消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 小春日和の薔薇

<<   作成日時 : 2015/11/12 15:32   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 12




お日様が出れば、ぽかぽかと暖かな小春日和。


小春日和、英語ではIndian summer(インディアン・サマー)と呼ばれます。
あら、調度今読み返していたエリザベス・コストヴァの小説「ヒストリアン」の中でジプシー・サマーと言う単語を見かけたような気がしたんだけれど・・・・
気のせいかしら?
移動性高気圧に覆われるなどして発生する、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天のことが、インディアンやジプシーに関係した名前で呼ばれているのはなぜでしょう。

さてそんな小春日和の庭から切り取ってきた薔薇。
暖かい日が続いているとは言え、毎朝真っ白に霜が降りる季節の、名残りの薔薇は、返り咲きのFJグルーテンドルストとバイランド。


ルゴサ(ハマナス)系のルゴサFJが寒さに強いのはまだしも、バイランドも頑張っています。
バイランドはドイツのフロリバンダ。作出はタンタウだそうです。
コルデスもそうだけど、ドイツの薔薇は耐寒性に優れていることを実感。
因みにコルデスの薔薇は、私のごひいきでもあります。





画像





さて、今日のお昼は久しぶりのパスタ。
冷凍のシーフードミックスを解凍して、舞茸と炒めました。
今日の午後は外出の予定もないのでガーリックはたっぷり。
お鍋の中では、ロングパスタが陽気に踊っています。
パスタが茹であがるのを待ちながら、頂いたばかりの新鮮なセロリとレタスでグリーンサラダを作りました。

でも何か足りない気がする・・・・
そう。パスタと言えばワイン。「あら、でも白が切れてるわ。」
「シーフードパスタには白、と行きたいところだけれど、赤でもいいんじゃない?」
ワインに関しては、いつも意見が一致する我が家、今日のランチは赤ワインでシーフード(^^♪

いえね、毎度昼間からワイン飲んでいるわけではありません。
今日はたまたま、ワインな気分。だってパスタは美味しくできたし、小春日和だし・・・・、ねっ?
いつもよりちょっと上等なウェッジウッドのお皿に盛りつければ、ほら。レストランの気分。
ならば、テーブルには花が欲しくなる。
そこで件の薔薇の登場となりました。

写真はすでにワインが入ってほろ酔い気分のP氏が撮りました。
手前のコロンとした感じがバイランド、奥の濃いピンク色のカーネーション咲きがFJ・グルーテンドルスト。
ピンク色のランチョンマットの上のピンクの薔薇。ピンク&ピンク。
因みにランチョンマットの図柄にあるティーカップはウェッジウッドならぬミントン(^^♪



庭もねぇ・・・・
冬支度はまだ終わりません。
このまま雪に埋もれることになるのかしら^^;







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
素敵なお昼ご飯をされているのですねぇ。休日で何処にも出かけないときは、以前は普段食べないような食事としていましたが、最近は紅葉があったり、リリー君を遊びに連れて行ったりと、そう云う時間が無くなってしいました。
もう11月にもなっていますのに、あまり寒くならないですよね。冬支度をしないといけないですね。
HT
2015/11/12 17:58
aostaさん、こんばんは。

とっても素敵なお写真〜!ひだまりのあたたかさまでも感じられますね。
本日仕事がお休みのワタクシも、一人ランチはパスタを作りました。
ベーコン、しめじ、ほうれん草のニンニク・バター醤油味です。
aostaさんが作られたという、シーフードと舞茸のパスタもとっても美味しそう!
今度作ってみよ〜っと(笑)私もワイン大好きです。
ANNA
2015/11/12 18:14
このピンクのはランチョンマットなのね、、
うちには 良く似ているけど トレーがあります、、
色はブルー系だからそれは 違う色だけど
中の絵柄が うちのは ポットやお皿やカップやで それも
陶器のものを えがいたようなもので、、
イギリス製のトレーですけどね〜
みたときは あれぇ〜 同じ会社の製品化かなと思ったくらい、、
katananke05
2015/11/12 20:43
◇HTさん

コメントありがとうございます(^^♪

>素敵なお昼ご飯をされているのですねぇ

少なくとも、パスタに骨はないので、安心です(笑)
最初はラーメンにするつもりだったのですが、シーフードミックスが残っていたことを思い出して急遽パスタに変更。舞茸とシメジ、両方使うつもりだったのですが、舞茸がとても大きな株でしたので、シメジは見合せました。
aosta
2015/11/12 21:34
◇katanankeさん

はい、ミントンのランチョンマットなんです(^^♪
ハドンホール初めミントンを代表するティーカップとソーサー、それからティーポットの絵が描かれています。マットの色はピンクのほかにグリーンのものもあります。グリーンはハドンホールのあのグリーンなの。もう15年以上前に買ったものですが、今でもお気に入りです。
マットの端っこにはミントンのタグ。イギリス製です(^^♪
もしかしたらkatanankeさんがお持ちのトレイもミントンかしら。
aosta
2015/11/12 23:33
◇ANNAさん

こんばんは♪
あら、ANNAさんのランチもパスタでしたか!
ベーコンとホウレン草、しめじときたらゴールデントリオですね!
冷凍のシーフードミックスって、今まであまり使わなかったのですが、先日アヒージョを作ったら、これが美味しくて。
以来嵌まりました。便利です(^^♪
シンプルなパスタとサラダだけの食卓も、ワインがあるとなんだか急に御馳走に見えてきます。ワインの魔法ですね(^^♪
aosta
2015/11/13 07:22
良いね!ランチが二人で出来るって余裕を感じるわ。家は二人でのランチはお外ばっかり、家で食べるランチは年に何度かしら?
お正月はお時間あるのでしょ?また集まりませんか?

そうそう、去年の12月ははあれよあれよという間に庭が雪に覆われてしまいましたね。
さえ
2015/11/13 14:08
うわぁ〜、なんてお洒落で優雅なランチなんでしょう〜。憧れますね〜!家にいてもたま〜〜〜にだけど1人ご飯でも凝りたくなることってありますよね。私も小さな花をベランダから摘んで来て、テーブルに飾ってお気に入りのCD(ハワイアン)をかけて、ちゃんと作った料理を食べて・・ 心が豊かになる気がします。小春日和に外で食べる事は無理だけど、そんな小さな事でもほっこりできる瞬間を持てるっていいですよね〜!。バラの花、ステキ!!
mint
2015/11/14 08:00
日常の中のほんのちょっとのことがとっても気持をゆったりと豊かにさせてくれますよね〜。パスタとサラダにお庭のバラを飾って、気分にそってワインを飲んで。器やランチョンマット、、、そんなちょっとのことで本当に豊かな気持ち!きっと小春日和がそうさせてくれたかな? 解放感ですよね〜。。。
keikoさん
2015/11/15 17:17
◇さえさん

御返事お待たせしてごめんなさい。
私のPC、調子が悪くて、現在、主人の仕事部屋でPCを借りて操業((笑)しています。
ところがこのPCもなかなか言うことを聞いてくれないので、だましだまし。そんな状況で、ついつい、PCを開くのがおっくうになってしまいました。

お正月のお誘い、ありがとうございます。
年末年始は子供たちが帰省するので、まだはっきりとした予定が組めません。
また改めてご連絡差し上げますね。もしばらくお待ちください。
aosta
2015/11/16 09:47
◇mintさん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
いえね、ただ冷蔵庫にあるもので間に合わせたその場しのぎのお昼ご飯なんですが、ワインと薔薇のおかげで、おしゃれな感じになりました。薔薇はさすがに、もう最後なので、良く見れば、葉っぱや花びらもあちこち痛んでいます。蕾も、そのままでは咲けないまま霜にやられてしまうかもしれない、ということで、切り取ってきました(^^♪
もしかしたら、小春日和の日差しがそうさせたのかもしれません。
aosta
2015/11/16 09:55
◇Keikoさん

おはようございます。
今日も良いお天気になり、11月も中旬とは思えない日差しです。

特別なお昼ご飯ではないのですが、器やランチョンマット、ワインがあるだけで、いつもの食卓が変わるのは嬉しいですね。
何日か続いていた雨も上がって、今朝も良いお天気です。
ストーブを焚かなくてもいいほど暖かいのはありがたいのですが、その分、雪が多いのではと心配です。寒さが厳しい冬は案外雪は少ないのですよ。子供のころの記憶では30センチも積もれば大雪でしたが、降ってもサラサラの軽い雪でした。ここ数年は1m近い雪も珍しくありません。おまけに湿度を含んだ重い雪です。
小春日和は、本格的な冬が来る前の贈り物なのかもしれません。
aosta
2015/11/16 10:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小春日和の薔薇 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる