消えがてのうた part 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 薔薇一輪 そして・・・

<<   作成日時 : 2015/06/04 18:29   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10





雨の音で目覚めた朝。
一輪の薔薇が咲いていた。



小さな一重のロサグラウカ(ロサ・ルブリフォリア)
花芯が白く抜ける薔薇の花は珍しくないけれど、この花の凛と張った花びらと、紫がかったスモーキーな葉色とのバランスは見るたびに絶妙な美しさだと思う。


ヨーロッパ中部、ピレネー山脈、アルプス山脈からアルバニアにかけて自生するという原種の薔薇。
香りがほとんどないことに加え、花期があまり長くないのは残念だけれど、花が終わった後も特異な葉色は、不思議な存在感で庭を彩り、秋にはほっそりした楕円形の実が目を楽しませてくれる。
このローズヒップの色も、いわゆる赤ではなく、シックな暗茶色。
花はもとより、葉もローズヒップも、ニュアンスのある微妙な色合いの薔薇だ。

画像

ロサ・グラウカ Rosa glauca (ロサ・ルブリフォリアRosa rubrifolia)







今年はいつになく大きな花を咲かせたゲラニウム・サンギネウム
後ろはサンギネウムに混じって咲いた紫のヴィオラ。
たまたまサンギネウムの株の中に落ちたヴィオラの種が、健気にも陽の光を求め、背伸びして背伸びして、やっと咲かせた花だと思えばいじらしい。
誰ですか?私の横で、お猿さんがいっぱい、なんて言ってる人は?!

画像

ゲラニウム・サンギネウム( Geranium sanguineum )とヴィオラ( viola.)






からからに乾ききっていた庭が、久しぶりに潤って、ふっくらと丸みを増してきたアルバ・マキシマの蕾たち。

画像

アルバマキシマ(Alba Maxima)







株分けの機会を逸したまま、とびっきりの大株に成長した黒フウロ。
並んで蕾をつけているのは紫センダイハギ。
植えた時は、センダイハギのほうが大株だったはずなのに、今では黒フウロの勢いに押され気味。
いまさら株分けもできないし、さて思案のしどころか・・・

画像

黒フウロ ゲラニウム・ファエウム(Geranium phaeum ) 紫先代萩(Baptisia australis Baptisia)フランス菊(oxeye daisy)







白い小鳥のようなヤマボウシの花が咲いて、空も磨き上げたように青くなった。

画像

ヤマボウシ(Benthamidia japonica Kousa Dogwood)






林の中で、しきりに郭公が鳴く。
負けじとばかり、ハルゼミも涼しげな声を合わせて鳴き始める。

季節はいつの間にか6月。
葉裏をそよがせる緑が眩しい。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いつかaostaさんが、アルバマキシマを讃えていらっしゃったので、随分と検索しましたが、また、そのとき確か通販で売り切れ、植木市にもありませんでした。それからは興味から遠のいていましたが、またこちらで再会です。
流石に、めずらしい花がたくさんですね。
めずらしい花はなぜか我が庭にはなじまないようで、消えたものが多いです。平凡な花が多いのですが、個々に観ればなかなかに美しく、近頃はそんな良さを見なおしています。珍しいものは、こちらで拝見することといたします。
ぶんな
2015/06/04 23:23
こんばんは。
綺麗なバラですねぇ。職場の隣のおばあさんの家に似たバラがありますが、なんだか中央が違っているようにも思えます。最近は施設に行ったり来たりで、時々娘さんが来て庭の手入れしていますが、色んなお花が咲いています。aostaさんのお庭のように自然に近い感じにはなっていないですが、バラも何種類か咲いています。他所様のお庭を見るたびに私の所も…とは思うのですが、庭を作っていくというのは大変なことですよね。
HT
2015/06/04 23:33
ロサ グラウカは ことし 我が家にもやってきましたが
花はあっというまに 散りますね〜
葉の青緑色と ローズヒップが見たくて買ったのですが
実は 暗褐色なの?
今その実がついてるけど 赤くは成らないの?
もちっと 赤いのがいいなあ〜
カタナンケ
2015/06/07 22:39
◇カタナンケさん

おはようございます。
山はここ数日肌寒い日が続いていますが、そちらはいかがですか?

>ロサ グラウカは ことし 我が家にもやってきましたが

まあ、素敵!
小さくて可憐な花は、一日花とまでは言いませんが、確かに咲いてすぐに散ってしまいますね。株が大きくなって蕾の数の増えることを期待いたしましょう(*^^)v

カタナンケさんのお庭でも、スモーキーな葉色は目立つでしょうね。私は赤い茎の色も好きです。花期は短いですがカラーリーフと考えて楽しむこともできます。
おたずねのローズヒップの色ですが、我が家のロサグラウカの実は茶色です。図鑑で見ると赤い実が紹介されているものもあるので、個体差が大きいのかもしれません。でも花は小さいのに、実は思いがけず大きくて、形も楕円形で面白いと思います。
私はこの色と形が気に入っていますが、カタナンケさんのお庭の薔薇には赤い実がつくといいですね!
aosta
2015/06/08 11:27
なんて素敵な表情なのでしょう。
ロサ・グラウカの涙に、すっかり惹きこまれてしまいました。
jinbei
2015/06/08 11:29
今赤い実も ブログにちょい だしてみましたが
こんな色のまんま、、ということかしら、、
見に来てチョ〜
katananke05
2015/06/08 18:20
◇jinbeiさん

ありがとうございます(*^^)v
ロサ・グラウカにぞっこんのわたしです(笑) 滑らかで紫を帯びた葉い色の葉、赤みがかった茎、中心に向かって淡いグラデーションになっている花びらの組み合わせほど完璧な美しさはほかの薔薇にはないように思います。
ほっそりとした花びらの形もいいですね。原種ゆえの気品を感じます。

このロサグラウカは何を憂いて涙していたのでしょうね。
aosta
2015/06/09 08:36
◇カタナンケさん

おはようございます♪
カタナンケさんのお庭の薔薇はもう色づいてきたんですか?
ロサグラウカは早咲きだから実をつけるのも早いとは思いますが、もう色づいてきているとは! これからお邪魔して拝見させていただきますね!
aosta
2015/06/09 08:38
とってもステキな色具合のバラですね〜。ホント見入ってしまうのが分かるほどのかわいさ。 こちらではもうバラの時期が過ぎようとしています。昨日関東も梅雨入りして早速今日は湿度98%なんて信じられない数値です。室内はエアコンで調整できるけど、こんな日は外に出たくない・・(>_<) だけど午後からフラのレッスン、来月のパーティ前最後のレッスン、フォーメーション、ローテーションなどのチェックをする大切なレッスン、楽しみだけど出るのがめんどい・・そんな日です。
mint
2015/06/09 10:14
◇mintさん

そう、可愛い薔薇なんですよ(*^^)v
そちらはもう薔薇の季節は終わりましたか。私の感覚では東京方面とはひと月か、もしかしたらそれ以上、節が遅いような気がします。自宅の庭は、早咲きのロサグラウカが散り始めましたが、アルバ・マキシマやシュノーコッペなどが咲きだしたところで、ほとんどの薔薇まだ蕾です。
薔薇が咲くと雨が降る・・・・
毎年の約束のように薔薇の季節と梅雨が重なり残念なことです。
咲いたばかりの花が雨に打たれて痛んでしまうのは何ともかわいそう。緩く咲く薔薇は花びらが散ってしまいますし、花弁の多いものは、そのままぐずぐずと変色し、茶色になってしまいます。

mintさん、フラの練習も佳境ですね!
憂鬱な雨も、踊っているうちに忘れるのではありませんか?
ハワイの空のイメージはいつも青空です(*^^)v
aosta
2015/06/10 06:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
薔薇一輪 そして・・・ 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる