消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩父一泊二日 / レストラン・エデン

<<   作成日時 : 2016/01/26 20:30   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6




ちちぶ銘仙館を後にしたのは、もう12時をかなり回ったころ。

朝7時過ぎに自宅を出たこともあって、お腹はぺこぺこです。
お昼御飯は、銘仙館の職員さん一押しのお店で頂くことにしました。
私たちが銘仙館を見学している間、終始丁寧に説明をして下さった年配の職員さんのお勧めです。
車はそのまま銘仙館の駐車場においていただいて、教えられたとおり住宅街の中を歩いて行くと・・・・
ありました、ありました。レストラン・エデン


画像






お店の前のガラス・ウィンドゥには子供時代の憧れだったメニューサンプル!
たたずまいは、レストランというより、昔の洋食屋さんと言ったほうがぴったりの雰囲気です。

昭和がそのままタイムスリップしたような店内は、お客様で一杯。
建物は古くても、手入れが行き届いて、こじんまりと居心地の良いお店です。
カウンターの中で、黙々とカツを揚げている年配の方が御主人でしょうか。
注文を取りに来た女性も決して若くはないけれど、きびきびと無駄な動きのない方でした。
かろうじて空いていたボックス席に腰をおろし、P氏がメニューを見ることわずか数秒!
迷わずトンカツを注文しました。
あらら?ダイエット中だったのでは?などと野暮なことは言いません。
だってこのお店、地元ではトンカツで有名なお店なんですって。
私は、しばし考えた末、海老フライとコロッケのミックス・フライ定食に決めました。

カロリーが高いという理由で、最近我が家の食卓には滅多に揚げ物が登場しません。
久しぶりに熱々のフライを美味しく頂きました。
ただ残念だったのは、ポテトコロッケではなく、クリームコロッケだったこと。
コロッケはやっぱりポテトじゃなくちゃ!と密かに信じている私ではありますが、確かめなかった自分が悪い。
もちろんクリームコロッケもさすがの美味しさ。
そうそうトンカツも一切れ、ちゃっかりP氏のお皿から頂戴しました。
でも私のお皿からは、分けてあ〜げない^m^
ダイエットには協力しなくちゃ!





画像


さてお腹も一杯になり、いよいよ秩父探検。午後の部の始まりはじまり。






画像


目指すは昔のままの佇まいが残るという古い街並み。
と、いくらもあるかないうちに通りの反対側にあるお肉屋さんが目に留まりました。
最近は私が住んでいる街でも、個人商店はめっきり少なくなったのですが、ビラが一杯貼られているこのお店、
昔ながらの日よけも、古びて変色したコンクリートも懐かしい!

歩いているとやっぱり手が冷たい。
お日さまが明るく照ってるからって、車の中に手袋を置いてきてしまったことが今更ながら、悔やまれます。
暖かいとはいえ、やはり1月の風です。
お肉屋さんは気になりますが、先を急ぐことにしました。




画像


改築中の市役所の角を曲がって、またしばらく行くと、こんな標識。
なかなかお洒落です。


さてどんな街並みが私たちを待っていてくれるのか、わくわくと心を逸らせる二人組でありました。




                                                            つづく




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
店頭のメニューサンプル、私の街にもつい先日まで私が子供だった頃のままの食堂にありましたが、少し前に取り壊されました。このお店懐かしい感じですね。でも下の写真は今でもありそうな感じも受けました。お肉屋さんにしても昔のままがそのまま残っているのは良いですよね。こういうお店意外と美味しいものですよね。
HT
2016/01/26 22:01
◇Htさん

こんばんは。

メニューのサンプルも個人商店の店先も、いつも自分が住んでいる場所だと、まちなみに融け込んでしまった、特別懐かしい光景とも思わずに見過ごしていることが多いように思います。それなのに同じような店を旅先で見かけると、懐かしくて思わず引きこまれてしまいます。
普段は見過ごしている小さな風景が「旅」をすることで特別なものになる、というか、旅人の視点で見ることによって、見慣れたものが別の表情で見えてくる、と言うことなのかもしれません。旅に出かけて非日常を経験することで、帰ってきたとき、日常の中に新しい発見ができる。いつもと違う視点で、毎日を見直すことができる。
もしかしたら、旅の魅力は、そんなところにあるのかもしれません。
aosta
2016/01/27 22:49
秩父は好きな街で、二十年以上前から良く訪れていました。
エデンは、秩父に行ったとき必ずまず入る店です。以前に入院した病院のスタッフが秩父の出身で、地元の高校生に人気があると話してくれました。
最初は、観光案内に出ているような店に行っていたのですが、エデンや入船(お蕎麦屋さん)など、とても好きな店を少しずつ見つけていきました。
anonymous
2016/01/29 00:04
◇anonymousさま

お越しくださいまして、ありがとうございます<m(__)m>

秩父のエデンをご存知でいらっしゃるのですね。
そんなに有名なお店だとは知りませんでした。もうお昼時を過ぎていましたのに、ボックス席には家族連れ、カウンターにはそれぞれお一人様が,ごく自然にお店になじんでいて、地元の方に愛されているお店なのだな、と実感しました。
とんかつはすごいボリュームで、きっと高校生は大喜びでしょうね。
実は、私が住んでいる茅野市にもレストラン・バー・エデンというお気に入りのお店があるのです。お店の名前を聞いて主人とふたり、思わず顔を見合わせ「エデンだって!行こう、行ってみなくちゃ!」という話になった次第
aosta
2016/01/29 07:10
来ましたね〜、、。レストラン・エデン。
もう、名前からしてイカしてる。また裏切らないメニュー。いいですね〜。
お肉屋さんもいい感じ。懐かしさ満点ですね。
keikoさん
2016/01/29 14:16
◇keikoさん

もしかして、Keikoさんもエデンをご存でいらしたのですか??
名前に時代を感じますね(^^♪
私たちがお店に入った直後に満席になりました。みな顔なじみの常連さんという感じでしたが、お店の人とお客さんが妙に馴れ馴れしくする様子もなく、落ち着いた雰囲気でお食事ができました。
お肉屋さん、お蕎麦屋さん。
街を歩いているとこの二つの看板を上げているお店がいくつもありました。
秩父はお肉やお蕎麦が美味しいようですね。勉強不足でした(;^ω
aosta
2016/01/31 08:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秩父一泊二日 / レストラン・エデン 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる