 春の雑談

<<   作成日時 : 2016/04/10 14:04   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 10




今年は春が早い。

我が家でも、桜はさすがにまだ蕾だけれどプリムローズ(primerose)が咲き始めた。
primeroseとは、元々はラテン語で「一番早く咲くバラ」という意味らしい。
バラと聞くと、何枚もの花弁が重なった華やかな花をイメージする場合が多いかもしれないが、ヨーロッパの原種のなかには、一重の薔薇も少なくない。
なるほどヨーロッパでは、昔も今も、花の女王は薔薇であるらしい。
私たち日本人にとって春の花といえば、何といっても桜。自生する可憐な花に桜草という名を当てた。
全国ニュースで開花情報を伝え、桜だよりに一喜一憂することからしても、むべなるかな。

春一番に咲く花を、薔薇に見立てるか桜に見たてるか。
それぞれの花に寄せる思いや文化の違いを見るようで面白い。
薔薇も桜も同じバラ科の植物だが、桜草はサクラソウ科サクラソウ族というところも不思議である。



画像

我が家のプリムローズ プリムラ ブルガリス (別名イングリッシュ・プリムローズ 西洋桜草の原種 )
優しいクリームイエローの花がひっそりと春を告げる






画像


こちらは毎年庭のあちこちから顔を出すチオノドクサ。ギリシャ語で雪の輝きという意味だそうだ。
英名の glory of the snow (グローリー・オブ・ザ・スノー)も同じ意味になる。
昔々、初めてこの花を発見したギリシャ人は、この純白の花びらに雪の輝きを見たのかもしれない。




画像


チオノドクサの青花。球根が充実してくるにつれ、花も大きくなる。
澄みきった花色はオオイヌフグリと同じ春の青。






画像

辛夷の蕾も柔らかくほころび始めた。
夫はこの花をマグノリアと呼びたがるので、私も一応それに従っているのだが、本当は辛夷という名前で呼びたいところだ。
マグノリアも辛夷も同じモクレン族・モクレン科なのだから、目くじらを立てるほどのことではないが、マグノリアと呼べば、どこか華やいで明るい雰囲気がある。それに比べ、辛夷という和名は、どこか朴訥で地味な感じ。
蕾の形に由来するとも言われるその名前に趣を感じたい。





画像

花火のような山茱萸(サンシュユ)の花。これも不思議な名前、不思議な漢字。
花後に茱萸(グミ)の実によく似た赤い実をつけることからきた名前らしい。
ならば素直にヤマグミと読ませれば良いものを、わざわざサンシュユと読むことに何か意味があるのかしら。


Wikipediaによれば
温めた牛乳にサンシュユの枝を入れ、保温して一晩置くとヨーグルトができる。
ブルガリアにはヨーグルトの木と呼ばれる木があり、サンシュユはヨーグルトの木の親戚にあたるため、実際に同じようにヨーグルトを作ることができる。


とあったけど、本当だろうか?
乳酸菌や酵母の働きで牛乳がヨーグルトになるわけでしょ??
山茱萸の枝には、酵母と乳酸菌が含まれているのかしらん???
謎。本当かどうか試してみなくちゃ!




追記 

山茱萸の枝でヨーグルト?!について日本植物生理学会の「樹木の枝に住む乳酸菌について」という記事によれば、牛乳がヨーグルト状に固まることは確かだが、乳酸菌以外にも、同様の働きをする最近も存在するので、安全性が確認されない限り、食べない方が安全とのことのようです。
お騒がせいたしました。

日本植物生理学会 → https://jspp.org/
「樹木の枝に住む乳酸菌について」 → https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2235






画像


おまけの雉。
毎朝、うちの庭で鳴き交わす雄。少なくとも3羽はいるらしい。
ケーンケーンと鳴いた後でブルブルと羽ばたきの音が聞こえる。
ケーンケーン ブルブル、で1セット。これを3羽があっちこっちで何回も繰り返す。

家の中でブルブルしているのは私の足。
先日ヨガマットなるものを購入し、ストレッチに挑戦中。
こちらのブルブルは1セットだけでも、かなりきつい。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。こちらでは
もうすっかり季節は移ろいましたが、
コブシが花咲き、サンシュユの黄色い花が
目立ち始める早春の頃の
ワクワク感を思い出す事が出来ました。
yasuhiko
2016/04/10 14:38
◇yasuhikoさま

お越しくださいましてありがとうございます。
コメントも嬉しく拝見させていただきました。
信州の八ヶ岳山麓では、東京に比べるとひと月ほど季節の巡りが遅いようです。
辛夷も山茱萸もほころび始めたばかり、下草もほとんどがまだ枯草色ですが、彼草や落ち葉の下からたくさんの植物の芽が光を求めて背伸びしています。ほんとうに今子の時が1年のうちでも一番わくわくと心踊る季節です。
気ままな更新、テーマもいろいろですが、どうぞよろしくお願いいたします。
aosta
2016/04/10 15:10
チオノドクサって綺麗ですね。ギリシャ語の意味もロマンティックですね。色んな花の語源はうなずけるものが多いですね。
サンシュユとヨーグルトの話は驚きです。ヨーグルトの木、というものも知りませんでした。古人の知恵にまたまたびっくり。
八ヶ岳にも次々に春の花が咲き始めたのですね。aostaさん達のお庭のバラも楽しみですね!
keikoさん
2016/04/10 16:32
こんばんは。
其方でもお花が咲きだしましたですねぇ。今年は春が早いですよね。私の所は例年より9日早く松本城の桜が開花しました。今ちょうど満開の時を迎えていて、例の弘法山が綺麗になっています。今日は安曇野の桜を見てきましたが、まだ咲いていない所もありましたが、若干松本より遅いかなと云う所でした。
バラがもう咲いているのですか、種類にもよるのかもしれませんが私の家のバラはまだ咲いていません。職場の隣にもバラがありますがまだ咲いていないです。
外堀の桜は葉が出てきました。もうじき新緑の美しい季節になりますね。
HT
2016/04/10 20:18
◇keikoさん

コメントありがとうございました。
チオノドクダ、場合によってはキオノドクサとも言われるようですが、名前だけの感じですと、ちょっといかつい感じてしまいませんか?
実際の花を見ればこんなに可憐な花でですのに。
もう忘れてしまうほど昔に植えたわずかな球根が、増えて庭のいろいろなところで、星を撒いたように花を開いています。球根が増えたというより、結実した種がこぼれた結果なのかもしれないと思っています。

ヨーグルトの話、不思議ですよね?
狐につままれたような気がしないでもありませんが、これは絶対試してみなくては!(^^)!
aosta
2016/04/11 06:01
◇HTさん

コメントをありがとうございました。

>例年より9日早く松本城の桜が開花しました

先日の金曜日、松本で仕事を終えた主人が桜が素晴らしかった、と申しておりました(^^♪。弘法山はもとより薄川縁などの桜を堪能してきたようです。
さぞ見事なのでしょうね。私も一緒についていけばよかった。まさかこの時期に桜が満開とは思いもよらぬことでした。
外堀の桜はすでに葉が出てきたのですね。桜は花だけでなくその若葉のころも風情がありますね。こちらでは開き始めたばかりの柳葉が、柔らかく風になびいています。桜ももうすぐです。
aosta
2016/04/11 06:10
そちらも春の訪れですね〜!かわいい花に癒されますね。 え〜?サンシュユにヨーグルトを作る力があるんですか? 私はもう15年くらい?もっと?カスピ海ヨーグルトが流行った時からずっと家でヨーグルトを作ってます。 だから?花粉症に強い? たまに種を切らしてしまうと、また新たに種を買ってミルクで作ってます。 サンシュユね〜・・試してみる勇気がイマイチ。 aostaさん、試されたら是非お話を聞かせてくださいね!
mint
2016/04/12 21:56
◇mintさん

コメントありがとうございます。
山茱萸でヨーグルト、誰だってほんとかな?って思いますよね。
私も信じられなくて調べてみました。
そうしたら、結構ヒットするんです(';') 
乳酸菌は様々な自然環境の中で生息しているもので、植物の茎や枝に付着していても不思議はないようです。でもよく読んでみたところ、確かに山茱萸の枝でヨーグルト状のものができるようですが、乳酸菌以外にも、牛乳を固まらせる細菌もあるので、食べて安全かどうかの判断は素人には難しいとありました。日本植物生理学会の記事をリンクいたしましたので、ご興味があるようでしたらご確認ください。
お騒がせして申し訳ございません<m(__)m>
aosta
URL
2016/04/14 17:30
きのう 病院より退院、、
きょうは いちにち 庭仕事、、
よるが ステロイドの影響で 4時に目覚めて
困ったわ〜
まだ うさちゃんの まっかな こわい 左目なのだ、、

山辛夷で ヨーグルト、、
おもしろそう〜
どんなお味かしら、、
ただ 固まるだけかな、、
ためしてほしいけど、、   人体実験〜
ka
2016/04/18 15:06
◇katanankeさん

ブログにお邪魔してコメントをさせていただいたら、もうお返事を書いたような気になってしまい、こちらへの対応が遅くなってしまいました。すみません!

春をゆうっくり楽しむ時間もなく毎日暑い日が続きます。
庭では桜が咲き始めました。4月もこの時期に開花するなんて、今までになかったことです。それだけ気音が高いということなのでしょうが、なんだか落ち着きません。多少の違いはあって当然ですが、いかにせん早すぎます。

山茱萸でヨーグルト、興味はありますが、自己責任ということには、及び腰(;^ω^)

お薬の影響、少しは落ち付いてきましたか?
目の充血は取れたでしょうか?どうぞお大事になさってください。
aosta
2016/04/25 05:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春の足音 春の雑談 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる