消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS スタジオ・パパリン 音楽会♪

<<   作成日時 : 2015/12/07 12:50   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8





11月29日、スタジオ・パパリンの音楽会(発表会)を行いました。

昨年までは、義姉が主催するピアノ教室の発表会の場を借りるかたちで行っていたのですが、おかげさまで少しづつではありますが生徒さんも増え、今年はスタジオ・パパリン単独でも発表会を開催できることとなりました。



画像




生徒さんの中には初めて楽器を手にされた方もいらっしゃれば、中断していたレッスンを再開された方もいらして、演奏経験はさまざまですが、どの生徒さんにも共通しているのは、音楽が好きで演奏を楽しみたいというお気持ちがあることです。
普段のレッスンでは顔を合わせることも少ない生徒さん同士、お互いの演奏を聴きあい、おしゃべりを楽しみたいというご希望で、あえて発表会ではなく、音楽会という形をとることになりました。
演奏が終わったらそのままお食事が楽しめるように、会場もお酒とお料理が美味しいと評判のレストラン&バー。
奥様の演奏を聴くのは初めてというご主人さまたちにも楽しんでいただける大人の雰囲気です。



画像




プログラムにはリコーダー、オカリナともにソロ演奏、アンサンブル演奏の曲目が並んでいます。
皆さんよくご存知の映画音楽から、ヘンデルやパーセルといったバロックの曲まで盛りだくさん。
美しいハーモニーを作り出すべく、生徒さんは皆一生懸命練習して音楽会に臨まれました。
鍵盤楽器とは違い、リコーダーもオカリナも自ら音を作ってゆく楽器です。
演奏の難しさも楽しさもそのあたりにあるのでしょうが、難しさをも楽しんでしまおうという姿勢は、
もしかしたら、今この年齢になられた皆さんだからこそ可能なのかもしれません。
どの生徒さんもみな、生き生きと楽しみながら演奏してくださいました。
とは言え、本番ともなれば緊張してしまうのは誰しも同じ。
練習ではできたことが、本番ではうまくいかなかった、というお声もなかったわけではありませんが、
皆さん確実に上達していらしていらっしゃる!
それはたぶんご本人より、聴いている方がわかることなのかもしれませんが、嬉しい喜びでした。



画像




主人にとって、何よりうれしかったのは、生徒さんの中に、私もあんな風に演奏したい、あの方が演奏していらした曲を私も演奏できるようになりたい、といった欲がでてきたことでしょう。
個人レッスン、アンサンブルレッスンだけではほかの生徒さんの演奏を聴くことはまずありません。
技術的にも、音楽的にも、もうこれでいいと思ったら、前に進むことはなくなってしまいますが、音楽会と言う場を得て、知ることのなかったほかの生徒さんたちの演奏を聴けたということが、とても良い刺激になったようです。
用意された美味しいお料理をいただきながら、生徒さん同士のおしゃべりも大いに盛り上がりました。
男性陣もそれぞれカウンターでお好みのお酒を楽しまれたようです(^^♪

スタジオ・パパリン初めての音楽会は、楽しいだけでなく、これからの練習に向けて更なる意欲がかきたてられたという意味でも有意義なものとなりました。生徒の皆様、ありがとうございました。

最後に、打ち合わせの段階から細やかな気配りをいただいたばかりか、音楽会当日も暖かく気持ちの良い雰囲気づくりに尽力していただいた、レストラン&バー エデンさんにも心から感謝したいと思います。
本当にありがとうございました。

そうそうオーナさんからは、「リコーダーにしてもオカリナにしてもこんなにたくさんの大きさのもの(種類)があるんですね。本当に心に染みる音色でした。」という嬉しいご感想をいただきました。
誰もが知っているようで、その実、リコーダーやオカリナの本当の魅力はなかなか知られていないのが現状ですが、こうした発表会を重ねることで、少しづつでもその魅力と可能性が伝わってゆくことを願っています。





        スタジオ・パパリン リコーダー・オカリナ教室、生徒募集中\(^o^)/                                         
         教室のご案内はこちらから → http://folli-2.at.webry.info/201503/article_4.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
生徒さんたちの音楽会でしたか。賑やかくされているようですし、生徒さんの年齢もバラバラなのですね。私の所も子供がピアノやっていた頃こんなことしていましたが、一人一人のレッスンで顔も知らない人ばかりでした。後で懇親会なんてありませんでしたから、今も誰だったのかわかっていません。皆で食事されたりして素敵ですね。
HT
2015/12/07 23:06
aostaさん、こんにちは。

音楽に真摯に向き合う生徒さんの、そして皆さんの和気藹々とした雰囲気が、写真からも伝わってくるようです。一番下の写真、皆さんの生き生きとした輝くような笑顔が素敵〜。
素晴らしい音楽会だったのでしょう!皆でアンサンブル、楽しそうです。ひとりで創る音楽もいいけど、他の人と共に創りあげる喜びってありますよね。
ANNA
2015/12/08 14:22
ブログの更新がしばらく おくれてるなあ〜とおもっていたら
お忙しかったのですね〜
生徒さんたちはもちろん パパリンさんも  aostaさんも
こどもをみまもる 親の心境だったことでしょう〜
盛況で 良かったですね〜 パチパチ〜 
katananke05
2015/12/08 19:50
◇HTさん

コメントをありがとうございました。

実質3回目の音楽会(発表会)、スタジオ・パパリン単独では初めての発表会でした。
姉のピアノ教室野発表会が35回を迎えたことに比べると、まだ歩き始めた赤ん坊のスタジオパパリン発表会ではありますが、おかげさまで大勢の生徒さんやご家族に参加頂き、和やかでにぎやかな会となりました。うちの生徒さん、最高齢のかたは80歳を超えているのです。「今が人生で一番楽しい時」とおっしゃるその生徒さんは、山の中の別荘地に一人で住んでいらっしゃいます。主人も私も、またほかの生徒さんたちも、彼女に励まされることばかりです(^^♪ 
aosta
2015/12/08 20:19
◇ANNAさん

こんばんは♪

>一番下の写真、皆さんの生き生きとした輝くような笑顔が素敵〜。

そうなんです。皆さん、とても良い笑顔をしていらっしゃいますよね。
まず自分が演奏(音楽)を楽しみ、その楽しみをみんなと分かち合いたいというお気持ちがそのまま表情に表れているような気がします。生徒さんの中には松本、山梨の方はもとより、遠く相模原から通ってきて下さる生徒さんもいらして、その熱意には頭が下がる思いです。リコーダーの生徒さんは個人レッスンのかたばかりで、アンサンブルはこの発表会のために急遽結成したグループなんですよ。その名も「マジック・フルート」「かえでアンサンブル」となかなか凝っています(^v^)
ソロでは味わうことのできないアンサンブルの魅力を堪能して下さったことと思います。
aosta
2015/12/08 20:26
◇katananke05さん

こんばんは♪

すみません、発表会の準備だけでなく、いろいろやらなければならないことばかりで、更新せねばと思っているうちに月が変わってしまいました\(◎o◎)/!

主人は最初から最後まで2時間近く、生徒さんと一緒に演奏をしていましたので、終わった時にはへろへろだったようです。乾杯のビールはさぞ美味しかったことでしょう。今回の会場は、本文にも書きましたが美味しいという評判にたがわず、美味しいお酒(カクテルが最高!)と美味しいお料理が次々とサーブされ、嬉しい悲鳴。普段顔を合わせることの少ない生徒さん同士もすぐに打ち解けておしゃべりも弾んだようです。
拍手をありがとうございましたヽ(^o^)丿
aosta
2015/12/08 20:34
音楽会、おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
お写真から楽しそうな会のご様子が伝わってきますね。

お姉様の発表会とご一緒の音楽会もきっと素敵な会でいらしたことと思いますが、今回は記念すべき第1回目でいらっしゃいますものね。本当におめでとうございます。

単独の会は大変ですが、ある意味、自由に会場や構成をねる事が出来ますし、これからもますます楽しみでいらっしゃいますね。

実は私、オカリナの音色も大好きなんです。むか〜し、小学生の頃「科学と学習」をとっていて、どちらかの付録でオカリナが届き、やさしい音色に魅了されて夢中で吹いていました。そんなに種類があるなんて知りませんでした。

音楽会だけで終わらない良さって色々あると思います。たとえ「失敗した〜!」という思いが生じても、帰る頃には「楽しかった〜!」に変わっていることと思いますし、毎年このような会で会える仲間がいるというのも、本当によいものだと思います。私も10年間勉強した響きを大切に奏でる奏法が、ちょうどこんな感じでしたので。それこそ年に一度しか会えないような仲間たちでした。志を同じくする仲間ってほんとうにいいものです。

Papalinさんとaostaさん、お姉様をはじめ、生徒の皆さまもみなご家族ぐるみで楽しい会が年輪を重ねていかれますようお祈り申し上げます。 



keikoさん
2015/12/10 09:57
◇keikoさん

コメントをいただきありがとうございました。
お返事を差し上げないまま、もう10日も経ってしまい本当にすみません。
今までは姉の発表会に乗っけてもらう形でやらせていただいた発表会ですが、今回、初めて自分たちで何から何まで準備してみて、姉の苦労がわかりました。こういったことに関して几帳面な主人に対し、どちらかといえばアバウトな私にとって、会場となったお店の担当者のかたや、生徒さんたちと打ち合わせを重ねたことは、とても良い経験になりました。主人と二人のコンサートより何倍も大変( ;∀;) 大勢の人をまとめ、皆さんに喜んでいただくことって、難しいですね。結果的に出演者の皆様だけでなく、聴きに来てくださった方たちにも喜んでいただけて、本当によかったと思います。

>小学生の頃「科学と学習」をとっていて・・・

懐かしい雑誌の名前!私も学研の「学習」「科学」が大好きでした。毎年どちらを取ろうかと真剣に悩んだものです(^^♪ そうそう!「科学」は付録が魅力でしたね。潜望鏡の組み立てキットとか、蝶や昆虫を孵化させるためのプラスティックのドームなど、いまでもはっきり覚えています。オカリナが付録だったこともあったとはしりませんでした。実は先日、私も初めてオカリナに挑戦してみたんですよ。優しく柔らかい音色にうっとりしながら、勝手に吹いていたところ、主人に「音があってない。」と指摘されしょんぼり。正しい音程で演奏する難しさを実感しました。大きさにもよりますが、手で包み込むようにして演奏するオカリナには、音を育てているような感覚を覚えます。

>生徒の皆さまもみなご家族ぐるみで楽しい会が年輪を重ねていかれますようお祈り申し上げます

ありがとうございます。来年はさらに良い会になるよう頑張りたいと思います。
aosta
2015/12/20 06:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スタジオ・パパリン 音楽会♪ 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる